2010/10/7

RUFUS WAINWRIGHT at TOKYO  ライブ&ツアー

10月5日から、ルーファス・ウエインライトの日本ツアー(東京・名古屋・大坂)が始まりました。JCBホールでの東京公演に行ってきました。

ルーファス・ウェインライト 公演徹底予習!

クリックすると元のサイズで表示します

「ルーファスからお客様へのお願い 
東京・大阪公演の第1部はダグラス・ゴードン氏の映像に合わせての演奏となります。
第1部では、ルーファスが最後にステージを離れた後まで一切の拍手・歓声をご遠慮下さい。
第1部最後のルーファスの退出もショーの一部となっております。
短い休憩後、第2部がスタートしますが、2部からはご自由にお楽しみ下さい。お客様のご協力をお願い致します。」


と、チケット販売の時からこの文章が掲げられていた。

その通り、コンサートは3000人が物音ひとつ立てない静寂の中で始まった。プリンスのようなプリンセスのような衣装をまとったルーファスがゆっくりと登場し、ピアノの前に座る。いっさいの中断もMCもなく、Douglas Gordon(ターナー賞を受賞した映像作家)の画像をバックに、淡々と、かつドラマチックに進んでいく。

その第1部は新しいアルバム「All Days Are Nights: Songs For Lulu」を丸ごと再現した感じ。広い舞台にグランド・ピアノとルーファスだけ。前回の賑やかな楽団を引き連れたツアーとはかなり趣向を代えて来た。まるでクラシック・コンサートか、バーか何かの弾き語りのよう(個人的な事を言わせてもらえば、ホールは段差のないフラットな床に椅子を並べていたので、やや後ろの私からは舞台が見にくかった)。

この1年、ルーファスの大切な"家族"に変化があったことは周知のこと。最愛の母ケイト・マクギャリルが亡くなり、妹マーサに子供が生まれた。その入れ替わるような命の連鎖が、何かしら彼の音楽に影響はしていると思う。時に切なく、時に高らかに、アルバムの曲たちを語っていく。そして静かに終わり、ルーファスはまたゆっくりと舞台を去る。

休憩。

「Beauty Mark」(母を歌った曲)で始まった第2部ではルーファスも曲の合間に家族や日本のことなどのお喋りを交え、楽しいステージだったが、やはりピアノだけの弾き語りで、前回のアルバム「Release the stars」の明るく華やかな曲はあまりなく(このアルバムからは「Going town」だけだったと思う)、より内省的な「Poses」や「Want 1,2」からの曲、あとはサントラ(「Hallelujah」、「Complainte de la Butte」)からの曲などが中心。

ルーファスの歌とピアノだけで聴かせるという…演劇でいえば一人芝居のような贅沢さで、逆にいえばド派手なエンタメ性はない。前回見られたようなドラアグして踊ったり、いかにもなゲイゲイしい演出はなかったけど、これはルーファスの”とある一面”なんだろうと思う。多少実験的ではあったけど、自分の内面を隠そうとしない(音楽=自分そのもの)のルーファスならではの心の開き方だと思う。

*ちなみに、名古屋公演は、こういう演出はなく、初めから会場はスタンディングの中で歌ったようです。これが会場の都合ゆえなのか、それともこういう演出もしない舞台もやりたかったのかは、不明です。どっちも見てみたかった。
5

2010/10/7

誕生日&PSBつぶやき  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

Happy Birthday, Chris! (10月4日)
It's today.

今日はクリスの51歳の誕生日だよ。お誕生日おめでとう、クリス!


Leave a birthday message for Chris

Birthday video from Chile...

Pet text(10月5日)

クリックすると元のサイズで表示します

Thanks

Thanks for all your birthday messages (and videos). They made the day very special. Chris x


バースデーメッセージ(とビデオ)をくれたみんな、ありがとう。特別な一日になったよ、クリスより。キス。

*↑なんかこの写真はポツーン。でも、PSBらしい。

追記:

Pet text(10月7日)

Birdman

クリックすると元のサイズで表示します

僕たちはいま、「My Dad's A Birdman」という劇のための音楽を書き終えた。それは新しい3曲「The dumpling song」(おもしろい)と、「Wings and faith」(向上心がある)、「Night song」(美しい)、それといくつかの音楽も。児童劇のために書くのはおもしろいね。1時間のショーは11月25日にロンドンのYoung Vicで始まる。チケットは現在、販売中。


(ポスターに書かれている名前が、Pet shop boysではなくNeil Tennant and Chris Loweになっていますね。何か意味があるのかしら。)

PSB Twitter

D_FrontRowさんのつぶやきをリツイート:
Good Performances and Decadent Humor Cover Up Closer to Heaven’s Painful Shortcomin..
いいパフォーマンスと退廃的なユーモアがCloser to Heavenの痛々しい欠点に隠されている。

Front Row

★jojeharvey(ジョナサン・ハーヴェイ)に伝言:

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Just watched this again. Brilliant!
も一回見たところ。素晴らしい!

Coronation Street - Barlows Visit to alcoholics meeting

*「Coronation Street」は1960年から続くドラマ。ジョナサン・ハーヴェイ(PSBと「Closer to Heaven」でコラボ)も脚本を書いていた。

★PetShopGirlさんの質問:

'Together'のシングル・リリースはいつ発表されるの?

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Soon.
すぐだよ。

★ARedLetterDayさんのつぶやきを引用:
Ground-Breaking, Fierce and Tender: Closer to Heaven at Uptown
新しく、激しく穏やかである…アップタウンでのCloser to Heaven。

Ground-Breaking, Fierce and Tender: Closer to Heaven at Uptown


3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ