2019/6/14

Mylène Farmer  音楽(洋楽)

Mylène Farmerはフレンチ・ポップス(ヴァリエテ)のシンガー。もう30年活躍していますね〜。いままたツアー始まっているんですよ。

ネットもケイタイもない20代のころに彼女にハマりまして、とはいえCDは渋谷HMVのワールドミュージックのコーナーくらいにしか売ってないし、DVDのない時代で、VHSのビデオカセットをフランスで買ってきても、日本のVHSデッキでは再生できませんでした。

それでも裏技を何とかして、オールリージョンのデッキでダビングしてもらったりして必死で見てたな。何しろMylèneの書く歌詞を理解したくて、同じ空気を吸いたくてフランス留学したくらいだから完全にイカれていたけど。

MylèneはマスコミとかTVとかあまり出ない人だけど、映画並みにお金かかったPVと、ド派手なステージで知られていて、フランスでは知らない人はいないくらい有名だけど、歌詞の内容はめちゃダウナーなんだよね…夢も希望もないっぽくて。

後で知ったんだけど、MylèneファンはLGBTの人が多い!(ちなみにニールもファンを公言していた)

私が最初にはまった曲(PV)がこれです。短編映画みたいです。Mylèneは最後のほうしか出てこないけど。



1987年の曲。「私は男の子」と連呼。

あーフランス行きたい
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ