2008/10/16

In Denial  Pet Shop Boys

クリックすると元のサイズで表示します

来月の最終週、11月22日から11月30日まで、アトリエベベ・ギャラリーで、人形教室展をやります。ワタシも何点か出品はしますが、今回の主役は生徒さんたち。有志の生徒さんたち約20名が、それぞれのアイデアで作った創作人形を出品します。
今回は面白い”課題”も出品予定です。

お近くの方は、ぜひ遊びに来てくださいね。

詳細はこちら。




アルバムレビューNIGHTLIFE - In Denial -

カイリー・ミノーグとのデュエット。
画像を探してみても、カイリーが一人でこの曲を歌っているビデオはあっても、実際ニールとカイリーがデュエットのパフォーマンスをしているものはないんだよね(デモ版だと、ニールが一人で歌っている)。

せっかく若い美女(当時カイリー31歳)とのデュエットが決まったというのに、歌いながらドレスに手を入れるようなエロ・パフォーマンス(@谷村新司)のチャンスはおろか、デュエットの設定は親父と娘!しかもゲイの父と、昔捨てた娘、という・・・ノンケならエロ・デュエット・チャンスをドブに捨てたことを泣いて悔しがらなきゃらない設定。

まあ、実際ゲイだし、PSBがカイリーを気に入っている理由はカリスマ・ディーヴァだからであって、別にエロいパフォーマンスを一緒にしたからじゃないんだよねー。

現在ではゲイに大人気のカイリーですが、もしかしたらこの曲を歌った出来事も、その一端を担っているのでは。

とはいえ、これは二ミュージカル「Closer to heaven」のためにかかれた曲。主人公デイヴが勤めるゲイ・バーのオーナー、ヴィックが、20数年ぶりに娘のシェルと再会するシーンです。シェルはその後デイヴとフォーリン・ラヴしますが、すぐにセクシーなドラッグ・ディーラーの男にデイヴを寝取られます。女性は損な役割です。

ゲイ・カルチャーのど真ん中にいるニールの作詞ゆえ、ゲイ・スラングがいっぱい出て来ます。勉強になりますね(どこで使うんだよ)!


カイリーとPSBの3ショット写真とか全然ないんだよね。なんか怪しい(何がだよ)。

仕方がないからカイリーと妹のダニー・ミノーグ(昔Dead or aliveの「You spin me round」のカバー歌ってた)のエロい2ショット。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ