2007/3/27

ルーファス・ウェインライト  音楽(洋楽)

CDJournal.com - ニュース - R.ウェインライトの最新作、日本発売決定!妹のマーサ、PSBのニールら参加

みな様ご存知のように、ニールがエグゼクティブ・プロデューサーを努めるルーファス・ウェインライトのニュー・アルバムが5月16日に日本発売です。
ところでこういった、純粋な音楽活動以外のプロデューサー業とかになると、ベイビーは絶対に名前を連ねませんよね。でも、ニールがクリスの影響を受けないわけはないので、やっぱりベビの意見はちょっと入るんじゃないかと思う。さすが、影の支配者だわ。

ルーファスとPSBは、最近では去年のBBCコンサート(ライブアルバム「Concreat」)でゲストのルーファスが「Casanova in hell」を歌っています。おそらくこのときにニールと意気投合して、エグゼクティブ・プロデューサーを引き受けたんじゃないかしら。ちなみに、直前で中止になり幻となった2002年のアメリカでのゲイ・ミュージック・フェスティバル(ニールが発起人となり、ゲイ・ミュージシャンを集めての音楽祭)で、ルーファスもラインナップにはいっていました。このライブは流れてしまったのがとてももったいないので、今からでもやってもらうか、せめてスタジオ・ライブアルバムにして出して欲しいな。

ルーファスのアルバムは持っていなかったけど、彼の曲は以前からあらゆるところで聴いていました。私の持っているお気に入りのサントラやコンピ・アルバムは、たいがいルーファスが入っているんですよね。一番有名なのは、映画「ブロークバック・マウンテン」のエンディングでかかっていた曲。ルーファスの声っていつも泣きそうで、歌詞はわからないけど切なくて、きゅ〜んと来ます。新しいアルバムは絶対買います。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも写真はちょいナルなルーファスさん

「ブロークバック・マウンテン」から「Maker Makes」pv。今見ても泣ける。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ