2017/3/12

おんな城主、直虎  日常

大河ドラマです。浜松が舞台です。

浜松と言っても、舞台になっている井伊谷(いいのや)は浜松中心部からだいぶ離れた山間部なのですが。

でも毎週楽しく見ていますよ!出ている人みんな浜松か静岡の住人だ〜(家康を除く)と思って。私の住んでいるところも、浜松城の目と鼻の先で、おそらくかつては城内か少なくともめちゃ近い城下あたり。

浜松城の前身の引間城が家康に潰されたときに戦った、女城主お田鶴の方を祭る「椿姫観音」は100mほど先にあります。

井伊谷近辺にある大河ドラマ館に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

けっこう混んでいましたが。。。はっきり言うと、11月頃に行くと良いかもしれないです。なぜならば、まだ物語が序盤なので、ネタばれしないような紹介しかされていないので、展示が少なく物足りないですな。無料なら見るけど、入館料がいるし。唯一のアトラクションVR体験もしょぼすぎて。

それならば、実際に直虎が修業した龍潭寺とか、井伊谷宮とかを見た方が良いですね〜。新東名引佐インターから行くとすぐです。

ドラマに出てくる龍潭時の住職、南渓和尚(小林薫)はいつも猫を抱っこしているのですが、撮影の合間、猫好きの柴崎コウさんは「ニャンケイさん」と呼んで癒されているそうですよ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ