2009/9/30

マーガレット通信vol.80  Pet Shop Boys

マーガレット通信vol.80

更新しました。
先月の続き、「The Word」の訳です。

あ〜、もう80号なんだ〜。早いなぁ!

全部読んだ、なんていう律儀な方はいらっしゃるのかしら…。
最初の方は感情優先で、ちょっと恥ずかしいです…。

クリックすると元のサイズで表示します

2

2009/9/30

つぶやき  Pet Shop Boys

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:It's gonna be a box-fresh show tonight.
今夜(モンテレー)のショーに出す、出来たての箱。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:We did a press conference yesterday.
昨日、記者会見をした。

El Porvenir - Regresa Pet Shop Boys más espectacular

スペイン語のサイトかぁ…。
可能なら訳しますが…。

クリックすると元のサイズで表示します

何気に同じポーズ。ただ、腕の組み方が逆。

ここで腕の組み方による右脳/左脳の使い方の違い。

★ニール(右腕が上にくる人)は、情報のアウトプット(表現)は「左脳=客観タイプ」で行っていることが多い。

★クリス(左腕が上にくる人)は、情報のアウトプット(表現)は「右脳=直観タイプ」で行っていることが多い。

さらに指の組み方と合わせると、4通りの脳パターンがわかるそうですが、2人の場合、指の組み方はどうなのでしょうね。


追記:膨大なPSBの写真から、手のひらの組み方も判明。

★ニール…指の組み方は左脳、腕の組み方は左脳…

『論理力に優れた、賢く頼れる存在の先輩タイプ』
論理的にとらえて論理的に伝えるので、本人もまわりのひとも、ものごとを的確に理解できる!ただし、堅い感じがしないでもないが。。。 左脳左脳の人はイメージや感覚・感情を研ぎ澄ましてみるとよいでしょう。

★クリス…指の組み方は左脳、腕の組み方は右脳…

『論理でとらえて感覚で表現する両刀使い、おちゃめタイプ』
論理的にとらえて感覚で伝えるので、本人は的確に理解できていることでも人には理解してもらいにくいかも。。。 でもいったん理解したことが右脳によって表現する際に天才的な発明にいたることもあったりして!? 頭の中では分かっているのになかなか人に伝わらないというあなた、ひょっとしてこのタイプではないでしょうか。。。

(ちなみにワタシはクリスと同じ!)
4

2009/9/30

怒れるPSBファンの件  Pet Shop Boys

ドイツのAmazonの「Beautiful People」(ドイツでのみシングル・リリース)のレビューに、イギリスのPSBファンのお怒りレビュー。面白い(失礼!)ので訳してみました。この人は、去年変わったマネージメントへの怒りをぶちまけています。そんなに言う程ヒドくはないと思うけど、まあ感じ方は色々ってことで。真っ直ぐなファンなんですよね?

PSBの2009年は、酷いマネージメントだ 
2009年9月22日・By Gabby (UK)

この現実は、私がペット・ショップ・ボーイズの「Yes」時代に閉鎖性をもたらすだろうという失望感を持った。この歌(「Beautiful People」)は非常に平凡だ。たくさん良いトラックがあるのに。他のトラックはどの国でも、もっと成功できるシングルになるような良い曲なのに。

私見では、PSBは今年、マネージメント不良に苦しめられた。(彼らは新しいマネージメント下にいるのだが、私が彼らであれば、いますぐ契約解除をしているだろうに!)。シングル・リリースにおけるお粗末な決定、彼らのウェブサイトのエラー、iTuneのエラー、「Yes」の限定版のブックレットの乱丁…。それは完全に修羅場だ。

「Did You See Me Coming?」はシングルとしてリリースされるべきじゃなかった。彼らのアメリカ・ツアーの宣伝ポスター・コンペは雑な混乱だった。加えてツアーの開催地が変更され、トロントのV-Festのパートはお粗末な選択だった。それから、ついに「Beautiful People」をドイツのみでリリースすると言う。きちんとしたB面をちゃんと作る気力がなく、薄っぺらいトラックだ。

2009年はペット・ショップ・ボーイズにとって意味のある年だ。Britsの功労賞を得て、とても多くの宣伝や露出だったが、それが何もなっていない。興味を引いたにもかかわらず、アルバムは期待はずれだった。彼らがした事はいまのところ、期待を満たしていない。

私は真剣なでコアなPSBファンだ。このレビューを書かなければならないことに、とても失望している。私は彼らがやることはとても好きだが、彼らはより良いマネージメントを必要としている。時々彼ら自身を再発見するべきだ。さもなければ、彼らはこれ以上EMIとの契約を続けるべきではない!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ