2019/2/3

厄祓い  日常

先日、人生初の貰い交通事故に遭っちゃいました。

車で住宅街を直進していたら、交差点で一旦停止有りの道路から出てきた軽自動車が私の車の右側面にドーン!

その車は前のバンパーがベローンとなって道路に落下。私の車は右側がへこむ。

なんか事故ってスローモーションって良く言うのがわかります。確かに。私もすごく冷静で、ぶつかって来た反動で民家の塀にぶつかりそうになったけど、冷静にハンドリングしてぶつかる前に車体を戻し、2次被害無し。運動神経鈍いけど、危機には能力が出るものでしょうか。

幸い私も相手も怪我は無し。警察来て保険屋さんと車屋に連絡。因みにメーカーも担当のお店も同じディーラーでした。

この手の事故はだいたい8:2になると思います。出費がなければ良いけど。

大事故にならなくて不幸中の幸いでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ドア2枚交換。

昨日早速法多山尊永寺で厄祓いの護摩祈祷をしてもらいに行って来ました。
3

2019/1/25

パソコン  日常

自宅で使っているPCは、NECのオールインのデスクトップですが、Win7。もとのと連れの持ち物で、もう9年目、そろそろ重くなってきたし、7は来年にサポート終了。消費税も上がる前に、買い換えようかという話に。

家電量販店やPCショップ、家電リサイクルショップなど回ったけど、展示されている「NECのオールインのデスクトップ」がない!

馴染みの店員さんに訊いたところ、日本のメーカーはほぼ、家電としてデスクトップに力を入れていないと。NECのPCの販売スペースは、統合したLenovo(中国企業)にとって代わられていると。

えー、そうなのか。私はPCを自分が持ち始めた20代後半の頃(Win98)からNEC一辺倒なのに。奇しくも連れも同じ。

確かに今やPCは家庭にはいらんかなぁ…。スマホやタブレットがあればいいのかな。PCを仕事で使うデザイン分野の人は最初からMacだろうし、マニアは自作するだろうし。たしかに私のようなちょっと使う人間はPC中途半端派か。でも、私いまだにスマホで長文は打てないので、PC要るよ。

NECの家庭用PCは、店頭にはほとんどないけど、直販サイト(NECダイレクト)にあるので、結局そちらで購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します

買い換えたWin7は、アトリエで引き取ります。なにせアトリエのPCはこれまたVistaで、ほぼ動かないんです。ただの箱になったXPもあります。

ちなみに、最初に連れと部屋を借りて家電や家具を購入してから7年ほど経ちますが、その時購入したものの一部(電動ソファ、ラグ、タブレット等)がそろそろ寿命で、いま第一次買い替え時期が来ています。お金!
3

2019/1/1

happy new year!  日常

クリックすると元のサイズで表示します

浜松の都田(井伊家領地)で出土したイノシシの埴輪です!
4

2018/12/20

あと10日余り  日常

2018年もあと10日余りです。早。

今年はなんといっても年明け早々からロスが激しく、落ち込むところまで落ち込んでしまい、悪いことばかり続き、ついに人生の終わりが来たのかとか、どうなるものやらと思いましたが、後半、厄除け黒猫のしょうたがやって来たおかげで回復。その後は展覧会やらPSB来日ケッテイの良いニュースもあり、なんとか今年も生きて越せそうです(まだわからないけど)。

PSB関係は、2018年はライブにも行ってないし、アルバムやDVD関係出てないし、大きなが出来事がなかったんですね。だから来年はすっごく記念イヤーになりますよ、平成も終盤だしね。

年末になると毎年思いますが、いったい1年何をして過ごしたんだろうかとか思いますね。

まあ、人形はたくさん作ったと思います。展覧会もあったし、でも、相変わらず展覧会には出さない部類のしょーもないやつもたくさん(勉強ですな)。

Annually2018をいっこも訳していません。訳そうと思っていたのに。なんとかあと10日でできることはやりたいと思います。できるとこだけですよ。

(ニール&クリスのロンドン案内は、私がロンドンに行くたびにやってた聖地巡礼にも通じるので、是非紹介したいところ…。)

どうぞ期待せずにお待ちください。

クリックすると元のサイズで表示します

もはや私自身がめくらなくなった、ひめくり。現実のおっさんが、朝めくってくれているようです。ちなみに映画化は反対派です。
3

2018/11/4

ヤマハ イノベーションロード  日常

世界のヤマハ(本社)の隣に住んでいます。ついでに言うと偶然かもしれないけど、世界のホンダこと本田宗一郎さんの創業地もすぐ近くです。

そのヤマハに一般人でも見学できる楽器歴史コーナー、イノベーションロードという施設ができたので行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

いまや楽器はサイレント楽器も多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中にクリスを置きたい(クリスはヤマハを使ってたかな〜同じく浜松のローランドは使ってたと思う)。

クリックすると元のサイズで表示します

20世紀初頭の自動オルガンはブラザーズクエイぽい。

いまは初音ミクとかボカロ方面の開発とかにシフトしているのかもしれないけど、アナログ楽器ってとても芸術的!

楽器好きなら1時間は楽しめます。無料ですが予約制、休憩所が無いのがちょっと残念。
4

2018/10/2

台風24号  日常

皆様の地域は被災など大丈夫でしょうか。

浜松は、人的被害は少なかったものの、かつてない大停電をしております(浜松に55年住んでいる連れ:談)。

浜松中区中心部のうちのマンションも、停電&断水(水の供給に電気を使用するマンションのため)。

9月30日の23時ごろ停電したっきり、10月2日9時現在も停電ちゅう。ただ同じ町内の連れ実家は昨日の昼頃に電気が復旧しています。

私は昨日、浜松から焼津まで車で移動し、現在も焼津です。焼津は停電も断水もその他の被害もありません。

浜松は現在は割と電気復旧しているところが多いようですが、昨日は信号も幹線道路以外は消えているところが多く、東名高速道路が区間によっては閉鎖されていたため、道路も大渋滞。通常の倍の3時間ほどかかりました。道の駅のコンビニとかも(昼間なのに)真っ暗の中、アナログ計算で営業していました。

いやあ電気がないとこんなに不便とは。普段の生活をありがたく思わないと。

今日の夜には浜松に戻ろうとは思いますが、夕方までに電気が復旧しなかったら焼津に留まるかも…。今は冷蔵庫、冷凍庫の中のものの処分を考えてちょっと憂鬱です。

追記:浜松のマンション、今日14:00頃に電気と水道復旧しました(まだ近隣は停電地域もあります)。Wi-FiとTVのBSはまだ使えません。中電の皆様、早急の工事、ご苦労様です。電気の有り難みを感じます。

ちなみに冷蔵庫と冷凍庫は、水は出ていなくて、割と平気っぽいです(冷凍品はすでに再凍結している可能性も有ります)。
2

2018/9/23

ありがとうございます  日常

ちょっと早めの誕生日プレゼントいただきました!

クリックすると元のサイズで表示します

クリストフルのアイスクリームスプーン!

カチカチアイスも熱伝導でサクッとすくえるんですね。欲しかったやつ〜

ありがとうございます!
3

2018/8/27

直虎さまご命日  日常

晴天猛暑残暑の8月26日、浜松の龍潭寺。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は井伊直虎さまのご命日。法要にこっそり参加しています。

クリックすると元のサイズで表示します

お墓の前で焼香させていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

大河ドラマの影響による観光客もだいぶ少なくなったようです。が、龍潭寺のお庭は相変わらず美しく静寂です。
2

2018/8/17

トビオ  日常

浜松市にある競技用プール、トビオ。正式名称は、古橋廣之進記念 浜松市総合水泳場。

古橋廣之進氏は浜松市出身の世界的な水泳選手で、来年の大河ドラマ「韋駄天」の後半の主人公、田畑政治氏が育てた選手です。浜松市出身の田畑氏を演じるのは去年の「直虎」でも浜松時代の家康を演じた阿部サダヲ。

クリックすると元のサイズで表示します

いまトビオ内で田畑氏の展示をやっています。田畑氏は水泳選手は断念したものの、1964年の東京オリンピック誘致と成功に導いた人物です。

クリックすると元のサイズで表示します

宮藤官九郎氏がオリンピックをどうやって描くのか、楽しみです。(たぶん古橋廣之進もドラマに出るかな〜誰がやるのかな〜)ちなみに現在の「西郷どん」より再放送「軍師官兵衛」のほうに夢中です(戦国時代の方が好き!)。
0

2018/8/6

燃え尽きて10年目?  日常

この前ふと気がついたら、人形(球体関節)をやり始めて30年目の今年。なんでしょうね、もしかしたら今の私って燃え尽きなのかも?

もちろん今の方が昔より真剣に人形の仕事に向き合っていると思うし、30年粘土をこねくり回しても、難しくてもんどりうって悩んでいると思います。

燃え尽きと思う原因は、約9年前の、これまでの人生最大の嬉しい出来事の記憶です。2009年9月2日のニューヨークです。

あの時、私はPSBのライブとミート&グリートのチケットを握りしめ、1人で初のニューヨークに向かいました。ミート&グリートのお約束として、「写真撮影とプレゼントはNG」、でもどうしても見て欲しくて、私は自作のニール&クリスのフィギュアドール(1/6スケール)を持ち、赤い着物を着ておりました。

たった5分ほどの、ニールとクリスと私3人だけの会話は、正直、日本語でもアワアワする状況なので、英語で何を言ったのか記憶にないのですが、ニールとクリスはこんな私の言いたいことを全て分かってくれたのです。人形をとても喜んでくれ、プレゼント禁止なのに人形を貰ってくれて、着物の両袖にサインしてくれました。

私の愛を受け止めて(&流して)くれて、ニールは日本語で「ありがとう」と言い、1時間後、クリスが楽屋で私の人形の写真を撮って、「日本人のファンがくれたよ」とその写真をtweetしてくれたんです。

数日後、彼らはその写真を自身のTwitterのアイコンにもしてくれた。

もう、人形作家としてもファンとしても、これ以上ないほどの幸せでした。現時点では自分の人生のマックスがここで、これ以降が、私の余生みたいなものですよ。他人は評価しない些細なことだろうけど、私にとっては生まれて来てよかったと心から感じた日。初めての異国にいたせいで、夢だったのかと思うくらい現実感はないけど。NYCからの帰りの飛行機で死んでも本望だったくらい。

ほぼ余韻だけで9年生きてきた私。これからも反芻しながら、細々と生きてゆくんだろうなぁ。

でも、人形に関しても、確実に良い方向に変わったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

(こっちはライブであげた人形ではないのですが)

クリスが撮ったその写真はPSBの公式HPにあります(サングラスや衣装を外して遊んだ形跡が!)。

North and South America 2009
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ