2012/5/18

考え過ぎかしら…  どうでもいいこと

うーむ、ちょっと私、疑ぐり深いんかなー。

うちの両親(76&74歳)、典型的な田舎のお年寄りです。

先日、風呂場の電球が切れたと言って、電気屋を呼んで、変えてもらったらしい。

電球1個取り替えるのに、2000円取られたらしい。しかも領収書も明細もくれなかったという。

でも、変えたのに明らかに前より暗いから、LED電球じゃない。つまり電球自体はたいした金額じゃないし、5分くらいの作業でそんなに取るもんか?しかも領収書や明細出さないって事は、このお金、多分、売り上げとして申告されてないよね?

電気屋は近所の馴染(私の同級生の弟がやっている)でもう10年以上の付き合いなので、知らない人じゃない。実家の家電も良く買っている。

それにしても、2000円って普通なのかな〜?

ちょっと前、事情があって父が自分の車(カローラ・マニュアル)を知り合いの保険屋に持って行ってもらったのだけど、なんと、全くお金をもらわなかったという。

「一文にもならない」と言われたらしいけど、問題なく運転できる車に、それはないでしょって思うのだけど…。そのやりとりを見ていないからわからないけど、明らかに言いくるめられているような気がする…。

父も母も、私が「それはないよ」って言っても、頑として、「それでいい、口出しするな」の態度を貫くのよねー。

歳をとると、体にガタが来るのと同時に、心も頑なになっていくんだよね。とにかく努力することや自分で解決しようとする気力がなくなって来るみたい。

20年前、骨董好きのお婆ちゃん(母の母)が、骨董屋に言いくるめられてゴミみたいなものを高値で買わされていたのがわかった時、母は怒って、骨董屋に「もう売らないで」と言いに行ったのになー。

問題は、お年寄りたちは脅されているわけでもないし、騙されているという認識もないこと。喜んでやっているんだよね。

なんだか、お年寄りがだまされる仕組みがわかったような気がする。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ