2013/4/3

クロワッサンの件  美味しいもの

パン作らーにとって、ほぼ小麦粉と塩だけのバゲット(フランスパン)と、バターたっぷりの折り込みデニッシュ生地(クロワッサン)という両極端のパンは、どちらもそうそう簡単にプロのようなものはできません。どちらも経験を重ねないとうまく行きません。

何度作っても、クロワッサンは難しい。オーブンのせいかしら(家庭用は250度が限度なので…)。

で、私はどちらかと言うとシンプルなパンが好きなので、クロワッサンはあまり買わないのですが、その理由は、バターがややくどく感じるのと、やはりクロワッサンは焼き立てじゃないと美味しくないから!なのです。

でも、たまにはクロワッサンも食べてみたくなります。

ブランジェリー・ランプのクロワッサン。形が素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

スペシャリテで、中にカスタードクリームが入っています。こちらのお店の名物のクリーム入りのメロンパンと同じようなクリーム。もはやスイーツですね。

クリックすると元のサイズで表示します

もはやパイの領域。素晴らしい層!


↓こちらはバゲットのクロワッサン。店名通り、バゲットが美味しいけど、シンプルな生地にこだわるお店だからクロワッサンも美味しいはず。かなり大ぶり。

最近、本場フランスのパン屋ではこの三日月形(本来の“クロワッサン”の意味)はあまり見かけず、まっすぐなものが多いです。何故かスーパーで売っている大量生産のクロワッサンはいまだに三日月形です。

クリックすると元のサイズで表示します

私には蟹に見えますが。

また頑張って作りたいな〜。気温が暖かくならないうちに作らないとね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ