2010/9/6


昨日、イベントでお会いしたPetheadさんから、せっかくmixiのお誘いをいただいたのに、なんとワタシの携帯の機種では会員登録できないということが判明。

って、そんなに古いのか、ワタシの携帯(確かに)…。

携帯アドレスないと、mixi登録もできないんだねー。知らなかった…。

携帯を代えない限り、mixi入会できないス(泣)。

おあずけです

追記:

1コ前に使っていた携帯からmixi登録はできました。しかし、3年以上前に代えた携帯は機種対応しているのに、今使っている携帯っていったい何なの…QRコードも読めないし…海外で使えることだけが利点。当面、パソコンから見ます。


クリックすると元のサイズで表示します

昨日のイベントのDJブース。真ん中の告知はがきの部分が後半、メンバーさんのお宝「ニールからのお礼状!!」を公開していただいたのですが、会場が明るくなるの待ってたら、写真撮るの忘れた…バカ。素敵なふにゃふにゃ字でしたーー。でも、お礼状をくれるなんてニールは律儀ですねー

ワタシが以前にいただいたお礼状は、定規で線を引いたようなはっきりした皆書体だった…で、クリスの署名までニールが書くというレアっぷりだった…。
4

2010/9/6

PETHEADS JAPAN  Pet Shop Boys

昨日は東京でした。

前にも告知を書きましたが、PETHEADS JAPANさんのイベントです。ペット・ショップ・ボーイズの曲だけをまわす夢のクラブ・イベントで、もう10年も東京・大阪・名古屋で不定期的にやっておられるそうですが、ワタシは初参加です。

もともとmixiのPetheadsの方々のコミュニティで、ワタシはmixiを生まれてこのかた一度も覗いたことがなかったんですよね。以前誰かから「mixiにもPSBコミュがあるけどゲイ専用」という間違った(?)情報を聞いていたので、参加することもなく、ひたすらここで自分発信の単独活動でした。

台湾ライブきっかけで知り合った神戸のmayuさん(同じくmixi未登録)からそのイベントを教えてもらい(Twitter経由だと思います)、実は結構な人見知りのワタクシ、一人じゃ心細かったけど、彼女も行くということで行くことにしました。

まあ、クラブイベントだということで、ちょっと体力的には不安だったのだけど、あまりバタバタしないということを自分の肝に銘じ…。

昼ごろmayuさんと新宿高島屋の鼎泰豊(台湾の小龍包の支店)で待ち合わせして、台湾にプチ・カムバック。かなり並んでましたけど、回転が良くてわりとすぐ入れました。美味しかった(でも台湾の庶民的なごっちゃりした雰囲気とは違いました)。

その後渋谷に向かい、一か所ワタシのリクエストで現代人形のミュージアム「マリアの心臓」に寄る。いま「幽霊展◆花魁、地獄太夫展」をやっていて、いろんな作家さんの人形や絵、昔の市松人形などが見られます。人形が嫌いな人にはホラーかもしれないけど、たまらない空間です。壁にマリリン・マンソンのサインがあります。

いよいよメインのイベント、渋谷O FLOORへ。

ドキドキですよ。みなさん初対面。台湾のライブで会ったぱたさんは多分来ているだろ〜、と思ったら、いた〜、よかったー。みなさんフレンドリーで迎えてくれて、良かったですーー。

PSBの曲を大音量でかけまくるという趣旨ゆえ、あまり込み入った話が出来る状況ではなかったのですが、それでもコミニュケーションして来ました。初めて聞く話もあり、興味津津。みなさん今までどこにいたのーーー?と思いましたよぉ。いや、きっと、ワタシよりも充実したファン交流を長くされていたことと思いますが。

中にはワタシのこのブログを知っていて見てくれている方もいたけど、mixi派の方はほかのコミニュティ、Twitterとかもあまりやらないみたいですねー。あと、みなさん割と1月のPSB来日(未決定)に、かなり懐疑的です。やっぱり日本のプロモーターがPSBとの関係をこじらせたからですが、Twitter派はかなり喜んじまったんですけどねぇ。どうなの、早く正式発表して下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

ミラーボール〜〜〜。

ともかく、大いにイベントは楽しませていただきました。なんか、最後、挨拶などもさせていただいちゃって、恥ずかしかったです(ずうずうしい外見なので、そうは見えないが)。オーガナイザーの方々、DJの方々、参加者の皆様、ありがとうございました。

PSBライブまでとはいかないまでも、かなりはしゃいでしまったけど、アドレナリン大量放出のせいか、さほど腰は痛くなりませんでした。でも「安静に」と言ってた治療院の先生には怒られるかも…先生は優しいので怒らずに悲しい顔をされるかな…。

あと、ブログを見て来て下さったエイプリルさんありがとうございました。軽く夕食をご一緒していただきました。ファン同士が語ると、一晩あっても足りません。ほんと、こういうひと時って、キツイ現実人生にとってすごく大切な栄養素です。

とても有意義な1日でした。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ