2009/5/24

さらにQ&A続き  Pet Shop Boys

先日公式HPにも掲載のお知らせがあったアメリカの雑誌「OUT」のウェブ・インタビューを訳しました。
ゲイ・メディアのインタビューなので、ちょっと知られざる私生活に突っ込んでいるかも。内容は…

アメリカでの成功と評価、宗教、ラブライフ、同性結婚、ニールの両親の死、ファンにフられたクリス…

もうちょっと校正して、近々、マーガレット通信にのっけます。ちょっと待っててね。

今日は、ファンクラブ会報誌のQ&Aの続き。


Q:ニール、神様を信じる?(クリスはこの問題について明確な答えを出しているよね)(メイ/アイルランド)

A:
ニール:僕は、神様についてどう思うか、本当にわからないんだ。

クリス:僕の場合は神についてじゃなくて、実際、宗教についての質問だった。

ニール:もし神様がいたら、と、いつも思ってきた。旧約聖書の中では、神はある意味、組織的宗教では幸せになれない。神は本当に、イスラム、ローマ・カトリック教会を悩ませてきた。多分、ユダヤ教でも。神は現実の問題であり続けるだろう。それは全く正しい。もし神が存在したら、本当に申し訳ないと感じるのは可能だ。ツイン・タワー計画で神の名前が使用されたからね。グアンタナモ米軍基地でも神の名が使われた。たくさんの暴力の正当化に、その名が使われた。



*厳格なクリスチャンとして育って、かつゲイという、矛盾した宗教経歴を持つニールにとって、宗教や神様の質問はたしかに”あざとい”よね。

以前あった、こんな質問と回答がシンプルですごく面白かった。

Q:「神様はあなたをお赦しになると思う?」

A:ニール「Yes。神様はバイセクシャルだから。」

いいね。
アタシもユルス。むしろユルしまくり。


クリックすると元のサイズで表示します

舐めるとウマい…っつーかエロい。
3

2009/5/24

公式HP&つぶやき  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

Pre-order the new single
Record Store have a great offer.

「Did you see me coming? 」は「YES」からのセカンド・シングルとして6月1日リリースされる。現在プレオーダーできる3種類のフォーマットは6ポンド、プレオーダーできない2枚のCDと12インチ・アナログ・ヴァージョンもある。
CD1は新しいB面曲「After the event」が入っている。CD2は「Did you see me coming? 」のPSBの"Possibly more"ミックス、新しい2曲「The former enfant terrible」と「Up and down」が入っている。12インチ・アナログは数量限定で、「Did you see me coming? 」の”Possibly more”ミックス、Unicorn Kidミックス、Richard Xによる「The way it used to be」の素晴らしいミックスが入っている。すべて6ポンド!このオファーは以下のRecord Storeのリンクでのみ入手可能。

CD One
1. Did you see me coming?
2. After the event

CD Two
1. Did you see me coming? (PSB Possibly more mix)
2. The former enfant terrible
3. Up and down

EXCLUSIVE 12-INCH VINYL
Side A
1. Did you see me coming? (PSB Possibly more mix)
2. Did you see me coming? (Unicorn Kid mix)
Side B
1. The way it used to be (Richard X mix)

また、シングルのデジタル・バンドルも現在、iTunesでプレオーダー可能。 以下のニュース項目を。

Record Store


Twitter PSB

クリックすると元のサイズで表示します
petshopboys:The monument in Munich in memory of the students who led the White Rose resistance movement to the Nazis.
ミュンヘンの、ナチスへホワイト・ローズ・レジスタンスを導いた学生たちのメモリー記念碑。

クリックすると元のサイズで表示します

*白いバラ(Die Weiße Rose)は第二次世界大戦中のドイツにおいて行われた非暴力主義の反ナチス運動。ミュンヘンの大学生であったメンバーは1942年から1943年にかけて6冊のリーフレットを作成した。その後グループはゲシュタポにより逮捕され、首謀者とされるハンス・ショルほか五名がギロチンで処刑されたため7冊目の印刷がおこなわれることはなかった。戦後何度かドイツで映画も作られ、反ナチ抵抗運動として、国際的に知られている。
日本では、白バラ、白バラ抵抗運動などとも呼ばれる。

(Wikiより)


3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ