2017/3/3

ドレーン再設置手術  

先月、2月22日にドレーン(胸水を抜くためのコックとチューブ)設置手術の翌日にチューブが抜けてしまったので、今日、再設置手術になりました。

当然のことながら、かなり慎重に血液検査や心電図を確認しながらの再設置になったようです。前回は胸腔内からチューブが外れてしまったので、肋骨に糸で括り付けているとのこと。

麻酔の心臓への影響のくわえ、ショコラの場合、腎臓も悪いため、慎重にならざるを得ません。幸い、腎臓の数値も変化なく、無事に再手術が終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

術後着(エリザベス・ウェア)がいい感じにドレーンを隠してくれています。まだ慣れないため、ヨタヨタ歩きですが、美味しい缶詰は食べてくれています。

心配なのは、ご飯はそこそこ食べられるようになっているのに、体重が減り続けていることです。これまでのMAX体重は4.3s、心臓病発覚の12月末には3.8sだったのが、現在は3.3sです。

心臓病発覚時、入退院して食べられなくて、ご厚意でいただいた回復食の強制給餌を1か月ほどやって、少し戻ったのですが、ここにきてまた減ってきました。

先生によれば、心臓病の子はみんな体重が落ちるから、胸水に栄養が出てしまっているかも、ということですが(病人ですから、体力低下は仕方ないところはありますが)とても心配です。また回復食の強制給餌も考えていますが、いまは割と食べているので、あまり過剰にやっても負担だろうし…。

実家のノンコも腎臓病で、めちゃくちゃ食欲あるのに痩せたから、ショコラも腎臓病のせいかもしれません(現在はステージ2)。

ともかくこれからいろいろ考えて、頑張りたいと思います。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ