2012/5/16

続:日蝕  日常

今日行った美容室のおねえさんも嘆いていたけど、みんな(20〜40代子供いない人)日蝕にあんまり興味がないのね〜って感じましたよ。

日食は、日蝕って書くのが正しいんですって。まあ、いまでは日食でもいいんだと思いますが。

ところで、日蝕のことをいろいろ調べていたら、知らないことも難しいこともいっぱい出てきたのですが、一般的に日食は、「皆既日蝕(total eclipse)」「金環日蝕(annular eclipse)」「部分日蝕(partial eclipse)」の3種類と言われているけど、実は「金環皆既日食(hybrid eclipse)」というものもあるそうです。

日蝕だけでも珍しい現象なのに、さらに珍しい「金環皆既日食」!ハイブリッドですよ!

Wikiによれば、「場合によっては月と太陽の視直径が食の経路の途中でまったく同じになるため、正午に中心食となる付近で皆既日食、経路の両端では金環日食になることがあり、これを金環皆既日食(hybrid eclipse)と呼ぶが、頻度は少ない。」と書いてあるけど、意味不明。

詳しく書いてあるこのサイト↓を見たけど、もっと難しい。

将来の金環皆既日食

要するに、1回の日蝕で、皆既日蝕が見られる地域と、金環日蝕が見られる地域とがあるという日蝕だそうです。太陽と一緒に移動すれば、2回楽しめますね〜(←出来るのかどうかはわかりませんが…)。

日蝕が見られる場所も毎回違うし規則性がないように見えて、皆既/金環日蝕から約18年10日8時間後の約115度西にずれた位置で、ほとんど同じ皆既/金環日蝕が起こるという周期があるそうです(サロス周期)。約18年後の2030年6月1日にも金環日蝕が起きます。

東京では、200年近く皆既/金環日蝕は起きていないので、今住んでいる地域でこんな不思議な天体現象が起きることは、本当にラッキーと言えますから、来週月曜日の金環日蝕は是非、見ましょうね!で、お天気を願いましょう!

↓多分、この曲も日蝕に合うと思います。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ