2014/4/19

こたま検査結果  

ご心配をおかけしております。

こたまの急な体調不良(苦しそうな呼吸)で病院に連れて行った後、検査結果を聴いてきました。

結果的には、今はまだ原因がわからない状態です。なので、3日ほど経過観察の単に入院することになりました。ただ、見たところ重篤ではないので、入院は”最悪の事態にならないため”の選択です。

まず最初に考えたのは心臓。もともとスコは心臓が悪い子が多く、実際にこたま一族に肥大型心臓の子がいるため、最初にその可能性を先生にお伝えしました。

レントゲンの結果、心臓には異常なし。こたまが最初にうちに来てから見てもらった焼津の病院でも、レントゲンで心臓の異常はありませんでした。今回も、心臓の大きさは正常。ただし、100%大丈夫と言うことではないため、これ以上の検査は外注ということで、結果待ちです。

ちなみに血液検査も異常なしです。

クリックすると元のサイズで表示します

一番下の血小板数は100以上あるので低めなのは問題なしです。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてレントゲンで先生が気になったのは肺。もやが少しかかったような状態なので、原因は肺であることは間違いなさそう。

肺の場合、肺炎、ぜんそく、腫瘍の可能性。肺炎は細菌、カビ、好酸球性(免疫)、アレルギーが原因。ぜんそくは、今までこの症状がないから可能性低。腫瘍も若いから可能性低。

ということで、いまのところ肺炎の可能性が大きいのですが、この4つの原因を明確に確定させるには、麻酔して肺の洗浄→洗浄水の検査、ということになるのですが、万一、心臓に障害がある場合は麻酔ができないため、外注した検査の結果で麻酔をしてもいい心臓かどうか確かめてからでないと避けたいそうです。

現在のところ、一番可能性があるのは、引っ越しして呼吸困難になった→急性アレルギー、という可能性が高そうなので、3日ほど病院の高濃度の酸素室で呼吸困難を解消するという処置になっています。

ただ、いまは酸素室から出しても呼吸困難の症状はなく、いつもの元気なこたまちゃんです。帰宅も可能ですが、原因のアレルゲンがもしこの部屋の中にあるとしたらまた悪化させてしまうので、入院をお願いしました。

取り留めない文章で読み辛く、申し訳ないです。

私の都合で新しい環境に連れてきて、苦しくさせたこたまにも申し訳ないです。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ