2009/9/13

レビュー訳  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys concert at House of Blues beautifully combines music, visuals

ずっと、ポップ・ミュージックがキャムプな楽しみで満たされていた頃、ペット・ショップ・ボーイズは80年代を呼び起こし、リスナーはパラシュート・パンツをはいていた。

しかし、ボーイズ(Britsのニール・テナントとクリス・ロウ)は、以来ずっと、一貫して音楽を演奏している。彼らの現在のPandemoniumツアーは、デュオの10番目のアルバム「Yes」をサポートし、金曜日の夜、ダウンタウン・ディズニーのハウス・オブ・ブルースにやって来た。

PSBのショーからは、いつも予想されたものがいくつかある。ロウは彼のシンセサイザーの後ろで静かに、野球帽とサングラスに包まれたまま。 テナントは、それほど話好きではないけど、音楽に対して直角的な強調を残すだろう。

そして、多少のサプライズがあった…ロウはダンス・ナンバーのために彼のキーボードから離れた!…デュオは立ち位置にほぼ忠実な位置でステイしていた。

それは良い事だ。

ダンス・ミュージックの最もよく知られているアクトから予想するように、通常、PSBはハイ・エナジーのショーを行う。彼らは金曜日を失望させなかった。洗練された「Hear」でのオープニング、さらにショーは「Always on My Mind」や「New York City Boy」の演奏で群衆のピッチを上げた。

聴衆の喉(通常コンサートの常連は、皆が知っている良い歌から始めることを願っている)に、新しい歌へ突入するアクトと異なり、ペット・ショップ・ボーイズは器用に彼らの新しいトラックをクラシックの中に混ぜた。

もちろん、彼らがシングルにそのような深いカタログを持っているのは、助けになっている。

例えば、現在のアルバムからの「The Way It Used to Be」の後に、古いお気に入りの「Jealousy」をデュオは入れてきた。

時々「Pandemonium」をクラシックの「Can You Forgive Her?」にミックスするように、新しい曲と古い曲をつなぎ目のないメドレーのようにした。

新しいナンバー1ダンス・ヒット「Love Etc.」からの最も良い歌詞は「You don't have to be beautiful ... but it helps」というところで成功している。

アンコールのために取り置かれたのは、ファンの好きな「Being Boring」と、ボーイズの最大のヒット「West End Girls」だ。

音は時に、少なくとも人でいっぱいのHOBのフロアの前方に向かって少し濁っていた。シンセサイザーがスピーカーを通して破裂している状態だった。

しかし、ヴィジュアルは明らかに、舞台の上できわめて明瞭だった。色、動き、照明は音楽を高めたシアトリカルな瞬間を形成した。

2人のドラマチックなダンサー兼シンガーがパラノイアな歌詞による「Jealousy」の終わりで特に効果的な動きをショーに与えた。「Where've you been? Who've you seen? You didn't phone when you said you would」の場面だ。男性と女性のダンサーは内なる怒りに釘付けになるようなシーンで、お互いに向かって猛然とぶつかり、ものを投げ、組み技をし、彼女が彼の背中までジャンプして、彼が彼女をバレエのようにリフトした。

ショーのオープニングでは、テナントとロウは頭にカラー・ボックスをかぶった2人の両性具有的な姿でステージ上に加わった。彼らの姿は箱の中に閉じ込められている。

より大きい、白い荷造り用の箱はステージの後部で積み重ねられている。ショーの間中、それらは、ひっくり返って、再配列され、階段や都市の地平線を形成している。

そして、ビデオ映像は、さらに箱頭の人々が過当競争するのを映し出す。

それはすべて、何か深いものを象徴していたのだろうか? 私たちの匿名の薄情さ?私たちの存在?また、それはクールに見えただろうか?

言いにくいが、ペット・ショップ・ボーイズの歌は、しばしば個人主義や服従に対する嘲笑に対して攻撃をする。2つの人間性を奪われた姿が、ショーの後半、彼女ら(ダンサー)が箱を破って登場した時、それは爽快な瞬間だった。

興奮を伴った「Suburbia」が背景で轟き、それは自由を感じる美しい瞬間だった。

by Matthew J. Palm (9月11日)

クリックすると元のサイズで表示します

写真が2年前のだよ〜〜(良い写真だけど)。
2

2009/9/13

つぶやき  Pet Shop Boys

Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboy:Orlando review.
オーランドのレビュー。

Pet Shop Boys concert at House of Blues beautifully combines music, visuals

*訳しました。次のエントリを見てね。

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboy:Good fan review site
いいファン・レビューのサイトだね。

Fan Reviews for Pet Shop Boys

*チケットマスターのコメント欄(チケットマスターでチケ買うと、イベント後に「レビュー書いて」と自動メールが来ます)。こんなところまでチェック、意外と細かい。

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboy:On stage at 9.15 tonight. People are picnicing out there. Meanwhile we're nit-picking in here. Actually, these are very posh dressing-rooms.
今夜は9:15からオンステージ(遅!)。みんな外でピクニックしている。その間、僕らはここであら探しをしている。実際は、ここはすごく上品なドレス・ルームだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますpetshopboy:We've just had a meeting about improving the show for the December arena tour.
いま、12月のアリーナ・ツアーのショーの改善点についてのミーティングを終えたところ。

↓これはピート・グレダルが撮った開演前の会場の様子。ピクニック!バーベキュー?

クリックすると元のサイズで表示します



2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ