2008/10/28

LGBTのこと  ドラマ

1. 全シーズン登場のメインキャラクター紹介 (TOKYO WRESTLING ARTICLES)

sanaちゃんから借りた「Lの世界(The L word)」を見た。
女子同士の濃ゆい恋愛ドラマ。原作者、脚本家はほとんどレズビアンで、かなり現実のビアンの世界に忠実らしい。先日など、出演者のキャサリン・メーリッヒ来日で、日本の女子ファンが大騒ぎだった・・・このくらいの前知識。ワタシがズッポリはまることはなさそうね・・・。

いや〜〜ん、面白いじゃん。
宝塚の男役のように男前なシェーンことキャサリン・メーリッヒより、むしろセクシャリティに揺れ動くジェニーことミア・カーシュナーに釘付け。でも彼女は多分、世界をかき回すウザキャラに違いないのだが。

もともとミア・カーシュナーの「ザ・クロウ〜シティ・オブ・エンジェル」「エキゾチカ」あたりからのファンなのだが、彼女はまるでワタシの作る理想の少女人形。華奢で、目が大きくて青く、髪はサラサラストレート。日本の男性が好きそうなタイプ。私生活ではバイセクシャル。で、彼女が初めて好きになるセクシーなマリーナとの恋愛はけっこうクル!

これは果たして「おっさんエロ目線」なのか?それとも、ワタシも隠れジェニーなのか?少なくともかわいい女の子にクラクラしまくるワタシ、マリーナのような女性に出会っていないだけかも?女って相手次第、なトコ十分にあるよねぇ。

自分をキャラに例えると、不美人で恋愛下手だけど根は良いアリスかな〜と思うけど。みんなこういうドラマは「自分はこのキャラだな」ってやるよね。ワタシ、「SATC」ならミランダだな、とか、「QAF」ならテッドだな、とか。

ところで主人公はジェニファー・ビールスだが、彼女の姉役で出ているパム・グリアは、多分製作者側からの要望に違いない。彼女はストレートだけど、ビアンから熱狂的な支持を得ている女優。さすがのキャスティング。でも、パム・グリアって菅井ファミリーのお母さんに似てないかい?(って、ごく一部の人しかわからないね)



先日、朝日新聞の土曜版beに、興味深いアンケート・データがあった。

「あなたは、(TVに出ている)オネエキャラを好きですか」(回答:朝日新聞アスパラクラブの3542人)

好き 29%
好きではない 71%

好き 女性の約50%、男性の10%

好きな理由
生き方がポジティブだから 498人
毒舌で鋭いから 148人
美意識が高いから 93人

好きでない理由
わざとらしいから 712人
生理的に受け付けない 616人
男性は男性らしくあるべき 322人

「好きでない理由」の第1位はまあ、彼女らはTVに出るときはタレントみたいなものだからワザトラシイのは確かだし、仕方がないにしても、2位と3位はどうよ。真っ向から存在を否定した、根本的な却下。2位と3位を足せば、ある意味1位。3位に至っては、21世紀の日本とは思えない意見。いや、まだまだ日本は保守的だ。アート、音楽、芸能、インテリア、美容、建築などの分野でゲイの占める率の多さをお知らせした上でもこの結果になるのかな。「あんたが一番好きなミュージシャン(俳優でも可)はゲイ」って知っても同じ考えかな?

当然この中にも5%ほどのLGTBが入っていると思うが、ほとんどがストレートで、まあ、世間を縮小した意見だと考えていいだろう。記事によれば、若い女性ほど抵抗がなく、年を経た男性ほど抵抗がある。またしても中年(以降)男性が意固地になっている・・・ダメである・・・彼らの世代が死んで世代交代したら、変わるのだろうか?それとも今は抵抗のない若い男性も、年を取ればそうなるのか。

で、オネエキャラでこの結果である。
むしろわかりやすいオネエキャラよりも、よっぽど数の多い普通のルックス・しぐさの女性/男性でゲイ、って隣人たちにも、彼らは同じように「生理的に受け付けない」って言うのだろうか。悲しい。ただの志向じゃないか。

たまたまゲイだっただけで、"性志向ではなく才能で"ゲイをリスペクトしまくるワタシは、頭がおかしいんですか??
0

2008/9/26

Little Britain USA  ドラマ

ニールからのメッセージ(公式HP25日付)

We were at Abbey Road studios today, recording strings and then brass on two songs for our new album. These are the string players.

僕たちは今日、アビーロード・スタジオにいたんだ。僕たちの新しいアルバムのために2曲にストリングをレコーディングして、次に、ブラスをレコーディングした。彼らは管弦楽団だ。

And here are the brass players. There are only two tracks on the album featuring an orchestra. Generally it's more electronic-sounding that the last album.

で、ブラス・プレーヤー達がここにいる。オーケストラをフィーチャーしたトラックはアルバムには2曲しかない。概して、この前のアルバムよりもっとエレクトロニックに聞こえるよ。


エレクトロニック・サウンド+オーケストラ・サウンドは、PSBの得意分野です。「Left to my own devices」を思い出すなぁ。ニュー・アルバムはもっとシンセっぽいのね。前アルバム「FUNDAMENTAL」も80年代回帰って言われたけど、もっと?それとも全編ディスコっぽいのを狙っているのかな?
いずれにしても楽しみ〜〜!



"Little Britain USA": The British are Coming, and They're Bringing the Gays With Them | AfterElton.com

UK極悪コメディ「リトル・ブリテン」がUSAに進出・・・って、これまでアメリカで放送してなかったのかな。おそらくワザワザアメリカ向けに作り直すんだろうなあ(言語が同じなのにアメリカのTVに合わせてのリメイクはよくある)。アメリカとイギリスで一番違うのはコメディ、笑いの質だと思う。皮肉とゲイネタが8割を占める「リトル・ブリテン」がアメリカで受けるかどうかは不明。イギリス人がニヤリと笑うところを、アメリカ人は本気になって怒りそうだなぁ。

ゲイネタもどれだけ一般人に受け入れられるか未知数。・・・なんかイギリスってだけでキャムプな気がしてきた。アメリカって性についてものすごく保守的でしょ。最近男性パートナーと離婚したらしいマットはもちろん、ゲイじゃないほうのデヴィッドだってハタからはゲイにしか見えない。それはほら、デヴィッドが好きで好きで仕方がないゲイのミュージシャン(注;ニール・テナントさん・54歳)としょっちゅうデートしているからだと思います。

↓予告編。ゲストはスティング、ロージー・オドネルなど豪華。



クリックすると元のサイズで表示します

レディ並みにニールをエスコートするデヴッド。
0

2008/9/5

お久、ベン教授  ドラマ

近頃、イギリス・ポンドの値下がりが激しい。
去年5月にイギリスに行った時1ポンド=250円で、何もかも物価高だったけど、今日現在1ポンド=187円くらい。

PSBオフィシャルサイトでグッズを買うなら今かも。
いや〜それよりロンドンに行きたいなあ(燃油代は高いけど)。

ショコラ

先週・・・だったっけ・・・WOWOWの「CSI:7 科学捜査班」(エピ#18)を見てたら、Robart Gantがちょい役で出ていた。見逃がさなかったよ。

って言ってもほとんどの人が誰かわかるまい。
彼はアメリカのゲイ・ドラマ「Queer as Folk」でベンを演じていた俳優。ドラマが終わってもう3年経つけど、まだ2008年度の”ゲイが選ぶいい男”の上位に入っているよ。

「Queer as Folk」は2人の違うタイプのゲイが主人公だ。
愛なんて信じない・ノンケと同じにはなりたくないブライアンと、常に受身で自然体のマイケル。彼らは14歳から親友同士、肉体関係はナシ。
毎晩違う相手と寝るブライアンと対照的に、マイケルは彼氏ができたら彼氏一筋。そのマイケルが生涯の伴侶に選んだのがベンという男。

ベンは大学教授、ハンサムでマッチョ、いつでもマイケルを優しい眼差しで見守り、年上なのにむやみに意見などしない。浮気はナッシン。もちろんセックスも申し分なし(ただしHIVポジティブだから安全にね)。BGMはPSB。

これって、オンナにとっても理想のオトコじゃん〜〜〜!

「セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)」に出てきたら、キャリーあたりが食いつくでしょう。
(もともと「Queer as Folk」はゲイ版SATCって言われていた。SATCで言うと、ブライアン⇒サマンサ、マイケル⇒シャーロット、テッド⇒ミランダ、エメット⇒キャリー・・・かな。)

もう一人の主人公ブライアンが、愛などくそッたれと言い、毎晩イケメンたちとラブ・アフェアを楽しむ姿は、“ゲイに生まれたからにはああなりたい”または“ブライアンに遊ばれたい”と、ゲイ男性の絶大なる支持を得た。一方、地味に愛を育み、“ベンと結婚した”マイケルは、ブライアンに「ノンケと同じことしやがって!」と罵倒される。

ただ、ワタシから見たら、どっちも両端の理想なのよね。ブライアンはファンタジーの理想。マイケルは現実の理想。生まれつきカッコいいブライアンのようになるのは無理。だからみんな・・・ゲイも女も、ベンのような“都合のいい”理想の男を求めているのよね。

最近の研究では、ゲイ男性とノンケ女性の脳にはほとんど差異がないんだそうです。
マヂでどっかにいないかな、都合のいい・・・じゃねぇ、理想の男。

(「Lの世界」がDVDになって「QAF」がいまだに日本で何の放送もDVD化もないのが悲すぃ。)
0

2008/3/9

ツイン・ピークス  ドラマ

PSBの公式HP、ニュースは2月24日から、PetTextは2月17日から更新されていない。うう、生殺し状態だわ。いっそのこと殺してくれ。

今日は一日中、ほとんどアルバム「ACTUALLY」レビューをやっていました。すでに全体の半分くらいアルバム・レビューをやって、煩雑だなあ、と思うのは、人物や事柄の注釈だったりする訳です。50歳前後のイギリス在住ミュージシャンと、ファー・イーストの田舎育ちの若干ヒッキーなワタシとでは、知っているものの範囲がハナから違う事に加え、特にニールの”物知り度”は半端じゃないので、それこそ血塗られたロシアの歴史からディープなクラシック音楽界、はたまた80年代前半のエイズ禍時代前のロンドン・クラブ・カルチャーやゲイ・スラングまで、ついて行くのだけで必死です。確実に周回遅れです。googleとWikiをフル稼働です。

「ACTUALLY」(1987年)はPSBの商業的絶頂期・黄金期ですが、うらはらにテーマは予想以上に重いです。1993年の「VERY」が最大限へヴィーですが、その次くらいに重い、特に時代背景が。この頃のイギリスは保守党支配で(ニールは熱心な労働党員だった)不況で失業率は最悪だし、エイズは侵食して来るし、アンチ・ゲイが急増してゲイの暗黒時代だし、そのくせ音楽界はうすっぺらい方向に行くし。

「ACTUALLY」の中にはアンジェロ・バダラメンティがアレンジを手がけた曲(ライザ・ミネリ版「Rent」と「It couldn’t happen here」)があります。バダラメンティと言えばデビッド・リンチ、そして、ワタシが初めてハマったアメリカTVドラマの「ツイン・ピークス」(1990年)!

もともとリンチは「ブルー・ベルベット」が好きで、「ツイン・ピークス」を見るために(レンタル店ではいつも貸し出し中でなかなか借りれなかったので)当時開局して間もないWOWOWにも入り、きっちりはまりました。リンチの世界って、決して気持ちいいものじゃなくて、むしろ悪夢的だからこそトラウマ的にハマる。ついでに言えば、田舎のコミニュティの恐さをわかっている地方出身者の方がより深くわかると思う。話の内容よりも、その世界観・・・丸太やチェリーパイやレコーダーなどのフェチとも言えるディテールの方がよく覚えている。思えばこのへんてこFBIで、事件を捜査したい欲望が生まれて警察に入ったんだわ。うう、もう一度見たい・・・そうやってハマった現30〜40代のために、DVDボックスも発売されましたね。WOWOWでまたやんないかな。

↓”甘い悪夢の始まり”を予感させるオープニングで、トラウマな気分を呼び起こして下さいませ。



そんなことを考えながら実家に立ち寄って、今日の新聞(朝日)を見たら、芸能欄になんと、「ツイン・ピークス」の記事&イラストがぁ!こわひ、リンチはこれだからコワヒ。まるで、いつでも潜在意識に潜んでいて、ふとした時に顔を出す、リンチはやっぱトラウマそのものなのかも。
1

2008/3/7

「ドクター・フー」が終わっちゃった  ドラマ

イギリスでカルト的人気を誇る長寿(しばらく中断していたけど)SFドラマ、「ドクター・フー」の最新シリーズ、NHK教育テレビで火曜7時から放送していたんですが、今週で終わりました。

なぜかイギリスではゲイに大人気のこのドラマを日本では子供向けの時間に教育TVでやるというのも何だか微笑ましいんですが。そいうやイギリス版「Queer as folk」の主人公ヴィンス(米版マイケル)は「ドクター・フー」ヲタクでした・・・原作のラッセル・T・デイヴィスの分身です。そのおかげかデイヴィスは「ドクター・フー」最新作を任されたんだから、世の中「好き好き」言ってりゃ何かいい事はあるんだと思います。

日本では放送が終わっちゃったけど、イギリスではまた最新作があるし、キャプテン・ジャック(ジョン・バロウマン)のスピン・オフ・ドラマもあるから(こっちはかなりゲイドラマっぽいらしいけど)。

そんな「ドクター・フー」とPSBはいくつかの共通点、あります。またWayne博士のネタですが。

1. ニールとクリスの両方が公然の「ドクター・フー」ファン。

クリスは「ずっと大ファン」、ニールは「特に初期」のファン。

2. "Radiophonic"(ラジオフォニック)

アルバム「NIGHTLIFE」収録「Radiophonic」は、1960年代から続くオリジナルの「ドクター・フー」テーマ音楽からインスパイアされている。

3. デヴィッド・テナント

現在の10代目ドクターを演じるのは、俳優のデヴィッド・テナント。もちろんPSBファンで、ニールから彼のテナント姓をいただきっ。ちなみにノンケです。

4. イアン・レヴィン

PSBがリスペクトするイギリスのハイエナジーの父、イアン・レヴィン(PSBの「It's a sin」と「Paninaro」をリミックスした)は「ドクター・フー」の大ファンで、関連プロジェクトの作曲を手がけている。ちなみに彼はクリスの高校の先輩(10歳くらい上だけど)。

5. Queen Angvia女王が「Shameless」。

2002年の「ドクター・フー」のオーディオ・ドラマはユーロヴィジョン・ソング・コンテストのパロディーで、登場人物のQueen AngviaはPSBの「Shameless」を引用している。

6. KLFコネクション

PSBの「So Hard」「It Must Be Obvious」のリミックスをした"The KLF" ("Kopyright Liberation Front") は「ドクター・フー」のテーマ曲をリミックス。

7. カイリ・ミノーグ

PSBとの付き合いも深いカイリーは、2007年クリスマスのエピソードに「ドクター・フー」に出演。さすがゲイの女神。

8. リトル・ブリテン・コネクション

リトル・ブリテンのナレーターは、一番有名な4代目ドクターのトム・ベイカーである。これはもちろんデビッドとマットが「ドクター・フー」ファンだから。そしてもちろんデビッドとマットはPSBとはお友達。

9. ダメージド・グッズ

ラッセル・T.デイヴィスが書いて1996年に発行された「Damaged Goods」というタイトルの「ドクター・フー」公式本は、PSBが英国音楽界に君臨していた1987イギリスに設定されていて、あきらかにPSBからの参照がいくつかある。例えば、「ニール・テナントを知らない!?お前、怪しい、どこから来た!」みたいな。

10. ドクター・フー・フォーラムのクリス・ロウ?

「ドクター・フー」のファンサイトの書き込みに、たまに"Chris Lowe" が現れるらしい。でも、多分本人じゃない。本名は使わないでしょ。多分PSBとドクター両方のファンのゲイよ。
実際、PSBとドクターどっちもファンって人は多い(デビッド・ウォリアムズがその筆頭)。だからYouTubeには「ドクター・フー」の映像+PSBの音楽ってのも多い。

ちなみにアメリカ版「Queer as folk」」では、ヴィンスはアメコミ・ヲタクになっていたけど、彼のすごおく大事なラブ・シーンでPSBの曲(「Break 4 love」)が使われました。

ちなみにワタシは「Party song」(2007)の最初が「ドクター・フー」のテーマ曲に似ていると思うんだけど。
0

2007/11/23

3連休の初日、家にいます  ドラマ

「バス男」って映画、あったよね。
ひどいタイトルのつけられ方だけど、原題は「ナポレオン・ダイナマイト」。主人公の名前だ。こんなすごい名前なのに、演じるジョン・ヘダーを見て驚いた。

ひ、卑怯だ。あり得ないワ、容姿で笑いに持って行こうなんて、痛いわあ。「アグリー・ベティ」のベティことアメリカ・フェレーラちゃんも、初めて見たときはどうしようって思ったけど、ヘダ男にはかなわない。こと美醜に関しては、あたくしも数々の痛い目に遭ってきたから、容姿で笑いを取れるのって、アハハと同時に鼻の奥がつ〜〜んと痛くなるほど、なにか共感できる痛いものがあるわけ・・・。
↓あ、これが「バス男」のヘダ男ね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

昔のニールに似ているって言ったバカがいたけど、髪型とメガネだけよ。こんなに出っ歯じゃないしぃ。昔のニールに似ているのは「アグリー・ベティ」のマイクこと、マイケル・ユーリよ!

クリックすると元のサイズで表示します

で、ヘダ男の新作映画が公開されるそうで、しかもワタシの大好きなベン・スティラー製作のコメディ。ワタシは笑いのツボがベン公なのよ〜。あんまり大きな声では言わないけど、ベン公のコメディは大抵見ていて、鑑賞後の脱力感でその日を終えるの。ほとんど“自分ってまとも”って思うためのリトマス試験紙。
新作映画のタイトルは「俺たちフィギュアスケーター(原題:Blades of glory)」。ああ、またあのベタワールドなのね・・・と、自分の悪趣味を恨んでみたりもするのだけど・・・。

 “喧嘩でフィギュア・スケート界をクビになった男(ウィル・フェレル)が再起をかけて、かつてのライバル(ヘダ男)とフィギュア・スケート男子ペアで帰ってきた!”って、設定だけでベンっぽくて脱力なんですけど。ウィル・フェレルといえば、ブサイクな犬みたいな顔のおっさんでしょ。それがヘダ男とペア・・・許せないほど醜そうだわ。どれどれ写真を見てみよう・・・ギャ〜〜!!
ヘダ男が・・・ヘダ男が・・・ブサイクでなくなっている〜〜〜!!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

マジで同一人物?フツー・・・いや、むしろイケメン。いくら俳優が容姿を変えるのがお仕事だからって、こんなのありですか?ブロンドはブリーチだろうけど・・・ふだんの黒髪バージョン(ウィル・フェレルはやっぱりブサイク)↓

クリックすると元のサイズで表示します

うう、なんだか騙された気分だわ・・・。
ベティことアメリカちゃんも、本当は美人とか?撮影が終わったらプロのインストラクターつけて、痩せて、普通の女優並みに美人になるのか?・・・うう、いやだ、そんなの。
恐いわあ、人って恐いわあ。ヘダ男の場合、「バス男」のためにブサイクに整形して、今は戻しただけかもしれない・・・ブサイク萌えして損した気分よ!
でも、1億円(ギャラ)くれるんなら、顔や体くらい変えてもどうってことないかもねえ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

アメリカちゃんのベティ中とベティ後。普通にかわいい。
結局、人は素材よりも髪型や着るものとかに左右されんのか?

予告編ありの公式HP↓

『俺たちフィギュアスケーター』Blades of Glory - Official Movie Site from DreamWorks Pictures
1

2007/11/19

Queer as folk  ドラマ

世界ウルルン滞在記

昨日世界「ウルルン滞在記」に出ていたゲーリー・ダンコさんという世界的シェフは、ニールに似ていてドキドキした(リンクページ写真一番下)・・・意外にいる、ニール似。出演者が、ゲイバーのマスター役の演技も記憶に新しい池内博之くんで、さらにドキドキ感はアップ。ああ、こういう事言うのは腐女子ですか、そうですか。

じゃあ、もっと腐女子な話題を。

ようやく、というか遅ればせながら「Queer as folk」を見始めた。ただしアメリカ版のDVDで字幕も吹き替えもなく、かなりビミョーな状態ではあるが。

クリックすると元のサイズで表示します

「Queer as folk」は、イギリス(チャンネル4)で放送されたゲイを主人公にしたドラマだが、アメリカでリメイクされたバージョンのほうが日本のスカパーで「モダン・ラブ」というセンスのないタイトルでシーズン1が放送された。現在アメリカではシーズン4くらいまであると思う。
本家のイギリス放送分はたった8話(+SP2話)しかないのに、アメリカでは20話X4シーズンと、ずいぶんふくらましたもんだ。PSBもネタにしたこのドラマ、いったいどうゆうものなのか(って、まだ数話しか見てないけど・・・くどいようだが字幕も吹き替えもなし、ワタシはヒアリングがチョー苦手)。

今夜もゲイ・クラブで遊びまくるゲイの仲良し4人組。一番のイケメン、ブライアン(29歳)はモテモテの遊び人で、道で出会った高校生の男子ジャスティンを・・・いつものように一夜の相手として・・・自分のアパートに引き入れることに成功。どう見ても初めてっぽいジャスティンは、手馴れたブライアンに圧倒されるが、すぐにベッドイン。2人が絡む真っ最中に電話がかかってきて、中断。

ブライアンは自分の子供の誕生を知り、ジャスティンを連れて友人のマイケルと病院に直行。彼の子供を生んだのは、レズビアンたちに囲まれたリンジー。多分彼女はブライアンに精子を提供してもらい、人工授精で赤ちゃんを産んだようだ。リンジーの恋人はメラニーという女性だ。ブライアンは複雑な気持ちながら血の繋がった我が子の誕生を祝う。病院から帰り、早速さっきの続き(・・・やるんだね)。ブライアンとジャスティンの濃厚なベッドシーン。次の朝、ブライアンは横にいる少年を見て言う。
「オマエ、誰だ。」

初体験をいただいてからその日に捨てる、というゲイの風上にも置けないサノバビッチぶりだが、今日ジャスティンは学校があると知ったブライアンは、マイケルを呼び出し、車で迎えに来させる(どうやらマイケルは運転手のようにブライアンに使われている)。ただ、その車には、近所の悪ガキが落書きした“FAGGOT”(ホモ)の文字がデカデカ。時間もなく、ジャスティンを学校に送り届けるため、FAGGOT号は登校中の生徒でごった返す学校の正面に乗りつける。ブライアンは、もうジャスティンとは2度と会わないと思っているのだが・・・。

性描写はかなりキワキワまで描いている。これがTVから流れていたら家族団らんは無理だろうなあ、とか、息子がこのドラマをDVDに落としていたらゲイかもしれんなあ、とか、家族的には波乱を呼びそうですが、腐女子的にはオッケーです(キャストはイギリス版よりハンサムだし)。

ちなみにPSBがネタにしたのは、エミネムをおちょくった「The night fell in love」で、一夜を共にした少年が学校に遅れそうになるというエピソードだ。ニール、TVはあまり見ないらしいけど、このドラマは初回からチェックしてたや〜〜ん。それともTVっ子のクリスがエア・チェックしてビデオをニールに渡したのかも(この2人はこういうコトはよくやるらしい)。

今後の展開。ジャスティンはブライアンが忘れられず、追いかけるようになる。マイケルは実はブライアンをずっと前から好きだったが、それが言えない・・・。これから長く続くから、一体どんな展開が待っているのやら・・・しばらくは楽しめそう(で、ヒアリングで苦労しそう・・・途中で逆ギレするかも)。
1

2007/9/5

あるよ!  ドラマ

田中要次ブログ 『BoBA BLoG』

ここんトコ毎日BoBA(田中要次)さん見ている様な気がする。

いま、ブログはほぼ毎日見ているけど(ちょっと強面なのに、ネコを激かわいがりしているところがポイント)、映画「HERO」がまもなく公開されるので、TVCMで「あるよ」ってBoBAさんが出て来る。
BoBAさんの役(セント・ジョージ・タヴァーンだっけ)のマスターは絶対ゲイだよね。無駄なマッチョ具合が。設定上どうだか知らないけどさっ。
でもBoBAさんの頭の形とパーツがホント好きなので。

ところで、数年前放送していた「HERO」のテレビドラマは、毎回事件や謎がスッキリしすぎてなんだかワタシ好みじゃなかったです。こういうのウェルメイドっていうの?「ショムニ」とかもそんな感じ?全て丸く収まる夢の世界。三谷幸喜っぽいというか。いや、三谷幸喜は別に嫌いじゃないぞ。まあ、いいや、どうでも。



「BILINGUAL」の次はどこに手をつけようかと1日悩む。気持ちは「BEHAVIOUR」なのだけど、すでにニール&クリスの各曲コメントを去年訳してある「FUNDAMENTAL」の方が早いかも。そう思ってページを作っていたら、それだけでホントまた1日かかる。ウギ〜!でもなんだかんだ言ってもMなんで、結局やりますよ。
一体、いつ収入に結びつく仕事しているんだ、ワタシは。


クリックすると元のサイズで表示します

エロいな〜。表紙だけ見たらハードゲイ雑誌や〜ん。ねえ、そこのオニイサンってば。
エロい写真でも見て、やる気ホルモンをバンバン出さな。枯れ気味。

毎日ニール&クリスの顔を見たい〜。公式HP(特にMessage)更新してえ。
0

2007/8/1

ジョン・バロウマン  ドラマ

ジョン・バロウマン - Wikipedia

先日ご紹介したAfterElton.comの「ゲイが選ぶイケてる男100人」は、ほとんどがノンケ女子が選ぶそれと同じで、基本的に“目を奪われるようなイイ男”なんですが、唯一の違いと言えば、若干数、オープンリー・ゲイの数が多いこと。・・・でもサイトの名前の由来にもなった”世界一認知度の高いゲイ”サー・エルトン姐さんは入っていないのね。まあ、仕方ないけど。

で、オープンリー・ゲイの中でも上位(10位)で、先日発表されたイギリスにおけるピンクリスト(影響力のある英国のゲイ・パワー・リスト)でも17位だったジョン・バロウマンについて。

彼はイギリスの国民的SFドラマ「ドクター・フー」(こちらもプロデューサーがピンク・リスト堂々1位のRussell T Daviesで、「ドクター・フー」といえば英国のゲイにも大人気である・・・チープなSFが伝説のオネエ映画「ヴェガス・イン・スペース」みたい。ヒロインも何気にブスだし。なんでクリスが「ドクター・フー」ファンなのかわかったような気もする・・・気がするだけ)の人気キャラ、キャプテン・ジャックを演じたイケメン俳優。人気がありすぎて、キャプテン・ジャックが主役のスピンオフ・ドラマ「Torchwood」まで作られた。

クリックすると元のサイズで表示します

ジョン・バロウマンは現在40歳で、建築家のパートナーとすでにシビル・パートナーシップであるという。wikipediaによれば、けっこうキワドイ発言もなさる方のようだ。ハンサムだからといってそれに甘えてダラダラ俳優をやっても、イケメン・バカは年をとるとつらい。幸いバロウマンはハンサムなルックスに加えて多くの人をひき付けるクレバーな中身も持った人らしい。元々アメリカ系ではあるが、イギリスのドラマでアメリカにまで人気があるというのは凄い。

「ドクター・フー」は先日までBS-NHKで放送されていたが、まもなくNHK教育でも放送される(8月21日(火)午後7時00分〜)ので、気になった方はチェックしてください。10代目ドクター(デビット・テナント)もストレートだけど、苗字借りるほどニールファンだし。総合ではなく教育ってトコがいいね。ゲイのプロデュース&ゲイの俳優による”ヒソカなサイン”が良い子達に“教育的に”届くことを願ってしまいます。

ドクター・フーとPSBは相性がいいみたい。こんな映像も↓。



余談ですが、AfterElton.comの姉妹サイト(レズビアン&バイ女子向け)、AfterEllen.comでは、「ビアンが選ぶいい女100人」がありますので、こちらも大いに楽しんでください。あからさまな裸はないので、会社でもこっそり見られると思います。意外っていえば意外な人選もあり。180cmあってバリキレイでかっこいいバイのクリスタナ・ローケンに1票。顔立ちが大好きなミア・カーシュナー(最近だと「ブラックダリア」「24」)もランク・インしててうれしい。

http://www.afterellen.com/people/2007/6/hotlist
2

2007/7/1

お忘れなく  ドラマ

本日13:00より、WOWOW無料放送のドラマ「コールドケース3#1」で1988年の音楽・PSBがフィーチャーされます。
BSが見られるTVなら視聴可能なので、見てくださいね〜。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「Always on my mind」1曲でしたね。もっとやるかと思った。

番組後の「Pick up songs」では、ミュージシャン&楽曲紹介。

「英国的シニシズムを乾いたポップスに乗せ、20年以上もチャートに君臨する奇跡のデュオ。この曲はかつてプレスリーが歌い、ウィリー・ネルソンがカントリー調にカヴァーした名曲を、きらびやかなアレンジで再生した、彼らの真骨頂。」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ