2019/12/4

あいふぉん11  日常

新しいiPhone来ました!11はカメラがすごいとかなんとかで、とりえあず猫たちを撮ってみましたがどうなんでしょう。腕が悪いのでどうにもこうにも。機械を生かすにはこっちの修行も必要ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

(何をいまさらを言われるのを承知で)iPhoneの機種変更のデータ移動ってものすごく簡単なんですね。新旧2台を並べて指示通りに2,3回タップするだけで、あっという間に移動(コピー)。再ログインさえしなくていいアプリもあって驚き。

まあ、相変わらずLINEの移動は失敗。アカウントは移動できたけど、履歴が全部消えた…(PCにバックアップは取ってあったけど)。基本的に1台1アカウント方式なんで、難しいな。。。

話は変わりますが、知人がこの秋の災害で亡くなっていたことを知りました。9月にお会いしたばかりで、少し話しただけなのでそんなに親しい方ではなかったんですが、まだお若く(40歳くらい?)お子さんもまだ小さいとおっしゃっていた。別れ際に「またイベントでお会いしましょう」と言うやさしい笑顔が最後になってしまいました。

本当に、人間の運命なんてわかりません。今を大切に生きることが大事だと強く思います。生きていること、すべてに感謝します。
10

2019/10/14

台風一過  日常

台風19号のお見舞い申し上げます

浜松は、当初の予報円では直撃コースかと思われていました。去年の同時期、浜松は台風24号で大規模停電が起こり、うちも数日の停電と断水を経験しました。そのためか今年はみな早々から準備をしていたと思います。予想が外れ、浜松にはほとんど被害が出なかったのは良かったけど、関東・長野方面は大被害になってしまいました…。

被害を見ているだけでもとても辛いのに、当事者の皆さんはどれだけ辛いか、想像に絶します…。私にできることは、なんだろうといつも考えてしまいます(義援金の寄付ぐらいしか思いつきません)。私はできるだけ働きます。いろいろ我慢します。お金をこしらえて被災地に送ります。今はこれくらいしか…。ほんと無力でごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します

猫たちも気圧の低さにぐったりしていたくらいでした。
8

2019/9/22

ロンドンと私  日常

来年5月のUKツアーに参戦することになって、またロンドンに行くことになりました。ロンドン、何度目だろう。10回くらいは行ってるかなぁ。

私が初めて海外旅行に行ったのは20歳くらいの時、ロンドンとバルセロナでした。

その理由です。

小さいころから漠然と建築の仕事がしたくて、中学生のころ、バルセロナのサグラダ・ファミリアで彫刻家として働く外尾悦郎さんの著書を読み感銘を受けました。まだそのころはバルセロナはオリンピック前なので、日本ではあまり知られていない都市でした。さらに同じころ、とあるサントリーのCMにハマってしまい、その撮影地がバルセロナ、同じガウディの設計したグエル公園だと知り。



余談ですが、同じCMのランボー編は、私の後の人形製作に影響を与えています。このころのCMはほんと芸術的だった。



絶対に行くと誓いました。

その数年後、高校生の時にベストヒットUSAでPSBの「West End girls」のPVを初めて見て、まるでロンドンのPVのような世界に魅了されて、ロンドンもあこがれの地に。

20歳のころ、東京で大学生でしたが、成人式の着物を買ってくれなくていいからロンドンとバルセロナに行かせてくれと両親に頼み、行きました。

まだ海外旅行が一気に身近になる前だったと思います。もちろんネットもないので、自分で飛行機のチケットを取るのは相当な難易度で、ロンドンとバルセロナを回る旅行会社のフリーツアーに一人で参加しました。

ただそのころはまだヨーロッパはアンカレッジ経由で(ソ連/ロシア上空を西側の飛行機が飛べなかったため)、実は最初に降り立ったのは経由地のアラスカ(空港の外には出ていないけど)。そしてロンドン。

うわ〜〜〜!!!

見たことのなかった異世界!

本当に行ってよかった!

その後はバルセロナ。バスでサグラダ・ファミリアに向かう途中、街角を曲がったらサグラダ・ファミリアが見えるんですけど、サグラダ・ファミリアが大地から生えてきたように見え、衝撃を受けました。今でもこの光景は忘れられません。バルセロナは合計3回ほど行っています。このころはまだ誕生のファサードしかできていなくて、完成には程遠い感じでした。完成したらぜひ見に行きたいです。

ちなみに外尾悦郎さんは現在ではサグラダ・ファミリアの総監督、一番偉い人になっています。

私は建築家にはなっていませんけど、好きなもののはあまり変わっていないような気がします。
12

2019/9/10

50フラン札  日常

先日、手帳から旧一万円札が出てきたことを書きましたが、じつは50フラン札も2枚出てきました。

ユーロになる前の、もう使われていないフランスの通貨です。これは現在ではもう使用することも銀行で換金もできないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

大好きだったサン=テグジュペリと星の王子様のお札。すごく可愛くて、ちょっとオモチャっぽいですよね。

ちょうど私がパリにいた時期に50フラン札の絵柄が新札に変わったと思います。フランスなんかではお札は使い方が荒く(特に50フランは1000円くらいなので使用頻度が多い)、しわしわグチャグチャになるまで銀行が回収しないので、出まわったばかりのこのお札がピンピンなことがとても珍しく、図柄も可愛かったので取っておいたんだと思います。

ところでこの2枚のお札はちょっと発行時期が違っているため、若干の違いがあるのです(それぞれ1993年と1994年発行)。

下の写真を見てください。すごく小さい字ですが、上の赤丸で囲ったサン=テグジュペリの名前(Antoine de Saint-Exupéry 1900-1944)と、下の緑丸の名前の大きさ、改行の表記が違います。

クリックすると元のサイズで表示します

それどころか、下の緑丸の方の名前、Antoine de Saint-Éxupéry(Eの上にアクサンテギュがあって、É)になっているんです。小さくて見にくいですが。もちろんEとÉは違う文字なので、これは綴り間違いで、それで正しいものが再発行になったのでは…ネットで調べても見つからないんで、確かなのか、わかりませんが。

まあ、50フラン札は大量に発行されているので価値はないと思いますが、良い想い出です。
4

2019/9/6

壱萬円  日常

先日、アトリエの引き出しを片付けていたら古〜いシステム手帳が出てきまして、捨てるためにバラしていたら、ポチ袋から1万円札が出てきました。

ラッキー!と思ったけどなんか違和感が…あ、これ、旧の福沢諭吉さんだった!

クリックすると元のサイズで表示します

上が現在のもの、下が旧。印刷が濃いです。

クリックすると元のサイズで表示します

裏はデザインが全然違います。

ちなみにこの旧一万円札は1984年から発行され、新一万円札が出る2004年までの20年間活躍しましたが、もちろん現在でも同じ1万円として使用できます(ATMでも問題なく受け入れてくれました)。

1984年から2004年って、私が人生で最もお金を稼ぎ、かつ使った20年ですよ。16歳から35歳までの、人生でいろいろありがちな時代です。

私が大学時代に東京にいたころはバブル期だったので、とても物価が高く(金利も5%以上あった)、30年後の現在と変わらないと思います。家賃もワンルームで7〜8万円したと思うし、池袋の駅ビルで販売のバイトの時給は1000円でした(ただし焼津ではバイトは600円くらいが普通でしたが)。

いやむしろデフレが進んだ現在は、いまより高い日用品はたくさんあったと思います。100円ショップがまだなかった時代に比べ、今は結構なものが100円で買えてしまいます。安いランチのお店も増えたと思います。

そう思うと、1万円の価値は、この旧一万円札を手帳に挟んだ頃と、さして変わらないのかもしれません(あの頃もっと挟んでくれればよかった)。

もちろんじわじわと値上げされているものもあるとは思いますが、いちばん「上がった!」と思うのは、ライブのチケットかなぁ。1989年のPSB初来日は6000円だったような。今年は倍の12000円。同じ武道館。

20代のころは、もっとこの先良くなると思っていました。世界という大きいくくりでも、個人という小さいレベルでも、ちっともよくなっているような気がしないです…。
7

2019/8/22

仕事  日常

やる気はまんまんなんですが

クリックすると元のサイズで表示します

眠い

クリックすると元のサイズで表示します

先日、連れが「明日、甲子園に野球見に行って来る!」と言って突然出かけました。

お土産に蓬莱の豚まんを頼んだんですが、ちゃんと間違えずに買ってきたばかりか、その時話題にもしなかった堂島ロールまで買ってきてくれました。これって凄いです。先月あたりに、ミスドのドーナツと堂島ロールがコラボしたやつを、通りがかりのミスドで売ってなくて私があー残念とか言ってたのを覚えていたようです。
6

2019/8/16

熱海  日常

昨日は熱海に行ってきました。青春18きっぷの消化です。

熱海は静岡県の東端で、静岡県中部出身者で今は西部在住の私にとってとても遠いところです。なんとなく神奈川県ってイメージすらあります。実際にJRは東日本と東海の両方で管轄しており、ホームの売店も東海でお馴染みのベルマートではなくニューデイズです。

アラフィフの私にとって熱海って、両親世代の新婚旅行の地だったり、社員旅行で団体で巨大温泉ホテルに来たおっさんたちがはっちゃけたり、はたまた東京のお金持ちの別荘リゾートがあったり、不倫旅行したり秘宝館があったりエロスの香りもしたり、とにもかくにも昭和ど真ん中で時間が止まってるイメージで。

がしかしそんな時が止まっているからこその今ちょっとしたブームっぽいんですね。知らなかった、すいません。

浜松からは熱海までは東海道線でたくさん便が出ていて、乗り換えなしで2時間40分ほどで行くことが出来ます(基本、各駅停車しかありませんが)。静岡県、長いな。新幹線なら1時間ちょっと。

なんのプランもなく来ちゃいましたが、そういえば私、熱海で降りるの初めてだわ!(MOA美術館は車で来たことありますが、海側のリゾート地区ではなく山側なのでちょっと感じが違います)。

クリックすると元のサイズで表示します

曇天ですが暑くなくてちょうど良いです。まだ泳いでる人結構います。

クリックすると元のサイズで表示します

有名なやつ。母の旧姓が冨山なので、母は金色夜叉が大嫌いです。

クリックすると元のサイズで表示します

三木製菓のお菓子、猫の舌(ラングドシャクッキー)は熱海名物です。本店で買ったの初めて。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和感溢れる商店街はどこも若者でいっぱい。こんなに若い人たちが戻ってくるとは、感慨深いです。駅前の熱海プリンは凄い行列でしたが、熱海銀座の2号店は空いてました。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂屋がモチーフになってるみたいで、イートインスペースはこんな感じ。お盆も風呂桶。

この後お昼ご飯食べますがこれが大失敗!たまにやらかします。観光客向けのぼったくりでした。何も調べずに行って適当に空いている店に入っちゃったんで。やっぱ行列店の方が間違い無いのか?でも行列嫌いなのなー。よってランチ写真は割愛。

駅前に戻り、駅前の足湯に浸かる。これ気持ちいい!やっぱ熱海は泊まりがけが良いよね。今度は泊まりたい。温泉入りたい。

時間の関係で今回は3時間ほど歩いてブラブラしただけで帰ります。行きたいところはちょっと駅から遠く、でも今は道路が渋滞してバスで回るのも一苦労っぽい。まあ熱海くらいなら車でも来れそうだし。

2

2019/8/13

お盆休み  日常

2019年3月30日、PSBの来日とともに生まれた大姪(甥っ子の娘)のあかりちゃんが、焼津の実家に来てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

抱っこしているのは、あかりちゃんにとってはひいばあちゃん(私の母)。

甥っ子家族は大阪在住なので、1年に1度くらいしか会えないかもしれないけど、成長を楽しみにしてます。これから成長とともに貢ぎます。

ところで、PSBミーグリ当選以来、今年2度目の大当たり。

クリックすると元のサイズで表示します

デニーズのパンケーキ45人分が当選。

とはいえ私は小麦粉も糖分も制限ちゅう。

「パンケーキ食べたい!」と言ってくれればデニーズで奢りますから。
4

2019/8/11

JR飯田線  日常

青春18きっぷ。JR(普通車・ドン行のみ)が1日乗り放題で約2,300円(X5回券)の人気の切符です。

これまで使ったことはありましたが、東京や名古屋などに行ったくらいで、「めちゃ得した!」と言うことはなかったので、今回は乗り倒してきました!

以前から乗ってみたかった飯田線に乗ってきました!

飯田線は愛知県豊橋から長野県辰野までの約200qを走る日本有数の長距離ローカル線で、これまた日本有数の秘境駅を有します。

(「秘境駅」の定義は、電車以外の車や徒歩では簡単に行けないような人里離れた場所にある鉄道駅という意味合いのようです)

鈍行だと全線走破は7時間以上かかるので、日帰りUターンをする今回は、豊橋から飯田まで行って帰ってきました。(片道約4時間です。浜松のうちからだと片道約5時間!)浜松から飯田までは正規運賃が往復約6000円なので、18きっぷだとだいぶお得です。

時間がかかる理由は、山の中をゆっくり走る、停車駅が多い、単線のため頻繁に駅ですれ違い待機がある、などなど。

浜松からだと、東海道線で豊橋まで行き、飯田線に乗り換えるのですが、日帰りするためにはこの電車の一択しかありませんでした(ほかに特急はありますが18きっぷでは乗れません)。

往:豊橋8:19発→12:07天竜峡着、天竜峡12:33発→13:02飯田着

復:飯田16:19発→20:16豊橋着(乗り換えなしの直通)

往路は飯田までの直通はなく、駅でのすれ違い待機時間も多かったので、やや時間がかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む
6

2019/6/19

御前崎なぶら市場  日常

先週の美味しいもの。

静岡県の南の先端、御前崎のなぶら市場という観光施設に行ってきました。今食べるならカツオです!

クリックすると元のサイズで表示します

目の前で藁焼きしているカツオのたたき!

同じくカツオの水揚げが多い焼津出身、しかも祖父が魚屋なので、私はカツオにはちょっとうるさくて、鮮度が悪いものはちょっと食べられません。もちろんここのは超新鮮!しかも安い(この定食は980円)、食堂の隣の魚屋さんでは、パンパンのカツオが1匹1300円くらいで売っています。

デザートはシラスのアイス。

クリックすると元のサイズで表示します

黒いぽつっとしているのが釜揚げシラスです。ちょっと塩気があって美味しいです。

御前崎はちょっと寂れたリゾート地っぽいんですが、海がめちゃくちゃ綺麗で、なかなかの穴場です。

映画「メゾン・ド・ヒミコ」のロケ地になったあのお屋敷がこの近くにあります。以前はカフェだったけど、今は個人宅のようで、中には入れなくて残念。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ