2022/5/3

チケットのキャンセルについて  ライブ&ツアー

チケットのキャンセル。むなしい言葉です。チケットを取るときも苦労しましたが、そんな苦労は、絶望しかないキャンセルの手続きに比べたら、希望しかなかったんだと、失われた時に思いを馳せています。

チケットのキャンセルについて体験談を記しておきます。あくまで自分の体験談です。ケースバイケースは多いと思います。チケットは基本的に自己都合のキャンセルはできないことが多く、最悪、泣く泣くあきらめることも覚悟のうえですが、今回は2年以上延期されているので、少し緩いかもしれません。

★ロンドン

ロンドンのチケットは、発売当日(2019年9月11日)にPSBの公式ウェブ経由で取ったのですが、なぜか日本のクレジットカードで決済できず、あきらめかけていたところ在英の友人が代わりに決算してくれましたので、語るべき体験談はほとんどないのですが、中には日本のクレカ使えた(たぶん他のプレイガイド)という人もいたので、この辺りは海外チケットあるある(結局不明)です。日本のクレカ使えなかったのはこれが初で、クレカ数種類(visa,amex,master)を試せばよかったのかもしれません。

Axsのアプリで管理出来るのでとても分かりやすかったです(当時は英語表示だったけどアップデートされ、現在は日本語対応もしているようです)。

ロンドンのライブは基本的に自己都合でキャンセルできません。でも、Axsのアプリからリセール(出品)できます。価格設定も自由ですが、転売対策で販売価格以上は設定できません。ちなみにResale(譲渡)に進むと、「イベント開催国に銀行口座が必要です」と出るのでまたダメか!と思ったけど、Paypalの口座を持っていれば大丈夫だそうです。もちろんPaypal口座は日本在住でも持てます。海外とのお金のやり取りはPaypalが比較的便利かと思いました。

現在結構な数のリセールが出ていて「ああ、行けない人、大勢いるよな〜。アジア勢はほぼ難しいんじゃ…?」と思います。もう見るのも辛い。先日、ど真ん中の前から3列目という、パラダイス!な席が1枚売りに出されていて、思わず買いそうになりました…。こんな席を手放さにゃならないなんて、地獄…空しい。ちなみに私の席(アリーナA1)はまだ売れていません。私の並びの、友人の席は出品して1時間くらいで売れたのに…やっぱり怨念の圧が強いのが分かってしまうんでしょうか…。









続きを読む
11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ