2013/5/3

サラダパン  美味しいもの

先日の福井旅行です。

旅行とはいえ、2/3は車中、福井旅行とはいえ、静岡→愛知→岐阜→滋賀→福井、と移動。当然、その間、高速道路のSA、PA(サービスエリア、パーキングエリア)に立ち寄ります。

昔はともかく、現在はどこのSA、PAも綺麗に改装されていたり、それぞれに入っているお店が工夫をして自由競争していたり、B級グルメやゆるキャラの集客力を大いに取り入れていたり、旅の目的の一つになっています。

今回も行き、帰り合わせて6か所くらい、PA、SAに寄りました。どこも初立ち寄りです。SA、PAを見れば、だいたいその地方の名産や名物がわかります。観光インフォメーションでもありますね。

食いしん坊の私は、どうしても食べ物に目が行って、チェックしまくりです。上郷(愛知)では名物パン買ったし、養老(岐阜)では地元のチーズケーキ買ったし、敦賀(福井)ではサバ寿司食べたし、賤ヶ浜(滋賀)では、ひこにゃんのコースター、琵琶湖の稚鮎のてんぷら、そしてこれ↓を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

滋賀のソウルフード、サラダパン。

(滋賀全域の有名パンだと思ったら、私が唯一知っている滋賀在住のヒトが「食べたことない」って言っていたので、琵琶湖東側の長浜周辺だけなのかもしれません。)

ちょっと甘めでシンプルなコッペパンに、中に入っている具、たくあんのマヨネーズあえの微妙なしょっぱさが合う、というか、すごく給食っぽいジャンクな感じが、昭和の行け行けイイ時代って感じです。パッケージは絶対変えないで欲しい。これをおしゃれにしたら、もう、中身とのバランスが合わなくなって台無しです。もちろん褒めてます。

私が好きな掛川の岡パンに通じるもんがあります。

他のパンも「サンドイッチ」とか、8cmくらいのパサッとした感じの丸いパンに、見えないほど薄い魚肉ソーセージがはさんであったりと、21世紀だからリニューアルしようとかは考えない感じがすごく好き(すいません写真ないのですが、検索すればたくさん出て来ます)。

SAのそのコーナーは人だかりで、店員さんが補充するそばからなくなっていく感じです。ただ、パンの紹介記事やお店(つるやさん)のHP見ると130円って書いてあるけど、SAでは150円でした。あざとい。確かにこれで150円は高い気がする。

と、まあ、こんなんが旅の楽しみですね。いつもの通り、連れはやや呆れ気味だけど。

後日談:

サラダパン、自分で作ってみました。自分でコッペパンを手ごねで作ると、ちょっともっちりしてしまい、売っているようなふわっとした感じにならないので…ちょっと違いますねー。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ