2017/10/18

ショコラの経過  

ご心配いただきましたが、ショコラ生還しております。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の夕方の通院から14時間後の今日の朝の検査で、胸水(血)は溜まっておらず、貧血検査でも異常なしでした。

お医者さんが驚くほどの回復(なにせベテランの先生がもう危ないと判断したくらいですから)。再発の可能性も高く、しばらくは毎日の通院が必要ですが、とりあえずの危機は脱しました。家でご飯も食べられています。

ありがとうございます。

以下は、病院の待合室で気になった事…お暇なときにお読みください。



病院の待合室は、人間の病院でも犬猫病院でも、基本的に騒いではいけないところだと思います。飼い主も患者のわんにゃんも、みなナーバスになっていますから。たまにイライラする飼い主に出くわします。

今日もです。

トイプードルを連れたおばさん。

隣の飼い主(たぶん今ここで出会った人)に、声高に話しかけています。

お互いのペット自慢はいいんですけど、とにかく声がデカい。効きたくもない情報がガンガン耳に入ってきます。

しばらくして入ってきた若い女性と合流。その女性はペットシッターということで、この診察の後、預けるそうです。まあ、それはいいけど、もう喋りすぎ。個人情報をばらまきすぎ。

おばさんのトイプードルは歳をとっていて痩せていて、確かに体調が悪そうです。お喋りが夢中のおばさんにあんまりかまってもらえてない。

その後、小さくてかわいいチワワを連れた女性が入ってきました。めっちゃ喰い付くおばさん。そして言い放った。

「あたし、今度はこのくらいかわいいチワワ飼うわ〜!!!」

うわー、言っちゃった。

しゅんとする老いぼれ痩せトイプードル、ちゃんと聴こえてますよ。なんて不憫。

おまえ、ペット飼うのに向いてねーよ。

つーか、保護犬を飼えよ。犬好きはけっこう「好きな犬種を、お店で飼うのが当たり前」が多いよね。

こういう人とはかかわりたくない私です。
12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ