2010/4/28

パッツィ・ケンジット  音楽(洋楽)

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Happy Days...


"The Pet Shop Boys wanted to do a whole album with me"

Pinkpaper(ゲイ・カルチャー・サイト)に、元エイス・ワンダーのパッツィ・ケンジットのインタビューが。PSBの事について少々。

「ペット・ショップ・ボーイズは私たちとアルバム1枚全部をやりたがっていた」

*ギャー! 本物の80年代のポップのお宝、Eighth Wonderが発掘されて、Fearlessが再リリースされた!リードシンガーのパッツィ・ケンジットよ…

2010年4月27日

―Eighth Wonderとともにあなたのアルバム、Fearlessはついに再リリースされました。音楽へ復帰する気にはなりましたか?

昔のことね。明らかに、もちろんG-A-Y(ロンドンのゲイ・クラブ)に行くのはハッピーだったわ。でも…彼らがやっていたことは、変わった事だった。私は、彼らがどんなCDにも興味を持つだろうって事を確信してないの(ジャケットを見て笑う)。私がそこで着ているのは、デヴィッド・ボウイのコートよ。ボウイはそれをずっと着続けていた。Stephen Sprouseのコートだったわ。私はニューヨークで彼に会って、Stephen Sprouseがそれを私にくれたの。なんてことかしら、私たちはとても若かったのね。私たちがロンドンでこの写真を撮った時、屋根の上はどこも凍り付くほど寒かったわ。

―実際、このアルバムの中でペット・ショップ・ボーイズと一緒に仕事しましたね。

1曲、「I'm Not Scared」だけね。

―あなたはこの曲のニール・テナントのバージョンを聞きましたか?

ええ。彼らのバージョンも聞いたわ。でも、いま考えれば、私は思っているの…彼らは、私のプロジェクトとアルバム1枚全部をやりたがっていた。バンドと一緒じゃなく。グループには私の兄がいて、私はジェイミー(兄)に実質的に任せていたから、1トラックしかできなかった。彼らはU2の「Where The Streets Have No Name」をやりたがっていた...。振り返ると、それはすばらしかっただろうと思うわ。彼らはアートワークのすべての意見を持っていた。私は2つの間で板挟みだった。そして、グループに忠誠を尽くさなくてはならないの、と彼らに言った。ニールとクリスは私の良い友人よ。憎しみは全くなかったの。でも、後から思えば、私が行って、彼らにアルバムをやってもらえばよかったと思う。すばらしかったでしょうね。

―まだ戻ってできますよ!

遅過ぎると思うわ(笑)!去年のBritsでは、彼らのショーで閉幕したでしょう?彼らは素晴らしかったわ。彼らはファンタスティックで、なんて偉大なバンドかしら。

―もっとも、彼らが女性シンガーと共にやったアルバムは、驚くべきものでした。 ライザの「Results」…

ええ!ダスティ・スプリングフィールド…

―彼らは女性とコラボレーションのアルバムをやるべきです。

彼らはすごく賢いグループだと思うわ。

―「I'm Not Scared」をフル・フランス語バージョンでやるというアイデアは彼らのものなんですか?

ええ、それは完全に彼らの考えね。私たちはだれかに全部を翻訳させて、それから私は座って音声に合うようにそれを仕上げた。それは本当にスクールガールのフランス語だったの。私は流暢に言語を話せない。それは彼らのアイデアだった。それをB面にして、彼らは"フランス語でやったらどうだい?"と言ったのよ。




3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ