2012/4/17

たま  

今朝の4時頃、大きい音がしたので飛び起きて階段を見ると、たまが5段ほど階段を下りていました。御承知のように腕が麻痺しているので、体を引きずるしか移動する方法がないのですが(階段の場合は1段づつ“落ちる”と言う感じです)、それでもどうにか階段を下りたようです。なぜそうまでして階下のアトリエに行きたかったのかはわかりませんが、かなり驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はお教室でした。

たまはお教室が大好きなので、バスケットに入れて、カーペットの上に置いて、お教室に参加させました。

バタバタするし話し声がするので、病猫には騒がしい場所はどうだろうかとも思ったけど、先日の出来事のように、お客さん・生徒さんが大好きなたまには、こうする方がいいと判断しました。それと、たまを私の目の届くところに置いておけるし。

夜になり、だいぶカラダが低体温になってしまいましたが、まだ目に輝きがあります。息をしているのが不思議なくらいです。

月並みな言葉しか浮かばないのですが、「命の尊さ」を感じています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ