2009/10/11

昭和歌謡シリーズ:完結  Pet Shop Boys

NYのM&Gだのなんだの浮かれていて、PSBのアルバムの昭和歌謡シリーズ化をすっかり忘れていました。

「Nightlife」までやったと思いますので、続きを…。

8th「Release」

「Home and dry」
「I get along」
「Birthday boy」
「London」
「E-mail」
「The samurai in autumn」
「Love is catastrophe」
「Here」
「The night I fell in love」
「You choose」

8thアルバム「まったリズム」

1.「おうちでまったり」
2.「別れても好きなのさ」
3.「僕の2度目の誕生日」
4.「ロンドン・セレナーデ」
5.「メッセージはア・イ・シ・テ・ル」
6.「秋風ジャポニズム」
7.「愛は全てを奪う程に」
8.「ここに戻っておいで」
9.「一夜月の恋」
10.「失恋カプチーノ」

9th「Fundamental」

「Phychological」
「The Sodom and Gomorrah show」
「I made my excuse and left」
「Minimal」
「Nubm」
「God willing」
「Luna park」
「I’m with stupid」
「Casanova in Hell」
「Twentieth century」
「Indefinite leave to remain」
「Integral」

9thアルバム「ダンスフロアの花たち」

1.「恋のお化け屋敷」
2.「ようこそ、禁断の園へ!」
3.「シ・ュ・ラ・バ」
4.「内なる宇宙へ」
5.「沈黙する薔薇」
6.「神の名前」
7.「夜の遊園地」
8.「グッバイ、Mr.ライト」
9.「愛欲のカサノヴァ」
10.「20世紀は終わった」
11.「愛の証が欲しい」
12.「権力なんていらない」

10th「Yes」

「Love etc.」
「All over the world」
「Beautiful People」
「Did you see me coming?」
「Vulnerable」
「More Than a Dream」
「Building a Wall」
「King of Rome」
「Pandemonium」
「The Way It Used to Be」
「Legacy」

10thアルバム「好きだよ!」

1.「愛ってナンダ?」
2.「世界中に愛の歌を」
3.「綺麗になりたい」
4.「バレちゃった、君に恋してる」
5.「男ごころ」
6.「夢で世界を変えろ」
7.「二人の間の壁」
8.「時を超えた愛」
9.「ラブ・パニック!」
10.「さよならが言えない」
11.「伝説の国」


3枚のアルバムは、すでにもう21世紀に入ってますから、昭和色が薄いですね。
2

2009/10/11

R.I.P. Stephen Gately  音楽(洋楽)

Boyzone star Stephen Gately dies

アイルランドのボーイズ・グループ、元BoyzoneのStephen Gately(スティーヴン・ゲイトリー)が、昨日、滞在先のマヨルカ島で突然亡くなりました。まだ33歳でした。

今のところ、原因は不明だそうです。
びっくりしました…今年は何だか、特に音楽界での訃報が多いです。

Boyzoneはボーイズ・バンド全盛の90年代にアイルランドで結成されたアイドル・グループです。アイドルといっても欧米では歌やダンスがメチャクチャ上手くないと成功しないので、彼らはTake thatとともにUKでは最も成功したボーイズ・グループと言っていいでしょう。

スティーヴンは(全盛期ではないものの)99年にゲイであることをカミングアウト(当時オランダのボーイズ・バンドCaught in the ActのEloy de Jongとの交際を明かしました)、2005年には同性市民パートナー法で現在のパートナーAndrew Cowlesと"結婚"しました。

言わゆる"アイドル"でカミング・アウトしたのはメジャーでは彼が初めてではないでしょうか。その後のアイドルや若いポップ・スター達のカミング・アウトの背中を押したのは彼だったと思います。

彼の死のニュースが誤報だったら、と思います…。
ご冥福をお祈りします。

クリックすると元のサイズで表示します

ニール、アンドリュー&スティーヴン(2003年)

Boyzoneは2008年に再結成されて1枚アルバムを出し、現在また休止しているようですが、スティーヴンのいる最後のシングルとなった「Better」(2008年)をご覧ください。

それぞれのメンバーが、恋人役の女性に語りかけるように歌っていますが、スティーヴンだけは恋人役が男性です。

こういうのって、すごく画期的だったと思うんですよね…。
すごくいい曲です。



貼り付けできないオフィシャルPV↓

http://www.youtube.com/watch?v=mhDC6k7dx00
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ