2008/10/9

I Don't Know What You Want But I Can't Give It Anymore  Pet Shop Boys

クリックすると元のサイズで表示します

たまちゃん、ベロをしまい忘れてる。

ウカツダヨ

アルバムレビューNIGHTLIFE - I Don't Know What You Want But I Can't Give It Anymore -

この長いタイトル(「君の望みがわからない、でももう何もしてあげられない」)は、かつてニールが元彼に放った言葉らしい。

でも、言い争いをしている最中に、「このフレーズ、使える」と、メモを取ったそうな。うう、業が深いわ。薄幸のヲンナだわ。

この曲の歌詞、ほとんどその嘆きに終始しています。
この彼氏は浮気した挙句、ニールを責めていたみたい。でもそのことを全部書かれて世界中にシングルとしてばら撒かれ、いろんなクラブで毎晩マワされる、というある意味最強の腹いせをされました、元彼、ご愁傷様。

つーか、ニールと付き合うんなら浮気なんかすんな、バータレ!

ノリノリでキーボードを弾くべびたんは、心の中で(たぶん知っているはずの)ヤツの顔を思い出して失笑してるんですかね。



↑これはライブですが、PVが面白いです(アルバム・レビューのページで見られます)。
2人が双子のように生まれ変わるなんて。

あと、おじさんにひざまずかせて靴紐結ばせるのって、エロくない?
昔、映画の「アナザー・カントリー」で上級生が下級生に靴紐結ばせていたのを思い出しちやう。
0

2008/10/9

40歳の夜  日常

あらヤダ8日を過ぎちゃった。

40歳とはいっても、そうそう昨日のアタシと変われるものでもありません。
ニールは「40歳になったから」という理由でカミング・アウトしましたが、ワタシはカミング・アウトするものもないし・・・。

まあいいや、今まで通り、子供のままの大人で行きますわ。

17年前同じカマのメシを食ったSナエちゃんと居酒屋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだこりゃ。ああ、イカです。以下、割愛。
とても居心地のいいお店でした。お魚、美味しかったし。

Sナエちゃんと一緒とくれば、カマを食う(or食われる)しかありません。
「プリシラ」へGo。

シャンパンを開けていただいちゃいました。ママありがとね〜〜。
あと「New york city boys」をアカペラで歌ってくれたチーママもありがと〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します

前回とメンツ同じじゃん、というツッコミはナシで。

クリックすると元のサイズで表示します

Sナエちゃんにいただいたお花。
あと、お休みなのに家まで車で送ってくれたKさんどうもお疲れ様でした。

今日一日はシンデレラ気分を味あわせていただきました。みなさまありがとうございました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ