2007/6/26

ヒデ姐  映画&アート

マジで凄い!10Pぶち抜き!米GQ誌であの中田英寿がファッションモデルに! : ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

ヒデ姐、なにやってんだよ。どこ行きたいんだよ。

ヒデ姐が、アメリカのファッション・音楽誌「GQ」で脱いで…じゃない、おされ番長全開っぷりを披露している。アメリカじゃヒデ姐はメジャーじゃないのに、こんな有名誌で!

ヒデ姐ってダレだ、と思いました?世界のナカタですよ。サッカーやめて世界を放浪中の山梨県民のアノ人ですよ。
ワタシはまあ、サッカーについては人並みの知識しかないけど、静岡県人はもともとサッカー値が高いので、日本の女子としちゃあまあ詳しいほうかもしれません。ヒデ姐は10代の頃から話題の人でしたし、ワタシ的には違う方面でゲイダー立ちまくっていたんで。
いや、もちろんヒデ姐がカミングアウトしていないのは言うまでもないので、この文章を発見されてヒデ姐に裁判起こされたらワタシは負けますが、度を越えたおしゃれ度・ナル度・美学が、もうキャンプでキャンプで。もしゲイじゃないとしたら、セクシャリティだけがノンケのゲイ=メトロセクシャルなんでしょうな。まあ、あのキテレツ衣装は最初は山梨県民ならではのファッションセンスだと思ったんですが(褒めています)。

ヒデ姐、一時期イングランドのプレミアリーグにいたじゃないですか。アーセナル・バカのクリス・ロウがいつスポーツ新聞でヒデ姐をチェックするか、ハラハラしていていました。ベビは昔アーセナルのイアン・ライトのために曲を書いてあげましたが、いつジャパニーズ・ボーイをテーマにした曲を発表する日が来ちゃうかと。
いや、いいんですよ、ジャパニーズ・ボーイを堪能していただくのは結構なことです。日本を好きになるきっかけになっていただければ。でもカラダはともかく、顔が好みじゃないと思う・・・。
(ちなみにベビは浜松のRolandのキーボード愛用、Kawasakiのバイクに乗ってんだよね。もちろん洋服はY-3愛用。日本大好きじゃん。)

とにかく「GQ」のヒデ姐、100%ゲイ・グラビアじゃないですか。ボウズ、ヒゲ、マッスルボディ、イモいフェイス、オレ様ポージング、どれを取っても完璧です!女子の支持率より男子のほうが高いハズ!

クリックすると元のサイズで表示します

台湾ではこんなことを。多分ノンケ・ファッション誌だと思うが。日本のハイエナのように下品でガサツなワイドショー・レポーターは食いつかんのか?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ