2010/5/21

いただきもの(エシレ)  美味しいもの

教室生徒のKさんが、昨日、東京丸の内の「エシレ・メゾン・デュ・ブール」に行ったという事で、お土産をいただきました。

「エシレ・メゾン・デュ・ブール」は、何度かこのブログでも取り上げていますが、フランスの最高級バター「エシレ(Echire)」を使ったパン&お菓子の専門店です。本国フランスにもこういう専門店はなく、東京の丸の内にあるお店が世界で唯一の専門店なのです。

「エシレ・メゾン・デュ・ブール」、行列必至だと聴いてはいたのですが、先日TVで放送されたこともあって、また一段と行列はすごかったようです。

Sさんは開店まもなくに行ったにもかかわらず、すでに1時間待ちの行列!バターケーキの「ガトー・エシレ・ナチュール」が食べたいな♪なんて、先日ちょっとだけリクエストしたのですが、速攻完売してしまったようです。

でも、ゲットできたものをいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クロワッサン。通常の「トラディシォン」は売り切れ、写真のものは「50%ブール」という、真ん中にさらにエシレバター(有塩/食塩不使用)を芯にして巻いて焼いた、すごく贅沢なクロワッサン。各399円です。

オーブンで軽く温めていただきました。中にソースのようにバターが入っていて、じゅわ〜と来ます。エシレに限らず、バターは焼いたほうが風味が立ちますね。美味しい〜〜!

(もうカロリーが高いとか、いまはそういうこと考えないようにします…)

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはマドレーヌとフィナンシェ。紙バックはエシレのシンボルカラーのブルーなんですが、このトレードマークをモチーフにした布製のトートバックも、ネットショップではいつも品切れです。

日本は長引く不況で、高級なものは売れなくなっていますが、ふだんの生活を締めるかわりに、ご褒美のようにそれほど高価ではなく高級気分を味わえるもの(デパ地下とかも)は、根強いんですね。

私のように、ビンボーなくせに変なこだわりのあるアラフォー(バブルの残党)には、こういう傾向が大きいのでしょうね!エシレなんれ知らなくったって、生きては行けるのですが、知っているとひとつ幸福のタネを見つけたような気がします。

パンやお菓子は丸の内でしか買えませんが、エシレ・バターは高級スーパーやデパ地下で購入可能です。バターを買って、パンにつけて食べるだけでも絶品です。

クリックすると元のサイズで表示します

*エシレバターで(わたしが)作ったバター・クロワッサンとチョコ・クロワッサン、まだ残っています(ホイロ前の冷凍状態です)。焼き立てでお渡しできるので、アトリエにいらっしゃる皆様、是非リクエストして下さい。ハーフサイズですが、各120円です。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ