2010/6/2

PSBつぶやき  Pet Shop Boys

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Yes, he gets it.
そう、彼はそれをゲットした。

Poptimist #29

by Tom Ewing, posted May 28, 2010

ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナントはポップ・スターになる前、ポップ評論家だった。そして、彼が00年代前半、バンドのCDリイシュー・シリーズのためのインタビューで自分自身のキャリアを振り返ってみた時、彼のその批判的な側面は、彼に続くポップ・ライターへ無料の贈り物を放出した。彼はグループの商業的ピーク、4曲のナンバーワン・ヒット、多くの賞を得、注目を浴びたコラボレーションをした80年代後半に関して話した。「このとき、僕たちはコンテンポラリー・ポップ・ミュージックの秘密を持ち、何が必要であるかを知っていたと感じた。僕たちは皇帝時代に入っていた。」

「僕たちの皇帝時代」…その概念はペット・ショップ・ボーイズ・ファンに流行した。それはありそうもないような事実を表現する皮肉法だ。バンドで最も研究された事は、イギリスでの誠意ある大きな活動、タブロイドに賛同を求め、自分たちを満足させるために休暇を取る。テナントのバンド仲間、クリス・ロウは、より簡潔に言葉を定義する。「ふつう、追随者がうしろで消え失せれば、好きなことができるってことさ!」

ペット・ショップ・ボーイズを愛しているからこそ、私はこの時期の彼らは好きではない。Lady Gagaの「Telephone」のビデオが出てから、私の頭にすぽっと入って、私が持っていたあらゆるフィルターをオーバーロードした。私のTumblrとTwitterの上のロック・ライターのネットワークはそれに関して話してた。でも、私の会社員たちのネットワークも同じだった。そして、まじめな新聞やエンターテインメントチャンネルもそうだった。すべてのおしゃべりが歌のビデオとセールスの視点に反映された。Gagaはこの瞬間を支配している。彼女はいま皇帝時代にいる。ポップ・クラブで私がDJをした時、Gagaをかけた時のようなリアクションを得られなかったのが明らかになった。私の仲間のDJは「ポップは次の'Bad Romance'にかかっている。他はプレイする価値なんてない」と言った。The Atlantic の熱い記事は、Lady Gagaがポップの終わりと称すると言いきった。「彼女のプロジェクションはそれぞれに、別エリアの可能性に横たわっている。」

今、誰もペット・ショップ・ボーイズについて何も言わない。イギリス国内でさえ。したがって「皇帝時代」という言葉は、"すでにみんなが見聞きしている"ことであり、私は過去に戻り、それを定義する方法に関して考えたほうがよい。コンセプトに関しては両刃である。世界を克服する闊歩や避けられない旧式化のミックスを持っている。私たちは皇帝に関して何を知っているだろうか?彼らは裸の状態で終わる…時代は必ず終わる。

あなたがそこにいるとしたら、皇帝時代を何と定義するだろうか。私は、短い住人だと思う。激しい精査が激しい機会に出会い、キャリアにおける瞬間に加速する。ペット・ショップ・ボーイズの最初の20枚のシングルは驚異的なヒットを飛ばす。多分すべて、私のお気に入りのポップ・ソングだ。彼らは豪勢で、悲しい自己考慮(「Being Boring」)からゲイ・ディスコの名役者(「Go West」)、 ひそかな喚起(「DJ Culture」)からこの上なく真っ直ぐな幸福(「Always on My Mind」)…。しかしテナントがそれを定義すると、その時代は、全体の4分の1、5枚のヒットシングルの長さでアルバムActuallyだけに治まる。そして明らかに皇帝時代は、大成功の期間と同時に起こる傾向があるが、バンドには非常に大きいヒットがその前にも後にもあった。その考えはすぐに、コマーシャルや創造のピーク、またはその両方について言及さえしない。私は、皇帝時代には3つのものが必要だと提案しよう。すなわち、command(命令)、permission(許可)、およびself-definition(自己定義)、である。

まず最初に、command(命令)。テナントが言ったように、ポップスの"秘密を持つ"という感覚がある。これはあなたがポップ・スターになるために持っていない何かである。それは、どんな種類の技術あるいは創造的スポーツの努力でも入ることができるゾーン、熱心によく働く幸福な感覚、あるいは試みるものを持っていることで、あなたが希望する社会で鳴り響く。したがって皇帝時代は、しばしば突破口で始まる、ゲームが始まるアクション…シングルやビデオがこのcommand(命令)を実証する。例えばBlurの「Girls & Boys」。私は、その予期しない出しゃばりによって閉口させられたことを覚えている。その音楽に満足しているように見えたこのバンドが、かつてはポップに関して急にもの欲しげに事項をとらえることに似ていた。

しかし皇帝時代には、それ自身における命令は十分ではない。さらに私が許可と呼んでいるものを必要とする。作品に向かう公益、興奮、および好みのレベル。これは最後に最も重要である。多くの人は、ポップ・ミュージックはとりわけ良くもなく、またたいした価値もなく、人気のあるパフォーマーは皮肉屋かあやつり人形であると考える。スターたちはこのバリアを通り抜けなければならない。彼らは皇帝になる一種の許可を必要とする。特にブリトニーに夢中の人々は、彼女の堕ちた期間、Lady Gagaに夢中になった。しかし重大な違いがあった。ブリトニーがやったわずかな芸術的なこと(彼女の音楽とビデオ)が、いいかどうかなんて気にかけているようには思えなかった。それは物語を操作したのではなかった。Gagaがこの許可をつかんだとき、彼女の皇帝時代は始まった。話題は尽きることはなく、彼女がズボンをはいているかどうかとか、男性器があるんではないかとか、彼女が不可避的な行動をし始めたとか。その都度挽回し、彼女はさらに続いて魅了させなければならない意志がある。もちろん多くの皇帝時代は傲慢に終わる。

皇帝時代の最終的なものは、残りのキャリアのために行為を定義するということである。Actuallyはペット・ショップ・ボーイズの最高のアルバムではないが、彼らが新しい素材をリリースする場合は常に、そのレコードのハイ・エナジーや自意識の強いダンス・ポップと比較されている感覚がある。皮肉なシンセポップはバンドが「やった」ことになった。いつまでもBlurのイギリスでのイメージがまさしく「Parklife」を作った過激なブリットポップの性格俳優であったように。皇帝時代はキャリアを支えるが、また凍結もさせる。以前の栄光の帝国衰退と思い出は頑固に残る。

しかし、皇帝時代は一般に適切な概念とは言えない。それは少なくとも私は正しいとは思えない。シングルからインディーズ・ロックのようなアルバム主導のスタイルになって、シングルやビデオから皇帝時代の強さはなくなっている。そこでは、LPリリースと年末投票のサイクルが、より長い。多くのポップ・アクトは1年維持し続けるくらい大きくならないので、他の人は彼らを見る機会を逃してしまう。彼らを見つける概念の楽しみの一部がある。だれが00年代のナンバー1だろうか。Missy Elliott ("Get Ur Freak On"から"Work It"まで), 多分Outkast、Eminem、イギリスではGirls Aloudだろうか。Timberlake? Timbaland? Kanye West…それから誰?

それから、フレームワークの暗黙の時間にヒットさせるスターがいる。単にあなたの時間(ピークの短いウィンドウ)を定義する1つのチャンスを得る。The BeatlesやBowieやJames Brownはその考えには当てはまらいほど偉大だ。プリンスには、今までで最も長い皇帝時代があったかもしれない。マドンナは少なくとも2回…もしかすると3回楽しんでいた…一定水準の名声では、アイデアは力に負ける。しかしポップの毎日の騒ぎの中ではそれは魅力的な概念である。あなたがスターの事を突然考えるのを止めることができなくなる方法だ。

ニール・テナントは、いつペット・ショップ・ボーイズの皇帝時代が終わったかを知っていた。グループは体裁よくパフォーマンスされたフリースタイルな内向的な人の態度の「Domino Dancing」とともにリターンした。彼らのベスト・アルバムはいまだ売れ続けている。彼が昨年インタビューで言ったように「興味深いことは、あなたが後でやること」。「Domino Dancing」は憂鬱なぜいたくの中で再創造した12"ミックスのIntrospectiveに収録されている。そして、1990年代のBehaviourはバンドの2番目の明声を確立した。反射し、歪み、個人的で、明白に成長する…そして彼らのキャリアの残りのためにそれらをセット・アップする。彼らの最も最近のリリース(2009年のクリスマスEP)では、彼らはColdplayの「Viva La Vida」(皇帝時代が終わった後に何が起こるかに関する歌)をカバーした。「1分間、私はキーを握っていた」と、テナントははっきりした、薄いイギリス的な声で歌った。「そして、壁は私で閉じられた」と。 カバーのバッキングトラックは、まぎれもなく「Domino Dancing」だ。


4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ