2019/8/11

JR飯田線  日常

青春18きっぷ。JR(普通車・ドン行のみ)が1日乗り放題で約2,300円(X5回券)の人気の切符です。

これまで使ったことはありましたが、東京や名古屋などに行ったくらいで、「めちゃ得した!」と言うことはなかったので、今回は乗り倒してきました!

以前から乗ってみたかった飯田線に乗ってきました!

飯田線は愛知県豊橋から長野県辰野までの約200qを走る日本有数の長距離ローカル線で、これまた日本有数の秘境駅を有します。

(「秘境駅」の定義は、電車以外の車や徒歩では簡単に行けないような人里離れた場所にある鉄道駅という意味合いのようです)

鈍行だと全線走破は7時間以上かかるので、日帰りUターンをする今回は、豊橋から飯田まで行って帰ってきました。(片道約4時間です。浜松のうちからだと片道約5時間!)浜松から飯田までは正規運賃が往復約6000円なので、18きっぷだとだいぶお得です。

時間がかかる理由は、山の中をゆっくり走る、停車駅が多い、単線のため頻繁に駅ですれ違い待機がある、などなど。

浜松からだと、東海道線で豊橋まで行き、飯田線に乗り換えるのですが、日帰りするためにはこの電車の一択しかありませんでした(ほかに特急はありますが18きっぷでは乗れません)。

往:豊橋8:19発→12:07天竜峡着、天竜峡12:33発→13:02飯田着

復:飯田16:19発→20:16豊橋着(乗り換えなしの直通)

往路は飯田までの直通はなく、駅でのすれ違い待機時間も多かったので、やや時間がかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ