2009/5/27

OUT magazine  Pet Shop Boys

よ〜やくアメリカのメジャーゲイ雑誌OUT・6月号が発売されたよ。

表紙はもちろんPSB。
新宿タワレコのブックショップなどで入手可能です。
手に入れないと〜〜!

OUT

クリックすると元のサイズで表示します

相変わらずクリスの衣装(かぶりもの)がキャムプ〜〜!

クリスは、ゲイ・メディアに出てゲイ・ピープルから神と崇められたりチヤホヤされるのは、別にいいんだよね?いいんだよね?

「OUT」という文字がクリスに重く圧し掛かっているみたいなんですけど。

新宿タワレコって言えば、この前行った時、エレベーターの中でゲイ・カップルと遭遇したんですけど、イチャベタ&チュー始めたんで、昼間からちょっと気まずかったぞ…。あたしゃ石ころか。
2

2009/5/27

Neil Tennant opens his diary(3)  Pet Shop Boys

Spectatorに執筆したニールの日記、最後。

Spectator

Neil Tennant opens his diary(3)

私たちは4月に新しいアルバム「YES」をリリースした。中国では、それをリリース予定だが、最初に対処する検閲の問題があった。 EMI グローバル・マーケティングは私たちにメールして来た。”トラック「Legacy」は軍部の許可と出版検閲に失敗した!このトラック抜きでYESをリリースしてよろしいだろうか?“

いや、よくない。 私たちは「Legacy」を非常に誇りに思っている。それは、アルバムの最終トラックで、若いカナダ人の作曲家Owen Pallettによる美しいオーケストラのアレンジメントがある。私たちはEMIに尋ねた。問題は何なのか?と。

”中国は以下の点に問題がある。「政府は崩壊し/氷河は溶融する/ハリケーンは吼え…憤りは残る/東にも西にも/警察は予想する/逮捕を/彼らは軍に反撃し/北では/ヨーク・ミンスターから/フォース湾に/巡礼の旅/信じることができようか/そんな人間の表情を…」“

アルバムは今、ラストに「Legacy」を収録してリリースされる予定だ。ただしインストゥメンタルだ。「政府は崩壊し…」は、中国政府が本当に歌の力が変革を起こすと恐れているのだろうか?

2003年に私たちは、エイゼンシュタインのフィルム「戦艦ポチョムキン」のために新しいサウンドトラックを書いて、無料コンサートとしてトラファルガー広場でフィルムと音楽をパフォーマンスするようにICAに頼まれた。
私たちはエレクトロニック・ミュージックとストリングの組み合わせのため、サウンドトラックを書いた。

「Spectator」で、私は若いドイツ人の作曲家Torsten Raschによる新しい連作歌曲集のレビューを読んだ。それはロックバンドのRammsteinの音楽をベースにした「 Mein Herz Brennt」というものだった。

私は、CDを買って、それが本当にとてもパワフルでオリジナルの仕事であるとわかった。

…乱暴で、穏やかで、不調和でロマンチックなのだ。 私たちは、ポチョムキンのためのストリング・アレンジメントを書くように、Torsten Raschに頼んだ。そして彼は素晴らしい仕事をした。

私たちは現在まで、3つの異なったオーケストラと共に、イギリスでフィルムと音楽を3回パフォーマンスした。「Mein Herz Brennt」はここでまだパフォーマンスしていないが。

しかしながら、ついにその仕事がイギリスでの初演を迎えた。 5月31日、日曜日、ドイツ人のオペラ歌手 René Papeが所属するロンドン・フィルハーモニー管弦楽団だ。 Papeはロイヤル・フェスティバル・ホールでパフォーマンスするだろう。

Robin Hollowayは彼のオリジナルのレビューにこれを書いた。…”この並はずれた仕事は、私の心をかき乱し、私が数年間遭遇したどんな新しい音楽よりも興奮させられた。”

UK Station of the Year Awardの、今年のSony Radio Awardsにおいて、BBCラジオ3は「疑問を呈することの微妙な組合せによる特別に魅力的な力強いスケジュール、 そして完璧にエンターテイメント化された方法で発表されたアクセスできる素材」だった。

私のほとんどの日々は、Rob Cowan(the John Peel of classical music)と彼の朝食ショーと共に始まり、折衷主義のLate Junctionで終わる。

1970年代以来、ラジオ局は私のためのインスピレーションと音楽教育だ。

彼らは「Mein Hertz Brennt」の放送を計画中だろうか。


Neil Tennant is the singer of Pet Shop Boys.

クリックすると元のサイズで表示します

*いいですね〜〜。訳していて、幸せ感じるもん。
毎月「Spectator」に連載してはもらえないでしょうか…。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ