2008/10/20

Silver age  Pet Shop Boys

アルバムレビューNIGHTLIFE - Silver age -

「シルバー・エイジ」って聞くと、私ら日本人にはなにやらおじいさんおばあさん的なものを想像しますが、ロシアの革命前の時代、「銀の時代」のことです。いかにもニールが好きそうで、クリスが嫌いそうなテーマです。

それにしても、日本は笑える英語が多すぎやしませんか?
素人のワタシですら突っ込みたくなる英語がパブリックで多すぎます。

先日とある新聞広告にあった、とあるお店の「ラスト・サマー・セール」。
う〜ん、「去年の夏の販売」がいったいどうしたんだと思いますが、たぶん、多分、夏の最終処分セールのことなんでしょうね。なら「セール・オン・エンド・オブ・サマー」だろう。

電車の広告で見た、結婚式場の広告。色とりどりの果物のイラストとともに「フルーツ・ウェディング」って文字。今もそう言うかどうか知らないけど、「フルーツ・ウェディング」って、同性婚のスラングだよ。ふーん、日本でも同性婚、ありですか。

CMでも、あまりにも歌詞に合わないイメージや映像を合わせてくるし・・・まあ、どうでもいいんでしょうかね。企業や広告会社は「どうせ視聴者は英語なんかわからないし」って思ってんだろうね。わからないけど、好きな曲なら内容は知ってるよ!



クリックすると元のサイズで表示します

おやじ集会。テムズ川沿いだね。なんだろ、TV?取材かな。歌ってはいないよね。

あのね、今、イギリスは全土が30%オフセールなんですよ。

去年の5月、ロンドンに行った時は1ポンド=250円だったの。ツアーで売ってるクリスの黄色いパーカー・レプリカが40ポンド、1万円したの。でも今は1ポンド=175円だから、30%オフで7,000円なの。ホテルも食事もライブ代もみんな30%オフ。なんか行かないと損しているみたい!問題は、燃料サーチャージが下がらないので、ロンドンまでの旅費が高いままなこと。

でも、ライブがあれば行く心の準備はできているわ!
0

2008/10/20

公式HPより  Pet Shop Boys

Pet Shop Boys : the official site

久々に公式HP更新。いっぱいアップされていました。

ニールからのメッセージ(10月19日)

1)EMI's server has been "down" for the last week which has meant no updates to this site but thankfully it's up and running again and we're back in business.

その1)EMIのサーバーは先週まで"落ちて"いたので、このサイトを更新できなかった。でも、ありがたいことに可動再開して、僕らはまた仕事に戻っている。

2)Our old friend Cicero cropped up on the TV show "Never Mind The Buzzcocks" last week. Then Pop Justice alerted the pop world to his wonderful song that should have been a hit, "Live For Today", from the soundtrack to the film, "The Crying Game". Click on the links below to rediscover this underrated song and also the cheeky video for "Love Is Everywhere". Both tracks were produced by us in the early 90s.

その2)僕らの旧友シセロが先週、テレビ番組Never Mind The Buzzcockに登場した。それからPop Justice はヒットするべきだった彼の素晴らしい歌・・・映画「The Crying Game」のサウンドトラックからの「Live For Today」をポップ・ワールドに紹介した。 以下のリンクをクリックして、ラヴリーなビデオが過小評価されたこの曲「Love Is Everywhere」を再発見して欲しい。 両方のトラックは90年代前半に僕たちがプロデュースした。


「Live For Today」↓
http://uk.youtube.com/watch?v=4_Lcwy8HmFU

「That Loving Feeling」↓
http://uk.youtube.com/watch?v=os5pbhgmH8I&feature=related
*デントンが審判役で出演。

「Love Is Everywhere」↓



「Heaven must have sent you back」↓
*クリス・ロウ唯一の監督映像作品。
監督命令でシセロは水着で走っています。



Pop Justiceの記事
http://www.popjustice.com/index.php?option=com_content&task=view&id=3035&Itemid=206

HEADLINE NEWS (10月19日付)

その1)Sam Taylor-Woodのシングル 「I'm in love with a German film star」が以下のリンクのYouTubeで今、聞くことができる。 ビデオは、映画のポートレートから取られていて、マレーネ・ディートリヒの最も有名なイメージの1つにSam Taylor-WoodをフィーチャーしてBaillie Walshが撮った。
また、ロンドンのWhite Cube galleryで今度の木曜日に開かれる単独の展示会と彼女の新しい展示会について議論するSamとのいくつかの最近のインタビューへのリンクはこちら。
http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/visual_arts/article4951067.ece
シングルは10月27日にKompaktからリリースされる。


ビデオ↓
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=44675485

その2)Pop Justiceのウェブサイトは、ニールとクリスとXenomania(10月4日のPet Text参照)と共に書かれたGirls Aloudの「The Loving Kind」のレビューとプレビューがある。この曲は次のシングルになるのではないかかと噂されている。 11月3日にリリースされるGirlsの新しいアルバム「Out Of Control」に入っている。

Pop Justiceのウェブサイト
http://www.popjustice.com/index.php?option=com_content&task=view&id=3075&Itemid=9

プレビュー音源↓

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ