2013/10/15

今日のこたまちゃん  

今日のこたまちゃん。

あれ、舌べら出しっぱなし?と思ってよく見たら、こたまちゃんの下唇がピンクに晴れ上がってる。

よく食べるし、走り回ってるし、痛がる様子はないけど、一応、病院に。

クリックすると元のサイズで表示します

スリスリ甘え中。よく見ると横にショーちゃんと、うしろにグリも写ってる!

クリックすると元のサイズで表示します

結局、なにかの細菌感染で、抗生物質を注射してもらいました。今日一日、様子見です。

台風が来ていて気圧が低いので、全員ぐったーと眠っています。
3

2013/10/15

方広寺大祭  日常

浜松市の山の中、愛知県の県境に近い、北区引佐町奥山にある臨済宗方広寺派大本山、方広寺というお寺。

方広寺

大きなお寺で、別名奥山半僧坊といい、私らある程度の年齢の静岡県民は、中学生の時に1泊2日で宿坊体験に連れて行かれた記憶があります。

開山は1371年で、後醍醐天皇の皇子・無文元選が開祖ということで皇室と所縁があり、かつて本堂は水戸光圀が修繕したということから徳川幕府とも所縁があり、国の重要文化財でもあり、本堂中央に掲げられた「深奥山」は山岡鉄舟の書など、どこをとっても堂々とした由緒正しいお寺です。

毎年、10月中旬に大祭があり、今年は15年ぶりに、お寺の別名である「半僧坊」(天狗のような神様でありながら出家した)の像が御開帳・特別観覧と言う大行事もあり…。

で、その荘厳なお寺の歴史の威信をかけた大祭のゲストですが…。

ふなっしーでした。

正確に言うと、ふなっしーと、地元ゆるキャラの家康くんと、天狗のてんてんの3人

しかも、住職さんとふなっしーが”知り合い”って事で実現したらしい。

大祭に来ている参拝者は、明らかに去年までの地元の善男善女とは客層が違っていたことでしょう!県外ナンバーの車も多く、ファミリー、ゆるキャラマニア、ふなっしーコスプレの女子たち…。すげー。なんかすげー。

静かな山にこだまする、ふなっしーの「ヒャッホーーーー!!」。シュールだ。

で、喋れるゆるきゃらはふなっしーだけなので、ふなっしーのマイク・パフォーマンスwith和尚が、なんかすごかった。ふなっしーと禅はなんか共通するのか!?

途中、ふなっしーの中に仕込まれたマイクが壊れるというハプニング、和尚さんは迷わずふなっしーの後ろチャックをオープン、自分のマイクを貸すというミラクルも。

お寺ギャグ(昨夜ここに泊まったけどお寺だからお風呂にシャンプーがなかった、鰻だと思って食べたら鰻もどきの精進料理だった)も多々かまし、場数ふんでんなぁ、プロだなぁ、と感心しましたよ。

結局、ふなっしーはお昼の登場から午後の餅まき、写真撮影まで始終ハイテンションにこなし、静かな山の民に、恐るべき時代が来たということを知らしめておりましたよ!

私も生の梨見れて、楽しめました。ありがとうふなっしー。



お堂のなかがintrospective

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ