2011/6/3

パンチェッタ  美味しいもの

Fちゃんがどっかから皮つきの豚バラ肉を買って持ってきたので、2/3は角煮にし、1/3はパンチェッタ(生ベーコン)を作ることにしました。

生ベーコン、売っていますけど高いです。いろいろレシピを探したら、みんな「簡単だっよ」と書いてあるので、レシピを参考にして、やってみることにしました。

生ベーコンは普通のベーコンとは違ってスモークしないのですが、本格的に作るにはたっぷりの塩で漬けこみ→塩抜きをして作るのですが、生食しなければ塩抜きしなくてもよさそうなので、簡単な作り方で作ります。

スモークしない代わりに水分を抜きます。これが、つるして乾燥させる方法と、脱水シートで脱水する方法があるようです。つるして乾燥するのは、高温多湿の日本には向かないようで、迷わず脱水シートを使うことに。

脱水シート…

初めて聞いた。キッチングッズは好きなのに。

調べてみたら、あるんですね。メジャーなのはオカモトの「ピチット」というものが、家庭用のサイズで販売されているそうです。さっそく探して購入しました。12枚入りで1000円強。1枚80円くらいかー。けっこう良い値段。

クリックすると元のサイズで表示します

開けてみると、2重になっていてややゴワッとしたビニールのような樹脂のようなシート。そういやオカモトといえば、明るい家族計画で有名な会社ですよ。なんとなく質感が…似てる…

豚バラ肉に塩とハーブ(クレイジーソルト)をすりこんで、ピチットで包んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

1枚のピチットで約250gの肉を2本、両側から巻いてあります。じつはピチットは1〜2日に1回、交換しなければなりません、水分がいい感じで抜けるまで。完成まで2週間かかるので、10枚くらいは消費するでしょう…(使い捨てです)。

2週間後、出来上がったらカルボナーラでも作ろうかなー。楽しみー。

追記:

ピチットで24時間経過後、20gの水分を吸い取る(肉の重量の4%)。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ