2010/8/6

Being Boring 20th anniversary  Pet Shop Boys

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:20 years of Being boring:
「Being boring」が20周年。

the guardian - Why Pet Shop Boys' Being Boring is the perfect pop song

Two decades ago, Pet Shop Boys released their opus to life, love and loss. For me, it's the greatest single of all time

なぜペット・ショップ・ボーイズの「Being Boring」は完璧なポップ・ソングなのか?

20年前、ペット・ショップ・ボーイズは 彼らの作品番号、人生、愛、喪失をリリースした。私にとって、オールタイムの最も偉大なシングルである。

クリックすると元のサイズで表示します

この年の後半…正確に言うと11月12日、史上で最もすばらしいシングル「Being Boring」がリリースされて、20周年を迎えた。

史上最も偉大なシングルで、君…泣いてる?頑張れ。そう、君は一人じゃない。 ニール・テナントでさえ、その名誉を知らされると、「この曲が発売されたとき、だれもそう思わなかった!」と認めた。 初めに、いくつかの事実を。「Being Boring」はPetsの5番目のアルバムで秋の傑作「Behaviour」からのセカンド・シングルだった。この曲は20位に失速したが、急速にファンのお気に入りになった(私にとっては、多くの他の15歳が郊外で立ち往生したように、商業上の成功の不足はその偉大さを強調した)。

もちろん、完璧なポップ・ソングを作ることは、まったく別のブログ(http://www.guardian.co.uk/music/2009/jan/28/music-perfect-pop-song-pulp)や、公式でさえも…2分52秒の歌詞/コーラス+感情を語ろう!と言う…私たちはまだ本質的には主観性に対処している。そう、私の議論は個人的なものだ。

やはり、あるファクターは明白だ。「Being Boring」はクラシックな短調でできていて、魂に刷り込まれたリピート演奏がそれを深くしている。テナントによっていくらか言及されている(1996年BBC Radio1ドキュメンタリーより):「僕たちはいつも、Stock Aitken Waterman方式でのコーラスのキー・チェンジに興味があった。たぶん、Being Boringの歌詞は、AマイナーかDマイナーで、たぶんコーラスはAフラットから入って半音上がる。いままでやったことがない方法だ。それは熟したやり方じゃなかった。実際、Stock Aitken Watermanに似た試みだった。」

興味をそそるのは、底辺のポップス(私たちが時々陰険なテナントを信じるつもりであるならば)をやる試みが、他の何かに形を変えるのに従って始まったということだ。 そして、このデリケートなバランスは、この使い捨て性と、歌の不老不死の一部を形成する完成度の間にある。

別の要素は自伝的な描写で、テナントは要約する。「最初の歌詞は全て、ニューカッスルの僕の友人(親友の一人、Chris Dowell)に関するものだ。それは、僕たちの望むものが何であるかを説明しているだけ。それから、2番の歌詞は、僕が工芸学校に行くためにロンドンに引っ越す。3番の歌詞は起こったことを振り返って、僕は自分がするべきことをしている。それで、彼は死んだ。つまり、かなりシンプルだ。」

しかし、テーマはそれには留まらない。1920年代から70年代、最終的には90年代へのパノラマ式にリリカルに流れ、Being Boringは本当にすべてに関している。無垢、経験、野心、自己実現(「僕はいつも自分が望んだものになれるとは/夢見ていなかった」)、愛、(AIDS関連)の喪失(「僕がキスした人たち/ある人はここにいるし、ある人はもういない」)、友情、郷愁、倦怠、それから、もちろん挑戦(「僕たちは、自分達に有利な判決を下す多くの時間があった」)。テナントの悲しげなヴォーカル・スタイルはペーソスが加わる。そしてそれは全ての魅力的なものや、作家ゼルダ・フィッツジェラルドの精神(1922年のエッセイ「Eulogy on the Flapper」で、「彼女は決して退屈な人物ではなかったので、退屈を拒否した」というイデオロギーの要点を歌に引用している)を入れている。

上品な中身のように、構造的には私の議論に何も加えることはないが、まだ好奇心をそそる要素が他にもある…妙に成功した(しかし、時に韻律不可能な)押韻の対句(「僕が駅から街を出るとき/ナップザックを持ってすこし不安があった」)や、洗練されたプロダクション。それは振り回されたハープ、ワウワウ・ギター、無気味に延長されたオープニング・ノート(それから”序章“が予想外の方向で起こる)。彼ら自身、ペット・ショップ・ボーイズが"退屈"だと認識してプレーするというタイトルのやんわりとした皮肉。そして、ブルース・ウェーバーによって監督された白黒のビデオ。、美しいもの…ヌード、プードル、白い馬、タップダンサー、絡まっているカップル、手書きの走り書きの"The song is about growing up ...(この歌は成長することについての歌…)"。

しかし、本当に最もすばらしいシングルか?我々は、ここで無形の何かを論じていないだろうか?まさしく。しかし、芸術が存在するならば、作家Annie Dillardが論じるように、「石を石だらけにする」ために、何がもっと石だらけであるのだろう?「Being Boring」は、私自身の十代のパーティー、学生時代、手探りの関係、酔っぱらった夜を通して、私にも通じている。夏には、それは薔薇色がかったノスタルジー、冬には、祝福の太陽の恵みである。Youtubeの何百ものコメントの1つはこう語っている。「この曲で踊ったのを覚えている。私は、自分が失ったすべての友人たちや恋人のことを考えて、目に涙が溢れた。そこで私の人生は過ぎ去り、そこで終わった」。要するに、別の歌で、これほど完璧に、生きる希望による経験のため息が起こせるだろうか?

*本当に素晴らしい曲です。80年代のPSBっぽくなくて、当時は「あれれ?どうしちゃったのPSB」的な迎えられ方だったけど、いまやこれがマスターピース。泣きポップの真髄。

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ