2010/8/5

ライブから1週間です  ライブ&ツアー

ライブから一週間ですよ。
早いような、遅いような。

海外は、いつも夢の中の出来事のようです。先週の今頃は、会場のほぼ最前列で、キュンキュンしながら開演を待っておりました。あの感覚って、他のどこにもないですね。リアル恋愛でも体験することできない感覚です。なんだろ…神が降臨するのを待っている?超常現象を待つに近い?言葉じゃ説明できないですよね。

ツアレポを読み返したら、ライブの内容がほとんど書いてなかったですね…。セットリストなど、Pandemonium DVD(2009年12月)とほとんど変わっていません(「My girl」と「Chistmas」はやっていませんが…)。ダンサーがシャルロット嬢からヘレナ嬢に変わりましたが、2人はとてもルックスが似ているので違和感はありませんでした。

あと、韓国ではやらなかった「The way it used to be」を台湾でやりましたが、これは台湾Petheadのインファが彼らにリクエストを出していて、それに応じてくれたみたいですよ。やったねインファ!

あと、ニールの「謝謝(シェイシェイ)」は、ヘンだったそうです。ニールは「なにぬねの=にゃにぃにゅにぇにょ」訛りになりますからね、何でも。

クリスのニヤニヤも多めでした。
いいコンサートでした!!

クリックすると元のサイズで表示します



あと、訂正です。

クリスが飛行機に乗ら(れ)なかった件、台湾の新聞では「エアバス330が小さい飛行機なので登場拒否した」の訳し間違いです、ごめんなさい。どっちにしろ不可解な理由です。多分、真相はそんな理由じゃないと思います。



お土産にするために買った「犁記餅店」のお菓子、美味しくて毎日つまんじゃっております。いわゆる、一口サイズの月餅やパイナップルケーキですが、ナメてました。かなりグレード高いです。甘いものがさほど好きではない私、スイーツにはけっこう厳しいのに、ここのお菓子にはノックアウトされました。

あまり日持ちがしないので、今週くらいまでに会った方にしかお土産として渡せないかな、と思いますが、一応冷凍保存してみました。それでも味が変わらないようなら、今月いっぱいくらいはお土産で配れるかな。

犁記餅店(台北ナビ)

一番美味しかったのは、「太陽餅」というもの。これは賞味期限3日だったので、もう食べちゃいました。「餅」はケーキの総称ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

外側はサクサクのあまり甘くないパイ生地、中身はモチモチのあん、でも和菓子のあんとはちょっと違います。

台湾菓子、日本で売っているところないかなぁ。月餅くらいはありそうですが…。売り切れで買えなかった「老婆餅」が食べたい!!
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ