2011/2/28

BBCライブ:DVDコメンタリー(A Red Letter Day)  ランキング/リスト

PSBファンクラブ会報誌Literally36号(2010年12月号)掲載の、Ultimate付属DVDのBBCライブのニール&クリスのコメンタリー。この曲、2003年のPopartのDVDコメンタリーでは嫌いだって言ってたのに、ここでは2人とも好きだって。PVにはニールの当時の彼氏が出ているからかなー。ダメだよ、出しちゃ。どうせすぐ別れるんだから!



19. A Red Letter Day (BBC Top Of The Pops)

ニール:戻って来たよ。うん、僕はすごくかっこよく見えるね。

クリス:僕は座っている。

ニール:僕はプラダを着ていると思う、頭からつま先まで(笑)。君は座っている…。

クリス:これはシングルだっけ。

ニール:うん。僕はこの曲好きだよ。

クリス:うん、僕も。シングルだったかどうだか知らなかった。

ニール:みんなこの曲を「Go West」に似ているって言う。「Go West」には似てないよね。

クリス:誰が「Go West」に似てるって言うのさ?

ニール:シングルについては、みんなに「Go West」パート2だと見なされているのは事実だ。ハイ・エナジー・ビートでメジャー・キーだからじゃないかな。僕の上の稲妻がいい。この時の僕はちょっと若く見えるね。すごく白い照明だ。

クリス:なんで僕は座ってんの?(笑)全体的に、パフォーマンスに興味ナシって感じ。

ニール:君は、何もしない限界についての調査中だ。

クリス:僕はこれまでにショーの最中に寝っ転がっていたことあったよね?やんなくちゃ。

ニール:うん。Performanceでね。

クリス:TVじゃない。これはアイデアだよねぇ。

ニール:素晴らしいリフだ。すごくいい編集だ。Top Of The Popsは僕らが編集しなきゃならない(ため息)。“I’m always waiting”…ああ、これは胸が痛い失恋ソングだ。9位。この曲はトップ10ヒットなんだね。

クリス:巻き返したな。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ