2014/11/30

グリ、こたま退院  

グリは腎不全(多臓器不全)、こたまは喘息で、それぞれ焼津と浜松の病院に入院していましたが、今日、二人とも退院しました。

グリはかなり状態が悪いのですが、もともとの人嫌い猫嫌いの超ビビリストなので、病院で過ごすよりも自宅の方が安心できるだろうと言うことで、退院。新しい抗生剤を試しているため、通院に切り替えています。

クリックすると元のサイズで表示します

口の近くまで容器を持っていけば、お水は飲めるけど、ご飯はほぼ食べれない状態。大好きなおやつ、ちゅーるはひとなめしてくれました。

このまましばらく好きに過ごしてもらいたいです。やや体温が低めなので、あまり床には寝てほしくないのですが(その後、タオルの上に移動させました)。たまも闘病中、寒い時期だったのにも関わらず、妙に冷たい床を好みました。

苦しそうに息をしているのが本当につらいです。

一方、こたまは喘息ですが、ステロイドが効いて、落ち着いた様子です(連れに病院に迎えに行ってもらいました)。今後、自宅で投薬治療ですが、春と秋には出やすいようなので、長期戦で付き合っていかなければなりません。

診断によると、けっこう前から患っていたようで、こたまの年齢(推定3,4才)を考えると子猫のうちからその要素があり、引っ越しやストレスや何らかのアレルゲンが引き金になったようです。ちゃんと対応していれば、命にかかわるほどの重体にはなりませんが、とにかくこれも呼吸が苦しそうです。

猫の病気は、飼い主の試練でもあります。

応援をありがとうございます。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ