2019/12/1

猫の帯留め  ドール/仕事

クリックすると元のサイズで表示します

猫の小物は作っていてホント楽しいです。

これは3.5pくらいなので、使う布も5p角くらいあればいいんです。だから小さいはぎれでも捨てられません。

古い着物(主に絹の縮緬)をほどいて人形の着物を仕立て、その余りは大きめの細工物から、小さめの細工物に使い倒して、さいごに行きつくのがここかもしれません。

いい着物の生地は小さくなっても力強いというか、5p角になっても存在感があります。

古いものは江戸末期から明治時代、100年とか150年とか経っても、色あせないし、ボロボロにならないものも多いです。

染料も100年前のものは今と違うので、同じ色はもういまは出せないんですよね。貴重です。捨てるなんてできないです。

ここ1か月ほど、30年前に仕立てたもののサイズや仕様ががまちまちで自分の人形のサイズには合わないため弾かれた着物が箪笥からたくさん出てきましたので、オークションで安く出していましたが、その着物にセットにするために猫の帯留めが必要になって作っています。

(だいぶ終了したものもありますが、着物以外もあります。興味ある方はご覧になってください。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/rosiangri?ngram=1&u=rosiangri )

あと、スマホですが、i-Phone11を購入しました。せっかく12月1日の世界エイズデーなので、カラーは(PRODUCT)RED(TM)←ボノのエイズチャリティー団体とのコラボにしました。
3

2019/10/28

アンティーク  ドール/仕事

アトリエや実家の自分のコレクションを整理始めてはや1年。

そろそろ、しまっておくだけではなく、処分の方向に来ました。

(少し悲しいけど致し方ないです)

30年ほどかけて集めているアンティークのドレスやレース、着物や古裂をヤフオクに出品しています。どれも気に入って購入した素敵なものばかりです。コレクションを手放すのはさみしいけど、しまっておくより誰かに使ってほしいです。良かったらご覧くださいませ。

現在はアンティークのベビードレス(洗礼用ドレス)を出品しています。全てヨーロッパで購入したものです。ほとんどが19〜20世紀初頭のビクトリアンまたはエドワディアンのハンドメイドです。

もちろん人形などにリメイクしてもいいのですが、実際に赤ちゃんに着せられますので、日本のお宮参りで着物を着せるように、ドレスを着て写真撮るのもいいものです。男女兼用です。

英国王室の王子さま達も着ていらっしゃいましたね。なかなか日本ではアンティークも新品も流通してないものなので、赤ちゃん誕生のお祝い品にも適していると思います。私も、誕生祝に何度か使ってきました。

今後も着物や他のコレクションも出品していく予定です。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/rosiangri

クリックすると元のサイズで表示します
4

2019/10/17

お手伝い  ドール/仕事

ここ数日、アンティークドレス(ベビーの洗礼用ドレス)の整理で毎日洗濯機とアイロンと格闘中。

クリックすると元のサイズで表示します

お手伝いさんが来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/8/31

夏が終わる  ドール/仕事

クリックすると元のサイズで表示します
6

2019/8/8

夏休みの宿題  ドール/仕事

クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/7/23

新入り  ドール/仕事

クリックすると元のサイズで表示します

江戸ちりめんの布を貼りました。
5

2019/7/21

長襦袢の腰紐  ドール/仕事

古い長襦袢をほどいているとたまに、腰紐が長襦袢の身頃に縫い付けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで綺麗に飾り縫いでつけられているのですが、この縫い方の名称をご存知の方いらっしゃったら教えてください。

やり方も知りたい!

追記:

着物に詳しい生徒さんに縫い方を教えていただきました!ありがとうございます。図柄の名前は特にないようで、”飾り縫い”の一種のようです。
1

2019/6/29

きもの  ドール/仕事

目の覚めるような、鮮やかなターコイズブルーのきもの、縫い終わり。

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば以前、全く話したこともない知らない人に、「いそべは着物が縫えない」と吹聴されたことがあったなー。何がしたいんだろうって思いました。思い込み?
5

2019/6/22

日本刺繍  ドール/仕事

人形の着物の半襟に刺繍しています。

クリックすると元のサイズで表示します

人間用の半襟を切って使うこともありますが、やはりちょっと柄が大きいので、柄を小さくして刺繍することもあります。

日本刺繍は西洋の刺繍とちょっと違って、自分で釜糸を捩って糸にするところから始めるので、結構な手間がかかります。絹糸なので高価ですがとても色が綺麗!

少しずつ形になるのは楽しいもの。生活のリハビリっぽいです。
5

2019/6/16

仕事  ドール/仕事

最近は着物を縫ったり、人形も胡粉塗りではなくちりめん貼りしたりと、古布ばかりとたわむれています。

クリックすると元のサイズで表示します

石塑粘土で作ったものにちりめん(古布きもの、お嫁さんの白い留袖)を貼っていきます

クリックすると元のサイズで表示します

しわが出ないように(しぼの大きいもののほうがしわにならずに貼りやすい)

クリックすると元のサイズで表示します

化粧もして。

布楽しいです。布フェチかな。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ