2011/2/20

Rufusたん、おめでとう  音楽(洋楽)

ルーファス・ウエインライトがパパになりましたよー。

もちろん、代理母による出産ですが、パパであることに変わりありません。

ルーファスの公式HPによると、2月2日生まれの彼女の名前はViva Katherine Wainwright Cohen。

Vivaちゃんの親は、Lorca Cohen(産みの母), Rufus Wainwright(パパその@) and Deputy Dad Jorn Weisbrodt(代理父:パパそのA)だそうです。

いやぁ、よかったっす。ルーファスたんの恋愛は、これまで彼の歌にも描かれている通り、けっこう辛いことも多かったようで、DVDにも登場するドイツ人の恋人のJornとの関係が、家族になるほど真剣で安心出来る間柄ということで、安心しました(ベルリンでオペラ関係の仕事をしているJornとは遠距離恋愛みたいだったから)。

去年のアルバムを見る限り、ルーファスは、家族とのかかわりについての現実の変化と、心の変化を作品にしていたので、今回のVivaちゃんの誕生も、それに加わるかなり大きな変化になるに違いありません。多分、次のアルバムでは、Vivaちゃんが歌になっていることでしょうね。

(もう、Vivaちゃんという名前だけで、喜びが伝わってきますね。)

最近では、子供を持つ同性カップルも増えました。ゲイだってレズビアンだって、子孫を残したいという生物の本能はストレートと同じようにあるものだと思います。21世紀、それが技術の進歩や社会の認知で不可能ではなくなっているのです(もちろん同性2人だけでは無理ですけど…)。

きっと彼らはロール・モデルになるに違いありませんが、何も知らない外野がヤイヤイ言うのはやめて欲しいですねぇ…。彼らの葛藤や決断、特に子供に対して何か言うのはやめて、普通に見守って欲しいものです。

Vivaちゃんにはこの曲を。(ベタ)



追記:

Vivaちゃんの母親のLorca Cohenは、カナダの大御所シンガー、レナード・コーエンの娘さんだとのことです。ということは、Vivaちゃんは生まれながらにしてものすごい音楽のDNAが入っているんですね…もうミュージシャンの未来にケッテイ。また、ミドルネームの“Katherine”は、ルーファスの偉大な母・去年亡くなったKateの名前を継いでいるのではないかとの話です。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ