2015/9/25

So hard  Pet Shop Boys

PSBの「So Hard」が、昨日でリリース25周年記念ですよ!



この曲は彼らの名アルバム「Behaviour」(1991年)のなかで、唯一ともいえるミドルチューン。他は「Being boring」に代表されるメロウ曲が多いので、いわゆるPSBらしい曲。

デビューからこれまで6年間ポップでダンスでノリノリを中心にリリースしてきた彼ら、「Behaviour」はある意味、勝負に出たと思いますが、このアルバムが踏み絵となり、今のファンは生き残ってきたとも言えます。PSBのアルバムで「Behaviour」が一番好き、といえるファンはかなりのファンですよね!

イギリスと日本の社会情勢が連動しているかどうかはわからないけど、このころの日本は昭和から平成という時代が移り変わり、はじけたバブルのショックも大きく、ちょっと暗い雰囲気だったので、このアルバムは心に染みましたよ。

フランスではミレーヌ・ファルメールの曲「Desenchantee」(幻滅)が流行っていて、幻滅の時代だとか幻滅の世代とか言われてたなぁ〜。私もこればかり聴いていたっけ…。



「So Hard」も、曲はポップで聴きやすいけど、中身はドロドロなんだよなぁ。男子カップルの、お互い浮気して信じられなくなった一番喧嘩が多くて酷い時期を歌にしている。このころは、浮気は出会い系サイトではなく出会い系マガジンなのね。時代だわ。

なのに、同時になんだか清々しくもあるのよね。不思議よなぁ。

PVには今は亡きデントンもボディガード役で出演しています。

David Morales Red Zone Mixが好きなんだけど、音源がないや…。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ