2020/4/4

桜  日常

クリックすると元のサイズで表示します

葛城北の丸(袋井市)の桜。遠州は桜が満開です。

クリックすると元のサイズで表示します

袋井市はクラウンメロンの産地。

この摘果メロンのピクルスはなんとピエールエルメとのコラボだった。
5

2020/4/1

1年前の今日  日常

1年前、2019年4月1日はPSBファンにとっては忘れられない日です。私は東京におりました。

午前中に東京に入り、武道館に直行。まだオープンには時間があるけど、エントランスに掲げられたPSBのSuperツアーの大きな看板を見て写真撮影(写真撮っている人は結構いました。海外の方ぽかったです)。

クリックすると元のサイズで表示します

武道館を一周して、しばらくぼーっとして、靖国神社でひとり桜を見る会。東京には5年住んだたことがあるけど、千鳥ヶ淵とか初めて来たんですよ。この素晴らしい桜をニールとクリスも見たかなぁ。

正午に東京在住の姉と待ち合わせをしていたので、ブラブラ神楽坂へ。フレンチを食べて、平成の次が令和と発表されたと知る。その後、予約しておいた飯田橋のホテルにチェックイン。

着物に着替えて、気を落ち着ける。なにせこの日私は東京公演のミーグリに当選という栄誉を預かり、ニールとクリスに至近距離で合える予定になっていた。おこがましいけど日本のファンの一人として、来てくれたお礼だけでも伝えよう、と震えていたんである…。

(ウドーさんからのメールで集合場所等を事前に送られていたので、とにかく間違えてはいかんという緊張感で頭がぼーっとしていたわけで。1年経ってもあの緊張を思い出すと手のひらにひや汗が滲んでくるくらい)

武道館の前でファンミーティング。その後のミーグリ(ステージ裏でめっちゃ待った)、そしてライブ本番。めっちゃ幸せだったな。

クリックすると元のサイズで表示します


ほら、何があるかわからない。

ライブは行けるときに行かないと。

つい2週間くらい前まで、私は今年もUKのライブに行くつもりでした。しかし3月14日に公式からDreamworldライブのスケジュールが白紙になったことを知らされ、たった2週間で世界中にCOVID19なんでいう憎いウィルスが蔓延してしまった。

ついに今日、外務省から、UKを含むほとんどのヨーロッパにレベル3(渡航中止勧告)が発表された。

まあ、ライブが白紙になった時点で行けるはずは無いのだけど、航空券もホテルもまだ予約キャンセルしてなかったんですよ…まだ2か月後だし…なんか意地で…今日にでもキャンセルしますけどね…。

(紙のチケットは送付されてきたようですね)

4年ぶりのUKなので、Dreamworldのために着物やカバンなどいろいろ新調したけど、それもまたいつか再開される(希望)ツアーのために取っておきます。

そしてなによりニールとクリス、PSB周りのスタッフたちが感染しないように祈るばかりです。

こういうご時世、私の仕事など、真っ先に切ら捨てられてしまう”不要不急な”仕事なのですが、苦しいけど、何とか希望を持って、正しい行動を心がけたいと思います。幸い私の住む地域は感染者が少ない地域なので、謹んで行動します。明日は来ます。夜は明けます。

クリックすると元のサイズで表示します

lot of moneyも用意してました(グッズ買いたい)。
17

2020/3/22

Now (3月21日)  日常

Pet Shop Boys : the official site

Now (3月21日)

クリックすると元のサイズで表示します

自宅で自己隔離中。安全に待機中だよ。 Neil xxx


*うわぁ、天使!赤ちゃん!え?お風呂?自撮り?いろいろインパクト大ですが。

ヨーロッパ、イギリスでは新型コロナが大変なことになっていますね…。どうかニール&クリスには感染することなく安全に過ごしていただきたいです。
4

2020/1/1

new year 2020  日常

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/12/22

5か月まえ  日常

イギリスのライブDreamworldまで5か月前になりました。

興奮してライブのチケットを買ったのが9月、3か月経ってちょっと落ち着いたものの、5か月なんてあっという間です。

現在は、ライブのチケットと航空券、あと前半行程のホテルを予約が完了。今回はイングランド内を3か所動くのですが、まだ後半の予定やホテルが決まっていないので、これから決めます。

今回もライブは着物で参加する予定ですが、今年来日公演で着た着物と帯はサイン入りなので大事に保管して、新調です。なんとなくPSBっぽい柄がいいなぁを探していたら、こんなものがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

Releaseっぽい!

本当はおニューアルバムHotspotっぽいのがよかったんですけど、今回はアートワークがファローっぽいポップなアイコンデザインではないので、昔のアルバムですが。

ちなみに洗えるポリエステル着物で、惜しげなく着れる安いものです。もしかしたら今後新たにPSBっぽい柄が見つかったらそっちにするかもしれませんが、いまんとここれで行く予定。

春を待って、冬も鍛えます。
8

2019/12/4

あいふぉん11  日常

新しいiPhone来ました!11はカメラがすごいとかなんとかで、とりえあず猫たちを撮ってみましたがどうなんでしょう。腕が悪いのでどうにもこうにも。機械を生かすにはこっちの修行も必要ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

(何をいまさらを言われるのを承知で)iPhoneの機種変更のデータ移動ってものすごく簡単なんですね。新旧2台を並べて指示通りに2,3回タップするだけで、あっという間に移動(コピー)。再ログインさえしなくていいアプリもあって驚き。

まあ、相変わらずLINEの移動は失敗。アカウントは移動できたけど、履歴が全部消えた…(PCにバックアップは取ってあったけど)。基本的に1台1アカウント方式なんで、難しいな。。。

話は変わりますが、知人がこの秋の災害で亡くなっていたことを知りました。9月にお会いしたばかりで、少し話しただけなのでそんなに親しい方ではなかったんですが、まだお若く(40歳くらい?)お子さんもまだ小さいとおっしゃっていた。別れ際に「またイベントでお会いしましょう」と言うやさしい笑顔が最後になってしまいました。

本当に、人間の運命なんてわかりません。今を大切に生きることが大事だと強く思います。生きていること、すべてに感謝します。
10

2019/10/14

台風一過  日常

台風19号のお見舞い申し上げます

浜松は、当初の予報円では直撃コースかと思われていました。去年の同時期、浜松は台風24号で大規模停電が起こり、うちも数日の停電と断水を経験しました。そのためか今年はみな早々から準備をしていたと思います。予想が外れ、浜松にはほとんど被害が出なかったのは良かったけど、関東・長野方面は大被害になってしまいました…。

被害を見ているだけでもとても辛いのに、当事者の皆さんはどれだけ辛いか、想像に絶します…。私にできることは、なんだろうといつも考えてしまいます(義援金の寄付ぐらいしか思いつきません)。私はできるだけ働きます。いろいろ我慢します。お金をこしらえて被災地に送ります。今はこれくらいしか…。ほんと無力でごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します

猫たちも気圧の低さにぐったりしていたくらいでした。
8

2019/9/22

ロンドンと私  日常

来年5月のUKツアーに参戦することになって、またロンドンに行くことになりました。ロンドン、何度目だろう。10回くらいは行ってるかなぁ。

私が初めて海外旅行に行ったのは20歳くらいの時、ロンドンとバルセロナでした。

その理由です。

小さいころから漠然と建築の仕事がしたくて、中学生のころ、バルセロナのサグラダ・ファミリアで彫刻家として働く外尾悦郎さんの著書を読み感銘を受けました。まだそのころはバルセロナはオリンピック前なので、日本ではあまり知られていない都市でした。さらに同じころ、とあるサントリーのCMにハマってしまい、その撮影地がバルセロナ、同じガウディの設計したグエル公園だと知り。



余談ですが、同じCMのランボー編は、私の後の人形製作に影響を与えています。このころのCMはほんと芸術的だった。



絶対に行くと誓いました。

その数年後、高校生の時にベストヒットUSAでPSBの「West End girls」のPVを初めて見て、まるでロンドンのPVのような世界に魅了されて、ロンドンもあこがれの地に。

20歳のころ、東京で大学生でしたが、成人式の着物を買ってくれなくていいからロンドンとバルセロナに行かせてくれと両親に頼み、行きました。

まだ海外旅行が一気に身近になる前だったと思います。もちろんネットもないので、自分で飛行機のチケットを取るのは相当な難易度で、ロンドンとバルセロナを回る旅行会社のフリーツアーに一人で参加しました。

ただそのころはまだヨーロッパはアンカレッジ経由で(ソ連/ロシア上空を西側の飛行機が飛べなかったため)、実は最初に降り立ったのは経由地のアラスカ(空港の外には出ていないけど)。そしてロンドン。

うわ〜〜〜!!!

見たことのなかった異世界!

本当に行ってよかった!

その後はバルセロナ。バスでサグラダ・ファミリアに向かう途中、街角を曲がったらサグラダ・ファミリアが見えるんですけど、サグラダ・ファミリアが大地から生えてきたように見え、衝撃を受けました。今でもこの光景は忘れられません。バルセロナは合計3回ほど行っています。このころはまだ誕生のファサードしかできていなくて、完成には程遠い感じでした。完成したらぜひ見に行きたいです。

ちなみに外尾悦郎さんは現在ではサグラダ・ファミリアの総監督、一番偉い人になっています。

私は建築家にはなっていませんけど、好きなもののはあまり変わっていないような気がします。
12

2019/9/10

50フラン札  日常

先日、手帳から旧一万円札が出てきたことを書きましたが、じつは50フラン札も2枚出てきました。

ユーロになる前の、もう使われていないフランスの通貨です。これは現在ではもう使用することも銀行で換金もできないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

大好きだったサン=テグジュペリと星の王子様のお札。すごく可愛くて、ちょっとオモチャっぽいですよね。

ちょうど私がパリにいた時期に50フラン札の絵柄が新札に変わったと思います。フランスなんかではお札は使い方が荒く(特に50フランは1000円くらいなので使用頻度が多い)、しわしわグチャグチャになるまで銀行が回収しないので、出まわったばかりのこのお札がピンピンなことがとても珍しく、図柄も可愛かったので取っておいたんだと思います。

ところでこの2枚のお札はちょっと発行時期が違っているため、若干の違いがあるのです(それぞれ1993年と1994年発行)。

下の写真を見てください。すごく小さい字ですが、上の赤丸で囲ったサン=テグジュペリの名前(Antoine de Saint-Exupéry 1900-1944)と、下の緑丸の名前の大きさ、改行の表記が違います。

クリックすると元のサイズで表示します

それどころか、下の緑丸の方の名前、Antoine de Saint-Éxupéry(Eの上にアクサンテギュがあって、É)になっているんです。小さくて見にくいですが。もちろんEとÉは違う文字なので、これは綴り間違いで、それで正しいものが再発行になったのでは…ネットで調べても見つからないんで、確かなのか、わかりませんが。

まあ、50フラン札は大量に発行されているので価値はないと思いますが、良い想い出です。
4

2019/9/6

壱萬円  日常

先日、アトリエの引き出しを片付けていたら古〜いシステム手帳が出てきまして、捨てるためにバラしていたら、ポチ袋から1万円札が出てきました。

ラッキー!と思ったけどなんか違和感が…あ、これ、旧の福沢諭吉さんだった!

クリックすると元のサイズで表示します

上が現在のもの、下が旧。印刷が濃いです。

クリックすると元のサイズで表示します

裏はデザインが全然違います。

ちなみにこの旧一万円札は1984年から発行され、新一万円札が出る2004年までの20年間活躍しましたが、もちろん現在でも同じ1万円として使用できます(ATMでも問題なく受け入れてくれました)。

1984年から2004年って、私が人生で最もお金を稼ぎ、かつ使った20年ですよ。16歳から35歳までの、人生でいろいろありがちな時代です。

私が大学時代に東京にいたころはバブル期だったので、とても物価が高く(金利も5%以上あった)、30年後の現在と変わらないと思います。家賃もワンルームで7〜8万円したと思うし、池袋の駅ビルで販売のバイトの時給は1000円でした(ただし焼津ではバイトは600円くらいが普通でしたが)。

いやむしろデフレが進んだ現在は、いまより高い日用品はたくさんあったと思います。100円ショップがまだなかった時代に比べ、今は結構なものが100円で買えてしまいます。安いランチのお店も増えたと思います。

そう思うと、1万円の価値は、この旧一万円札を手帳に挟んだ頃と、さして変わらないのかもしれません(あの頃もっと挟んでくれればよかった)。

もちろんじわじわと値上げされているものもあるとは思いますが、いちばん「上がった!」と思うのは、ライブのチケットかなぁ。1989年のPSB初来日は6000円だったような。今年は倍の12000円。同じ武道館。

20代のころは、もっとこの先良くなると思っていました。世界という大きいくくりでも、個人という小さいレベルでも、ちっともよくなっているような気がしないです…。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ