2009/9/29

地獄のファン道  どうでもいいこと

もしも天地がひっくり返って、ニールとクリスがストレートかバイセクシャルで、女性と恋愛する可能性があったとしても、ワタシは彼らの恋愛対象には入らない。

なぜなら、ワタシは“ファン”(Pethead)という存在だから。

ペット・ショップ・ボーイズは、ニール・テナント(ヴォーカル担当)とクリス・ロウ(キーボード担当)とワタクシ/オレ(ファン担当)というユニットである。

“あなたのファンなんですぅ〜〜”
と、道端で出くわした旅番組のレポーターに声をかけられるなら、それは“ファン”ではないだろう。真の”ファン”は、“忍び”であり、「ファンなんですぅ」などとは口が裂けても言わないものだ。何も言わずライブの最前列でとり憑かれたように踊っているものなのだ。

先日、ある舞台俳優さんの深いファンであるYさんと、“ファンたるもの”について話していたが、横で聞いていた別の人には、“ファンであること”の奥深さ(または罪深さ)が、まったく理解できなかったと言う。それほど“ファン”の意味は広義で、いくら考えてみても、論議してみても、まったく正体が見えない。

“ファン”という言葉を軽々しく使ってはいかんと思うのだが。
ミュージシャンのファン(広義)の進化形を考えてみました。

続きを読む
4

2009/9/29

つぶやき  Pet Shop Boys

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:We're in Mexico. Thanks to everyone who came to see us in Canada and the USA. We had a great time. See you again soon. x
メキシコにいる。カナダとUSAで会いに来てくれたみんな、ありがとう。すごく楽しかったよ。またすぐ会おうね。キス。

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Nothing like ants eggs for dinner!
ディナーにアリの卵みたいなものしかない!

クリックすると元のサイズで表示します

*マジでこれ何?オートミール?お粥?まさかホントにアリの卵じゃ…。

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboys:Buenas noches.
オヤスミー(スペイン語)。

クリックすると元のサイズで表示します

*オヤスミー。良い夢見てねxxx



今月号の音楽雑誌TONE(ミュージックマイン社)が面白かったよ。

クリックすると元のサイズで表示します

TONE11月号絶賛発売中!!今回の特集は"ロック・イケメンの歴史”!(9/26)

UKの"イケメン・ミュージシャン達"を、70's,80's,90's,00'sと4つの年代、4人の写真家によるミュージシャンたちの秘蔵写真でグラビア風に編成されています。

ワタシのツボ=80'sは、Tom Sheehanが撮っています。80年代はホントにいいよなぁ。

以下のリンクのHPでも見れます。

Tom Sheehan

(残念ながらPSBの写真は特集には入っていなかったです…まあ、彼らは80年代はマシンのような存在だったからね。でもメープルソープは死の数ヶ月前に彼らを撮っているよ。)

雑誌の中で、80年代のジョニー・マー兄貴がアイドルのようにかわいかった…(かなり珍しい写真らしい)。もちろん現在も活動中の写真家なので、80年代から現在まで、様々なミュージシャンが被写体です。一見の価値ありですよ。

ルーファスたん。

クリックすると元のサイズで表示します

ルーファスたんのライブDVD「Milwaukee at last!」すごくいい!でも日本語字幕でルーファスたんの台詞、オネエ言葉…。おネエ言葉ではないと思うぞ!

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ