2013/4/29

福井県  日常

日本海を見たことがありませんでした。

海外にはちょくちょく行ってますが、2年ほど前まで、日本国内の観光地はほとんど行ったことがありませんでした。それは、私の両親が、私が小さい頃に忙しいとか旅行嫌いだったとか(今は大好き)、友人や恋人に旅行好きが少なかったとか、自分も海外ばかりに目が行っていたとか、そんな理由が重なって、いまだに日本は本州から出たことないですし。

いまの連れは小旅行(日帰り旅行やドライブ的なもの)が好きで、かつては全国をバイクで回っていたので地理に詳しく、ついでに寅さん好きなので、寅さんのようにふらっとどこかに行くのが好きみたいです(ただし電車は乗らない)。

昨日は福井に行ってきました。永平寺と東尋坊の2大観光地です。

でも、連れはわずか一週間前、同じコースを一人で行ったんですよ!私は仕事で行けなかったけど。

浜松から東名高速、名神高速、北陸自動車道経由で、永平寺へ。幸い渋滞もなく、2回ほど休憩をとって、4時間半(片道約300キロ)、到着したらすでにお昼前。

クリックすると元のサイズで表示します

北陸自動車道の杉津PA。初の日本海ヴュー!ここにも「恋人の聖地」があるよ。日本海に沈む夕日が綺麗に見える名所みたいです(ただし展望台は下り線のみ)。

クリックすると元のサイズで表示します

永平寺。いまは季節が良いから心地いいけど、雪が深い冬は、ホントに大変そうです。建物もお庭も清く美しく素敵だけど、何よりの見どころは、音も立てず廊下を行き来する修行僧のみなさんの清らかなお姿(でも写真撮影はできません)。

クリックすると元のサイズで表示します

永平寺から1時間ほど海側、名勝・東尋坊です。とてもたくさんの観光客がいましたが、冬はすごそう。高いのが怖い私は、ここからでも怖い…運動神経が鈍いので、足を滑らせる自分を想像してしまいます。

永平寺も東尋坊も、もっとひなびたところだと思ったら、大変賑わっている観光地で、ちょっと驚きました。

で、これはここに限ったことでもないのですが、各観光地では、その周囲に住む方々のお土産屋さん、レストラン、駐車場など、観光産業で暮らしている方達のバイタリティーと言うか、たくましさに感心してしまいますね…。うまく言えないけど、どこのお店もほとんど売っている商品の仕入れ先が同じなので、同じものしか並んでいないというか。世の中に同じものがないってのが好きな私にとって、「このお土産インフレ状態は、長期的に見て大丈夫かな」などといらぬ心配をしてしまいます。

でも、国内旅行が増えて、日本各地にお金が落ちて、経済が潤ってくれればいいなーと思いますよ。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ