2016/7/31

ロンドン  Pet Shop Boys

ロンドン大好きだけど、ホントにPSB goが出来ますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

ROHの横、コヴェントガーデンにいた大道芸人さんがクリスそっくりで、このままステージに出てもなんらおかしくないなーと思い、ずっと見入ってしまいました。

浮いているのですが、投げ銭したら、前回りで一回転してくれました〜!
0

2016/7/30

The Super Tour in Paris (7月29日)  日常

Pet Shop Boys : the official site

The Super Tour in Paris (7月29日)

クリックすると元のサイズで表示します

Pet Shop Boysが2017年、パリに戻ってくる。2017年2月28日火曜日にOlympia Bruno Coquatrix music hallにて開催予定。チケットは販売中。

Tickets

Olympia Music Hall

All Super Tour dates

*パリ行きたいなぁ!いまお金がすっからかんだけど!!近い日に近い会場でもう一回見れるスケジュールが発表されたなら考えようかと。

ところで今ちょっとチケサイト見たけど(行く気??)、バルコニー(席あり)が53ユーロ、オーケストラ(スタンディング)が50ユーロで、スタンディング・ステージ前の方が安いのはフランスならでは?いまユーロ安いから、6000円くらいって安くない??ROHのオーケストラ17500円だったよ!
0

2016/7/29

ファントム・オブ・クリスたん  Pet Shop Boys

私が撮ったクリスの写真がTwitterでPSB公式でリツイートされたよん!

クリックすると元のサイズで表示します

今回は目があった自信ないわ。
2

2016/7/29

Inner Sanctumのレビュー  Pet Shop Boys

クリックすると元のサイズで表示します

初めに申し上げておきます!私はPSBのライブを見るだけで、とてつもなく幸せです!もうそれ以上何もありません。会場でライブを見て踊って疲れ果ててその場で死にたいくらい幸せです。でも、でも、ずっとファンでライブを見てきたモノの視点からこそ言えることがあるかもしれない…あえてほんの少しだけ感じた疑問点や違和感をも合わせてレビューさせて下さい!★★★★★をつけたうえでの批評です!

 英国の伝統ある会場であるロイヤル・オペラ・ハウス(以下ROH)で、希有なポップスのコンサートを開催できるということはとても素晴らしい栄誉だし、ニールとクリスにとってもとても誇らしいイベントが決まったということに違いない。日本でいえば、歌舞伎座でライブやるみたいなもの?エレクトロ・ポップ・デュオでありながら、かねてからクラシックやバレエへの傾倒と相性の良さを実践してきた二人、ファンならずとも、この4日間のライブは期待が大きかった。もちろん一番興奮しているのは多分PSBご本人たちに違いないし。

 オペラの殿堂をディスコに変えてしまう暴挙…いや、前代未聞の栄光?(ROHの歴史でポップスのライブ開催の記述が発見できす、前代未聞なのかどうかは不明なのだけど)、ライブ開催とともに発表された新アルバム「SUPER」もアゲアゲ、ああ、もう楽しみすぎる!事前予告なし、発表と同時のチケット販売にもかかわらず、4日間のライブは即完売。キャパがいつものO2などの会場に比べて10分の一程度とはいえ、期待が膨らみすぎるほど膨らんだ。

待ちに待った7カ月、そして当日。誰もが発狂するくらい沸いた会場。

セット・リスト

Inner sanctum/West End girls (10-inch version)
The Pop Kids
In the night/Burn/Love is a bourgeois construct
New York City boy
Se a vida é
Twenty-something
Love comes quickly
Love etc/The dictator decides/Inside a dream
Winner (HappySad version)
Home and dry (ambient version)/The Enigma
Vocal/The Sodom and Gomorrah Show/It's a sin
Left to my own devices
Go West
Domino dancing
Always on my mind/The Pop Kids (Offer Nissim drama version)


@クラシックやバレエとのコラボがない!オーケストラ生演奏もなし。つまりROHでやる要素は?良い会場でチケット代が高いだけ?(一番高い席は100ポンド=チケ発売2016年1月当時のレートで17500円!)これは本当に残念だった。

A舞台構成、ダンサーに既視感が多い。過去舞台とステージ・プロデューサー(エス・デブリン)と振付(リン・ペイジ)が同じせいか、舞台の雰囲気やダンサーの使い方(ニール&クリスの顔をあまり出さない、ダンサーに至っては最後まで全く顔を見せないので、ダンサーへの愛もちょっと感じられなかった)に新鮮味がなかった。Electricの続きのようだった。そしてまたもクリスが舞台向かって右に固定、ニールが中央からやや右での立ち位置。ここでなければならない理由は?唯一の新鮮味は、楽器サポートがステージに2人いたこと。

Bセットリストの選曲とオーダー。Superからの曲は少なめで、「え?それ?」と思わなくもない。個人的に好きな「Happiness」と「Undertow」が入ってなくて残念。選曲には謎が多く、逆に「In the night」「Home and dry」「Winner」は本当に謎。もちろん1曲1曲はすばらしい。でもライブとなるとオーダーが重要になって来て、この3曲は割と他の曲とつなぎを分断させてしまっていたと思う。実際、観客もやや戸惑っていた。いつもライブでは中盤の後半あたりにしっとり目の“聴かせる”曲を持ってくることが多いが、今回は少しそれが長く、踊りたいのに踊れないじれったさを感じた。ほぼ30年間からまんべんなく曲を出している割には、選曲を考えすぎたような(あるいはあまり考えない?)気がする。

Cもういい加減に…と言ってしまっては名曲にとても失礼かもしれないけど、絶対に盛り上がる&絶対にライブに必要な「Go West」と「Always on my mind」をいっそのこと使わないという冒険もあっていいと思う。だいたいこの曲、カバー曲でPSBの曲じゃないし。いや、なきゃないで絶対さみしいに違いないけど、ライブ鉄板のこの2曲がなかったら、どうなるんだろうって、そろそろ見てみたい。でも「WEG」と「It’s a sin」はマンネリだけど削らないで。

Dそしてそろそろオーディエンスへの愛想と絡みのあるMCを…。今回はクリスのソロやダンスなどのサービスやサプライズがなし。私はどこで声をかければいいのだ?!

ここ10年のライブでは、個人的には「Pandemonium」がとても好きだったのだけど、これと比べると、ちょっとどことなくさみしい気がした。1996年のサヴォイ劇場の「Somewhere」のような、ここだけの特別ライブを期待していたけど、そうでもないらしい。きっと、このライブを基に精査して秋以降のワールド・ツアーにつなげると思うので、どこが変わったか、また確認したい。
3

2016/7/28

帰りました  ライブ&ツアー

ウエスト・エンドからフィンランド・ステーションを経て帰国、と思ったら、ヘルシンキ中央駅は100年前のフィンランド・ステーションではないということでちと残念。

クリックすると元のサイズで表示します

ああもうライブから一週間も経ってしまいました〜。

またちゃんとレビュー書きますね。
2

2016/7/26

ヘルシンキ  ライブ&ツアー

go to HEL!

ということでヘルシンキです。ヘルシンキはとても気楽です。

ロンドンは大好きだけど、ロンドンはどこもかしこもPSB色が濃すぎて辛い、重いということに気づかされています。

クリックすると元のサイズで表示します

フィンランドと言えばトム・オブ・フィンランド。

フツーにスーパーマーケットの一角にコーナーがあるほどポピュラー。

抜け殻に沁みます。

追記:

フィンランドの老舗ファブリック・メーカー、Finlaysonとのコラボ商品とのことです。

http://byfinlayson.com/
1

2016/7/26

Second show in Oakland (7月24日)  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

Second show in Oakland (7月24日)

A second Super Tour date has been announced for Friday, October 28th, at the Fox Theatre, Oakland, the day after the first show at the Californian venue.

The fan pre-sale has begun and can be accessed by using the code SUPER to purchase tickets.

Tickets

Super Tour dates

The Super Tour begins in Chile (7月26日)

Pet Shop Boys will perform in Santiago, Chile, later this year, at the Espacio Riesco Convention Center on October 13th. This will be the first date of the Super Tour, which will visit South and North America, Europe and the UK over the course of 2016 and 2017. The production will be based on the recent Royal Opera House shows.

Tickets for the Santiago show go on sale on Thursday, July 28th.

Tickets

Super Tour dates
0

2016/7/25

Inner Sanctum songs (7月24日)  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

Inner Sanctum songs (7月24日)

The final "Inner Sanctum" concert was performed at the Royal Opera House in London last night. The set list for all four shows was as follows. Many of the songs segued into each other.

Inner sanctum/West End girls (10-inch version)
The Pop Kids
In the night/Burn/Love is a bourgeois construct
New York City boy
Se a vida é
Twenty-something
Love comes quickly
Love etc/The dictator decides/Inside a dream
Winner (HappySad version)
Home and dry (ambient version)/The Enigma
Vocal/The Sodom and Gomorrah Show/It's a sin
Left to my own devices
Go West
Domino dancing
Always on my mind/The Pop Kids (Offer Nissim drama version)

The music was produced by “Super” producer, Stuart Price, with Pete Gleadall as musical director and programmer at rehearsals and in the performances. Joining Neil and Chris on stage were Afrika Green (percussion and vocals), Christina Hizon (keyboards, violin and vocals) and Simon Tellier (percussion, keyboards and vocals). Es Devlin was creative director of the show and Lynne Page stage director and choreographer.
0

2016/7/24

PSB壁画  Pet Shop Boys

旧サームウエストのスタジオの壁画、探し回ったんですがget出来ず、思いもよらずリアルタイムでFB友に教えていただきました〜

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと西陽が当たって光気味でよく見えませんが、健在でした。

情報ありがとうございます!

ロンドンは終了、今からヘルシンキに飛びます。
3

2016/7/23

★お知らせ★  ライブ&ツアー

Facebookにイベントページを製作しています。

PSBライブInner Sanctum:ロンドン 2016年7月20日〜7月23日(メンバーのみになりますので、Facebookから申請してください)

クリックすると元のサイズで表示します

人形展が終わりましたので、そろそろ計画を立てようと思っています。妄想計画が楽しい!

ちなみに私は20,21日の2日間の参加です。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ