2011/2/8

BBCライブ:DVDコメンタリー(It's A Sin)  Pet Shop Boys

PSBファンクラブ会報誌Literally36号(2010年12月号)掲載の、Ultimate付属DVDのBBCライブのニール&クリスのコメンタリー。キーボードとエッチするクリスは、結局タチじゃないですか。



5. It's A Sin (BBC Top Of The Pops)

クリス:おおぅ、アルバムそのA。

ニール:僕はイッセイ・ミヤケを着てる…うん、実際てっぺんからつま先までイッセイ・ミヤケ。

クリス:コートそのものがほとんど頭から足まであるよね。

ニール:うん、そうだね。

クリス:ここでは僕は何を着ている?これ、何だろう?なに?スイミング・パンツなんてはいて来てないよね?オー・マイ・ゴッネス。地下に隠れた方がいい…あれはヴェルサーチのジャケットだ。

ニール:いいショットだ…実はあのシャツは数年前から持っていた…これについて何か語らなきゃだね…サンデー・タイムス紙でフィリップ・ノーマンが僕らを罵った…今は彼がなんて言ったか覚えてないけど…彼は"行きすぎたナルシズムなパフォーマンス"とか何とか、僕たちについて説明した。

クリス:このパフォーマンスを?

ニール:うん、これだよ。特に僕の事を。彼は僕とサッチャーか何かとを比べた。それはすごく変だ。僕はサンデー・タイムズにその返事を書いた。僕はサンデー・タイムズにダスティ・スプリングフィールドの事を書いたから、その過程でフィリップ・ノーマンを罵った。

クリス:ウィンド・マシン(風の効果装置)を使わなかったんだよね。

ニール:なぜウインド・マシンを使わなかったかわからない。

クリス:君のコートはウインド・マシンがあればもっと良く見えたはずだ。

ニール:そうだね。

クリス:スモークも同じく良く見えたかも。この偉大な叙事歌を、僕たちたった2人だけでやったのは驚くべきことだ。いま、僕たちとダンサー一座がこれをやっていて、あらゆるやり方で続けて来た。

ニール:ヘイ!ロックン・ロール!

クリス:これはレコードにはないよね?何て言うの?グリッサンド(音階を滑らせる演奏)?

ニール:何かしらのあいまいな理由で、これをやりながらここに立っていたと思い出すよ。例えば、僕たちがどこかから、いつか、飛行機で着いたばかりとか。ドイツからとか、どこか。

クリス:僕はあまり動くのをやめた。

ニール:同じリズム・トラックじゃないよね?「Love comes quickly」のファンキーみたいな…。

クリス:うん。

ニール:…で、「Opportunites」もある種、ファンキーだ。

クリス:おー、誰もハイ・エナジーでダンスできなかった。フェード・アウト。僕ら、フェードしたっけ?
1

2011/2/8

Pet Text  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

Pet Text(2月7日)


Photograph

クリックすると元のサイズで表示します

Mark Farrow sent us a link to this interesting blog. The photograph is by Matthieu Laurette.

マーク・ファロウが面白いブログを教えてくれた。この写真はMatthieu Lauretteの。

This isn't happiness

New album

We've started writing songs for the new studio album. Don't know what direction it's going in yet. Chris x

Sent from my phone

ニュー・アルバム

新しいスタジオアルバムを書き始めたよ。まだどういう方向性にするかはわからないけど。クリス。キス。


*いや〜楽しみですなぁ、新しいアルバム。ここんところは3年のサイクルだから、来年2012年頃には出るかもしれない…。Twitterとかはやめても、音楽をやめただとかライブはもうしないだとかは言って欲しくないですからね。

↓なんか新しい曲らしいけど…?

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ