2011/3/20

地震と、男と、女  どうでもいいこと

地震から1週間あまりが経ちました。

私たちは新聞やTVの報道などでしか現地の情報を知ることができません。恐らく、そのマスコミも、書けないことがいっぱいある”らしい”ので、本当に知りたいことがわからないし、TVを見るとイライラするくらいの勘違い報道や、悲惨な演出がされ始めています。いったい何が真実なのかわからない状態です。

ここ静岡から東の日本では毎日、余震で揺れ続けていますと思います。

毎日、不安で仕方がありません。TVを見て、惨憺たる有様や、被災地のみなさんの恐怖や寒さや飢えなどを思うと、やりきれません。何もできない自分も嫌になります。そして私はどうしてもその負の感情を四六時中、忘れることが出来ないのです。

心理カウンセラーらしき人が、あまりに報道のTVを見過ぎるのは良くないと言っていました。悲しみを受け過ぎて、鬱のケがある人は、そっちに感情が持って行かれてしまうからだそうです。まさに私がそうなのでしょうか。

10日間、私は怖くて不安で仕方がありません。心配したって仕方がないのでしょうが、怖いです。静岡で震度6の地震があった夜は、不安で眠ることができませんでした。今回の地震に限らず、私はいつも一人ぼっちで死ぬことに漠然と恐怖を感じています。

私は毎日、恋人に不安な気持ちをメールを送り続けています。

でも、彼はまったく相手にしてくれません。

何故なんだろう、と思います。
続きを読む
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ