2020/7/5

カセットテープ・ダイアリーズ  映画&アート

ブルース・スプリングスティーンのイメージってどうですか?

ヒット曲「Born in the U.S.A.」('84)が、大統領選挙戦のテーマ曲としてお門違いの使われ方をされ、その後日本でも”偉大なるアメリカ”のテーマ曲としてTVバラエティのBGMでさんざんコスられたために、アメリカ万歳なイメージのある曲と思われているけど、これは全く逆。この曲は「アメリカに生まれたのにこのザマだ」というアメリカンドリームの惨状を歌った曲なのです。イメージって怖い。

スプリングスティーンはずっと、アメリカにおける負け犬的立場を叫んできた、泥臭いブルーカラーのBossのような人なのですが、刷り込みって怖い。

そんなBossのデビュー曲「BLINDED BY THE LIGHT」をそのままタイトルにした映画が邦題「カセットテープ・ダイアリーズ」。

4月に公開予定だったもののコロナ禍で延期されて、7月3日にようやく公開されました。良かった〜。

『カセットテープ・ダイアリーズ』サントラ

舞台は1987年のイギリスの田舎町ルートン。サッチャー政権下の大不況。田舎。主人公はパキスタン移民の高校生。もう、ざわざわしますよ。(「ボヘミアン・ラプソディ」で若きフレディが「パキ公」と蔑まれていたのを思い出します。実際フレディはインド系ですが。1985年の「マイ・ビューティフル・ランドレット」も主人公はパキスタン系青年でした。)ちなみに監督はインド系女性監督グリンダ・チャーダ。

スプリングスティーンの音楽世界をよく知らない?大丈夫。主人公もBossを知らないから。彼は当初、ヒットしているPSBの「It's a sin」を聴き(これも学校生活にままならない自分と同調)その後、人生ではじめてカセットテープでプリングスティーンを聴きます。

アメリカ・ニュージャージーのスプリングスティーンからイギリス・ルートンの少年に届く曲。揺さぶれれる。踏み出せる。

これはもう、なんだか自分を重ねる人も多いのではないでしょうか(私もです)。多くの人の推し音楽「初」体験を思い出すような気恥ずかしさと誇らしさが押し寄せます。

映画内で使われている曲はほとんどミュージカルのように登場人物の心の代弁をしている。各曲がBGMではなく、セリフと同じ重要な役割をしています。ネイティヴの英米人ですらあまり歌詞を読まない現状において、曲へのリスペクト感が強いです。(これこそ、私がPSBの映画「It couldn't happen here」をあまり好きでない理由につながるのですがその話はまた書きます)

ちなみにPSB x Bossといえば、「Electric」内で「The Last To Die」をカバーしています。ツアー(日本では2013年サマソニ)でもやりましたね。

3

2020/7/4

雨のプラネタリウム  Pet Shop Boys

原田知世の「雨のプラネタリウム」(1986年、作詞・秋元康、作曲・後藤次利)のサビが、PSBの「I want a lover」('86)にそっくりな件。





2

2020/7/3

Hong Kong (7月2日)  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

Hong Kong (7月2日)

クリックすると元のサイズで表示します

Just wanted to say hello to all of our friends in Hong Kongの総ての友人たちにhelloと言いたいよ (1989年の最初のちゃんとしたツアーの最初の地だよ…上の写真). Love, Neil x

> You Tube



> South China Morning Post

*香港に国家安全法が成立してしまいました。1997年7月1日まで、香港はイギリス領で、それまでは私も何度か遊びに行ったことがあります(2014年のElectricツアーも行きました)。行きづらいところになっちゃいのかなぁ…。

Books reviewed (7月2日)

クリックすると元のサイズで表示します

"Pet Shop Boys, Literally"と "Pet Shop Boys versus America" のレビューが今週のTimes Literary Supplementに掲載中。リンクは以下。

> TLS

> TLS Podcast (discussion)
1

2020/7/1

High definition (6月26日)  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

High definition (6月26日)

クリックすると元のサイズで表示します

Five Pet Shop Boysの5本のミュージックビデオが高音質ビデオトラックにアップデートされて、Youtubeのプレイリストにて公開されている。リンクは以下。

元々のリリースは1984年から1993年で、オフィシャルビデオの“West End girls”, “What have I done to deserve this?”, “It’s a sin”, “Domino dancing”、そして“Go West”のプレイリストがハイデフィニション(高精細度ビデオ)バージョンにアップデートされた。

Youtube



*不機嫌そうなクリスがトロンボーンを弾いたり踊ったり大活躍する「What Have I Done To Deserve This」。ジョージ・マイケルとアレサ・フランクリンのデュエット「
I Knew You Were Waiting (For Me)」('87)の一連の流れ?かと思いました。

当時初めて見たとき、トロンボーン弾きとメガネっ子ダンサーの不器用でベタな恋愛ドラマが描かれるのかと思ったら…違った。

恥ずかしながらダスティを初めて認識したのもこの曲。その後、あの曲もこの曲もダスティだったのね、と改めて知りました。ダスティは偉大なソウルシンガーなのに、日本ではあまり知られていないような気がします。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ