2017/1/9

ニッポンの立体  映画&アート

今日は、ショコラの体調も良さそうで、息抜きのために、前から行きたかった静岡県立美術館の「ニッポンの立体展」(最終日!)に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

サブタイトルが「生人形(いきにんぎょう)からフィギュアまで」で、伝統からポップ・カルチャーまで網羅するコンセプトや出品作品が面白そうで、ぜひ行ってみたかった展覧会。

感想は、「足りない」感が!もうちょっと踏み込んでほしかったなぁ。もっともっと、いろんな作品を並べてほしかったです。アートと庶民をつなぐには、美術館入門編としてもとてもいい機会のように思えたのですが、なにせ品不足。

現在のフィギュアとか造形は世界に誇るほど素晴らしいのに、ほんの数点しかなく、ポップ・カルチャーの系譜を考えるのなら海洋堂のチョコエッグのおまけとかあってよかった。

秘宝館とかパリのエロティシズム美術館(残念ながら去年閉館)のような、ちょっとエロ絡めてもいいから狂気に近い執拗さが感じられると良かったなぁ…。

もうひとつ気になったのは、作者名や出典が明記されていないものがあったこと。白い招き猫は、おそらく豪徳寺の招き猫で、フォークが浮くナポリタンの食品サンプルの作者は、食品サンプル界の神様の作ったものじゃないかとおもう。どちらも大量生産品だから作者名がなかったのだと思うけど、経緯は書いて欲しかった。

もっともっと面白くできると思えた展覧会でした。また期待したいな。

まあ、四谷シモンさんの作品を見れから良いか。

今日のこたまとショコラ、良い子でお留守番でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のショコラの朝食は、ヒルズ回復ケア食&チューブダイエットキドナ25g、かつおのおやつ少々。

病院はお休みのため、通院はなし。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ