2019/6/19

御前崎なぶら市場  日常

先週の美味しいもの。

静岡県の南の先端、御前崎のなぶら市場という観光施設に行ってきました。今食べるならカツオです!

クリックすると元のサイズで表示します

目の前で藁焼きしているカツオのたたき!

同じくカツオの水揚げが多い焼津出身、しかも祖父が魚屋なので、私はカツオにはちょっとうるさくて、鮮度が悪いものはちょっと食べられません。もちろんここのは超新鮮!しかも安い(この定食は980円)、食堂の隣の魚屋さんでは、パンパンのカツオが1匹1300円くらいで売っています。

デザートはシラスのアイス。

クリックすると元のサイズで表示します

黒いぽつっとしているのが釜揚げシラスです。ちょっと塩気があって美味しいです。

御前崎はちょっと寂れたリゾート地っぽいんですが、海がめちゃくちゃ綺麗で、なかなかの穴場です。

映画「メゾン・ド・ヒミコ」のロケ地になったあのお屋敷がこの近くにあります。以前はカフェだったけど、今は個人宅のようで、中には入れなくて残念。
3

2019/6/9

タブレット壊れた  日常

1月に買ったばかりのミニタブレットが壊れました。早っ

元々使っていたミニタブレットが7年経ってバッテリーが劣化し(バッテリー交換は自分でできないタイプ)たびたびフラックアウトしたり、アプリのほとんどが更新できなくなってきたので、1月に買い替えたものです。

WiFi環境下でしか使わないので、キャリア契約をしないタイプで、公式で販売する整備再生品が安かったので買ったら、これが…酷い…。

(メーカーは書きませんが、一応日本企業をうたっていて、1万円程度のミニタブレットやポータブルDVDを販売している会社です)

ウェブサイトで配達日時を指定して注文、が、配達日時に来ない…。翌日に本社に電話したら、「まだ出荷していない」。何か理由があったのかと思ったら、ただ忘れていただけらしい。それならメールでも電話でも連絡すればいいのに、こちらから連絡するまでバックレているというのが何かヤダ。しかも電話口で喋っていたのは、中国人の社長らしい。人手不足?

その日のうちに発送にはなったけど、翌日、郵便のレターパックにそのまんま入っててポストに投函されてた。送料無料だけどこれはどうなんだ。精密機械じゃないのか?

それでも製品そのものが良ければいいのだけど、最初から重いし、充電は遅いし、充電ケーブルがとても差しにくい。アプリを入れても重くなるのでしょっちゅうアンインストールしないとならない。毎日一度ブラックアウト&再起動。再起動のたびに設定がリセットされて、毎回SDカードの再設定が必要。

なにこれ。これが整備再生品ってやつ??

そしてついに充電できなくなり、5か月目で爆死。

公式サイトの故障や修理の項目を読んでメールで連絡。返信は「ここを読んで」とURLアドレスのみの返事。

修理依頼書を書いて、返送。「着払いは受取拒否となりますのでご注意ください」って。

その後、製品より高い見積もり代金の添付メールが送られてきた。

保証期間はたった6か月ついてたけど、保証外の部分に不具合があると。うーん。もういらない。

(また修理して整備再生品になるんだろうな?)

その後、NECのLAVIEのミニタブレットを、NECの公式で購入(PCもLAVIEなので…)。最初からそうすればよかった。

ザ・安物買いのゼニ失い!!

(ちなみにいま困っているのは、壊れたタブレットで使っていたLINE PAY。タブレットに電話番号がないので電話認証の引継ぎができず。LINEの履歴とかはどっちでもいいので、残高を返してほしい…と現在問い合わせ中。)


5

2019/6/4

Lookismについて  日常

Lookism(ルッキズム)とは簡単に言えば、容姿差別のこと。

特に男性が、女性を容姿で差別/区別する事で、嫌な事ですがまあ、現実にはよくあります。男も女も基本的にはみんな若くて綺麗な人に甘いのは致し方ない。思うだけなら自由、でも口に出したらそれはただのヤバい人。

私もまあ数十年の間、ブスだのババアだの言われ続けていますが、脳が未発達な子供ならいざ知らず、前頭葉が破損しているのか判断力のない大人からも未だに言われるわけで。この前なんて、通り過ぎたのにわざわざ戻ってきて肩を叩かれて面と向かって「デカいねぇ」と言われましたよ。

デカいのは私の中の遺伝子の問題なのでもうどうしようもないというか、容姿端麗でメシ食っているわけではないので、ルッキズムに遭ってもどうでもいいんですけど、どうしてもブスやババアから目くらましをしたい時、それが私にとっては着物なんですよ。

着物を着ていれば、属性が変わると思います。きっとニールとクリスも、私をおばさんと言うより着物の人だと思ってくれたでしょう。

ライブには戦闘服であり目くらましであり鎧であり自分そのものである着物で挑みます。完全に真剣勝負しています。死んでもいいつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します

まあ、それでも着物姿でライブ参戦を批判されたこともありますけど、勝負するつもりなら仕方ないです。ここまで好きならもう仕方ないって思ってください。

でも海外は着物で食事や観劇、すっごく良いですよ。バルセロナではロエヴェの店長にVIPルームで記念写真撮ってもらいましたよ!絶対おすすめ。
24

2019/6/2

6月の週末  日常

気温よりも湿気がダメなので、梅雨はほとんど動きが止まっている私です(風邪もひくし)。プレ梅雨なのにすでに梅雨っぽい週末でした。あー何も出来ない。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいもの補給…曳馬駅すぐの和食「みずの」の日替わりランチ。サゴシの唐揚げ、鶏照り、蕗と南瓜、蒟蒻の煮物、味噌汁、ご飯、漬物、デザート付きで税込800円の神ランチ。

土日は浜松城公園で恒例イベントの家康楽市。今年のゲストはサカナ君、磯田先生、新井美羽ちゃん(直虎の幼少期おとわ役)。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと育って美人女優真っしぐら。妹ちゃんも来てて可愛いの。

クリックすると元のサイズで表示します

直虎ちゃんは浴衣バージョン。ちょっと歩き回っただけで疲れた。体力低下が気になる!ジム頑張ろう。
3

2019/5/31

グダグダ中  日常

絶賛グダグダ突入中。

梅雨が近くなるとこうです。もういやねぇ。楽しいことが探せない。

(予防策として、連れがバルミューダの”半分青い。”扇風機と、アラジンのグラファイトトースターを買ってくれたものの。1月に買ったばかりの格安タブレットが突然のブラックアウト。)

PSBの海外のライブに行く予定とかあると、生きていく目標になるのですが(昨日、公式HPのトップページのNEWSにコンサート告知が載っていたけど去年の終わったツアーだった…、なにかの不具合でしょう)、それもないので、9月に大阪でPSBのファンイベントがあるので、それを楽しみに生きていきます。ちょっと遠い予定。ホテルを探したり、仮想街歩きを考えるだけで楽しいものです。

もちろんPSB聴きながら。

2

2019/5/29

嫌な季節は  日常

5、6月は大嫌いで、去年はショコラ・ロスが酷かったのを思い出します。

毎年のことですが、粘土で人形を作るのもしんどくなるので、着物ばかり縫っています。単純作業のようですが、柄合わせでそこそこ頭も使うので、良いリハビリです。

クリックすると元のサイズで表示します

憂うつな日々は始まったばかりですが、今年はしょうたがいるし、アルバム出るまでひたすら堪えます。
4

2019/5/5

GWが終わる  日常

浜松のGWは浜松まつりが終わると終了です。

でもまつりは渋滞するしかなり鳴り物がうるさいので、参加しない人はみんな市外に逃げます。私もそうです。毎年、天竜浜名湖線で近場をぷらっとします。

いいですよ天浜線!基本、空いてます。

いくつか車両があって、これはレトロ仕様。もとは阪急電車かな?

クリックすると元のサイズで表示します

じつはマリメッコ電車。フィンエアーみたい。内装がマリメッコのファブリックです。沿線の都田駅を、地元の都田建設が手掛けて、都田駅はマリメッコ・カフェになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

このカーテンのバック持ってる。

クリックすると元のサイズで表示します

新緑のトンネルです。

けっこうな田舎電車ですが、始発・終点はJR(掛川/新所原)と接続しているので秘境というほどでもなく、お手軽ローカル列車体験です。単線で、木々の枝ぎりっぎりのところをぶつからずに走っている感じです。基本1両で、ワンマン運転でバスみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

駅のいくつかは、構内がレストランやカフェになっているので、グルメも楽しめます。

終点の新所原に着くと、駅構内がうなぎ屋さんになっていて、お弁当または座敷で食べられます。地元浜名湖産だから、他よりちょっと安いかな(写真の小1尾で2200円)。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、季節をたまに変えて乗っているのですが、全く飽きません。毎回いろんな発見があって、とても楽しいですよ。各駅の個性がすごいです。

ちなみに列車は1両貸し切り運転もできるんですが、なんと12500円という安さで50人以上座れます。オプションでカラオケ列車やビール列車もできるそうなので、結婚式の2次会とかいいですよね。

ぜひ一度どうぞ。
6

2019/5/3

GWですが  日常

先日も書きましたが、大型連休ですが、自営業の私はあまり関係なく(お教室はお休みですが)、着物を縫っております。

いただきものの友禅の着物で、そんなに古いものではないですが、貝紫で染めた糸で刺繍がしてあってとても美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

その柄を生かすように、人形用に仕立てております。

私はそんな感じですが、連れが10連休で、名古屋の駅構内のきしめん(ガガ様も食べた、住よしのきしめん)が食べたいということで、ついでに名古屋骨董祭に行ってきました。

名古屋骨董祭に毎回のように行っていたのは15年くらい前。名古屋近辺は布の商売が盛んで、当時はとてもたくさんの古い着物の店が出店していて、抱えきれないほど買った記憶があります。

ただ、すでに骨董ブームも落ち着き、全体的に静かで、布のお店も少なくなっていて、お目当てのものは見つかりませんでした。残念。まあウチには私が死ぬまでに使い切れるかどうかわからないくらいの着物がありますので。

それでも何か欲しくなってしまう、強欲っぷりです。

一応、去年はpsbのアドがあったミッドランドスクエアのディオールオムを見に行ってきましたが、今は当然psb アドはありません。欲しかったなぁ。

名古屋駅の周辺はめちゃ混みで、大型連休の経済効果を実感。

大行列で、ハーブスのケーキが食べられなかったのが残念でした。名古屋はそんなに遠くないので、また行きます。
3

2019/4/30

Last day of Hey, Say  日常

なんか大晦日感がハンパないですけど通常営業です。雨なので一日中着物を縫っておりました。

何にもないので、レアな写真でお茶を濁します。

クリックすると元のサイズで表示します

Neil Tennant - Backstage Super Tour - Vancouver, Canada - 24 October 2016

Photo by Wolfgang Tillmans with courtesy by Marcelo Roma/Pet Shop Boys Edition

*ドイツ人写真家のテルマンス(home and dry のPV監督)の撮影なんですね。芸術的。
7

2019/4/28

普通の日曜日  日常

私は自営業なので、言わゆる大型連休はないんですが、連れが10連休なので、どうしようかと。まあ、遠くには行かないんですよ。静岡県は通過する(場所によっては来る)車が多く、どこに行くにも渋滞が多いので、あまり出歩くこともありません。

浜松のゴールデン・ウィークといえば、5月3〜5日の浜松まつりに向けて、練習や準備をする人も多いのですが、連れは生粋の浜松っ子なのに祭り嫌いで、まったく参加しません。街中なので、けっこううるさいといって、近場の温泉とかに行くことも多いようです。今年はまだ何の予定もなく。

私もいつでも休める自営業(というかどこからも給料が出ない)なので、製作はポチポチやりつつ、たまにおいしいものを食べられればいいや、って感じ。

ちなみに昨日は、浜松城の近く、徒歩10分の古民家レストラン、ケラパでランチ。

クリックすると元のサイズで表示します

すごく居心地のいい、素敵なお店です。コーヒーが燻製してあるみたいですごくスモーキーで美味しい。

今日は、静岡の浅間神社の参道にあるお蕎麦屋、河内庵

300年以上前から営業していて、将軍退位後の徳川慶喜(ヒー様)もよく行っていたそうで。でも、ヒーさまより、ここは私の父の行きつけの店で、入院して食事ができなくなってもずっとここのお蕎麦を食べたいといって、行けないまま亡くなったんですよね。それで、父の遺影をバッグの中に忍ばせて、母を連れて行ってきました。

なんてことない普通の美味しいお蕎麦屋さんですけど、昔ながらの呑めるお蕎麦屋さんなので、とてお雰囲気がいいです(写真撮り忘れたので、リンク先で見てください!)。


ちなみに浜松まつりの最中は、個人でやっているお店なんかは、街中の繁華街以外はお休みが多く、本気でみんな祭りに参加するようです。



ライブのレビューを加筆修正してHPにアップしました。

http://atelierbebe.net/bebe/marilyn/marilyn0419_03.htm

他にもライブや旅行記のレポートもあります。ロンドンでは毎回PSB聖地巡りをやってます。あ、Anually2018のロンドンツアーの訳が途中だった。また近いうちに再開します。

http://atelierbebe.net/bebe/marilyn/marilyn.htm
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ