2006/9/14

で、その  日常

「yes」vol.2を読んでいたら書いてあった小さな記事。同性シビルパートナー法の取材でロンドンを訪れていたという日本人男性の記者さん。現地の友人にクラブに誘われて行ったら、なんとニールとクリスがプライベートで遊びに来ていたらしい。PSBファンの記者さんのために、その友人が会わせてくれる様にセッティングしたらしい。ギャー!うらやましい!私にもそんなコネが欲しい!
つーか、プライベートでも一緒なんですね、ママとヒロくんは!

追記:
「yes」vol.3のPSBインタビューに、その続きっぽい記載が。
インタビュアー「お二人はプライベートでも一緒に遊んでいて、驚きました」
クリス「ショックだった?」
ニール「共通の友人が多いから」
ですってよ。その後、2人に同性シビルパートナー法について聞いています…。クリスは「(もし同性離婚が増えると)弁護士が喜ぶ」と。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ