2019/3/1

ロンドンツアーKAnnually2018  Pet Shop Boys

12.BBC Radio One (Egton House, Langham Street、元々の入り口は写真の後ろ、位階の窓のポスターの近く、新しいビルは現在BBC Broadcasting HouseでJohn Peel wingに使われている)

クリックすると元のサイズで表示します

ニール:Radio One組合の最初は、毎月…4か月の間だけど連続でRadio Oneに来ていた時だ。Janice Longのイブニング・ショーで、音楽レビューをやった。”スマッシュ・ヒッツのNeil Tennant”としてね。この年はRadio One Diaryの編集もやった。それからPet Shop Boysとしてここに来た。Roundtableに来たとき、レコードのレビューをやったのを覚えている。Joe Strummerと一緒だった。彼は僕に良くしてくれた。彼はどれだけ「West End girls」が好きか話してくれた。

クリス:僕もそう思う。誰がいたか覚えてないけど。そのうちの一枚が「Show Me Love」じゃない?合ってる?

ニール:僕らがここでやった主な仕事は、1991年と1992年、Simon Batesの代わり。1991年に彼が4週間の休みをとって、彼らは4組の音楽スターを用意していた。それぞれがあらかじめ録音していたけど、僕らはここに来てライブでやった。

クリス:めちゃ楽しかった!

ニール:クリスはレコードを全部かけた。

クリス:ちょっと”Smashie and Nicey”ぽく始まったけど、10分間ノンストップでダンスミックスを毎日流したから、面白かった。実際、僕らのやりたいようにやって良かったし、素晴らしかった。どんなプレイリストも必要なかったし、過去誰かがやったことをしなきゃならないこともなかった。Golden Hourでは、僕らが好きなレコードを全部、厳選した。全部通して、好きじゃないレコードは一枚もかけなかったよ。くだらないものはなかった

ニール:それで、次の年もお声がかかったんだよね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ