2018/10/7

属性変更(?)  どうでもいいこと

つい数日前のこと。

コストコ浜松店のウォーキング・パトロールに行ってました。

(ウォーキング・パトロールとは、雨の日やジムがお休みの日に、面白いものや安いものを探しに、平日午前中のの空いているコストコ店内を歩き回ること、私の造語)

まあ、空いていたので、私の見たかったスパイス棚には誰も歩いていなくて…正確には、向こうから1人のおっさんが歩いてきてはいましたが、こんなに空いていてすれ違うのがラクなコストコも珍しいくらいで。

私がお目当てのスパイスを手に取りたくて停まっていたのが、おっさん的にはまっすぐ行けなくなったので、気に食わなかったんでしょう。

「どけよ、ブス、ババァ」

と言われたのです。



もう一度確認しますが、通路はガラガラ、大きなカートを押していても3人くらいは並行できるくらい広い通路なので、まず思ったのは”お前が避けろよ””え、まっすぐしか歩けない罰ゲーム中?”

思っても言わないのがまどもな大人だと思うので、こういう何でも口にする成人は、いわゆる”やっべーやつ”だと思い、私は何も返しもしなかったんですけど、見かけは50代、精神は5才児並み、チコちゃんの逆バージョンのおっさん。平日昼間に何も買わずにブラブラしているおっさん。

まあ、腹は立つのですが、5歳児に言われたと思い、冷静に判断してみました。

”ブス”も”ババァ”も私に当てはまるのは確か。”ブス”は、女性全体への蔑称なので、特に意味はなし。となれば、私の属性は”ババァ”。捻りも工夫もカタルシスないほんとに幼稚な罵りですが、これまでも私の属性は”デブ”だったはず。

そう、私は幼少時から”日本人じゃないよね”な骨格の持ち主なので、ずーっと罵倒語は”デブ”でした。正確に言うと、BMI値で言うとそれほどでもないのですが、とにかくガタイがいいので、パッと見の罵倒語は”デブ”しか選択しがないと思います。

10年ほど前に、脅迫状がうち(アトリエ)に届いたことがあるのですが、その文面にも”ブス、デブ”と書いてありました。見たんかい。見ないで言っているのかい。差出人に心当たりはありませんでしたが、警察に提出して指紋採取もしてありますので、今度やったらお縄になると思います。実際2度目はいまんとこありませんが。元鑑識捜査員志望ですからね。

(ちなみに先日の健康診断で、身長が伸びていました…マジか…おかげでBMI値も減りましたけど)

すっと”デブ”罵倒だったのが、”ババァ”罵倒に変わったということなんですよ。これはなかなか興味深い。だってこの高齢化社会、女性の半分が”ババァ”じゃございませんこと!?私の属性は、”ブス”でも”ババァ”でも、とても平凡なものになりました。

ところで今日が法律上の50歳、明日が実際の50歳でございます。人生半世紀です。

6



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ