2011/3/30

BBCライブ:DVDコメンタリー(Flamboyant)  ランキング/リスト

PSBファンクラブ会報誌Literally36号(2010年12月号)掲載の、Ultimate付属DVDのBBCライブのニール&クリスのコメンタリー。↓このパフォじゃなくて、他のTVでやった「 Flamboyant」のライブは、パフォ前にコントみたいのがあって、みんなで死んだふりとかさせられててたのがあったけど、それYoutubeで見つからない…。



27. Flamboyant (BBC Top Of The Pops)

ニール:オー・ゴッド。

クリス:ここで何をやったかわからん。

ニール:ジャパニーズ・ダンサーズがいた。

クリス:僕はY3のトラックスーツを着ている。ネック・アップすればよかったのに。

ニール:僕はディオール。

クリス:良い音だね。おー、このダンス、好き。

ニール:彼女らはちょっとしたダルい子に扮していたんだよね。

クリス:ファンタスティッなダンスだ!うん、この素晴らしいバック・ダンスで2曲パフォーマンスしたんだったっけ?

ニール:僕が着ているジャケット、すごくいい。

クリス:ハンドバッグがいい。

ニール:いいね。誰がスタイリストだったんだろ?この時はデイヴ・ドレル(マネージャー)の時代だったね。デイヴは何もかも全てが良かった。

クリス:自毛だ、ウィッグじゃない。

ニール:そうは言い難いな。

クリス:ノー、地毛だったよっ。

ニール:君はあそこで何を見ていたんだい?

クリス:わかんない。ちょっと活き活きしてるように見せる努力をしていたと思う。多分、ダンスを楽しんでいた。そこに加わらなかったなんて。

ニール:君が一緒に踊ったらすごくよくなったのに。

クリス:うん、これが今までで一番気に入ったパフォーマンスだ。

ニール:年を経るごとに僕たちが良くなっていくってことの立証さ。…僕たちは彼女らと一緒に、アント&デックのサタデー・ナイト・テイクアウェイで、これをやった。なんて良いチューン。良い曲だ。

クリス:うん、これは全てがパーフェクトだ。ついに僕らはここまでたどり着いた。10年満点だ。うん。わかっていたよ。

ニール:わかっていた。

クリス:言える。僕らはついにここまで来た。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ