2008/6/7

Violence (Hacienda version)  Pet Shop Boys

アルバムレビューVery – Violence (Hacienda version) -

生まれながらのオトコであって、オトコともちょっと違う彼らにとって、男性の象徴的な悪=暴力を、どう捉えているかは興味深い。確かに暴力は「男の世界」だけど、野蛮さでは女性も負けていないかも(フランス語で「野獣(bete)」は女性名詞なんだよね)。



ワタシってさ、数ヶ月に一度のローテーションで、同じ話をしてないかい?

そうは言っておきながら、昨日の話しはややキレイゴトだったかもね。
だって、2人は、十分にエロいじゃん!

でも、2人は自分たちはセックスを売り物にして来ていないって言っているけど、正直、作品にセックスをテーマにした歌はけっこう多いよね。

ファーストツアー(1989年)のイギリス公演で、出待ちしている女子グループが「Neil, you’re SEX GOD!!」って書いた垂れ幕を持った写真を見たことがあるんだけど・・・この時点ですでに、ニールはストレートの女子から、エロい存在だと認知されているんだよね。ニールもまんざらではないんじゃない?

ニールの書く歌詞って、ほとんど性別不特定だから「俺のかわいいあの娘」なんていう能天気な歌詞は出てこないけど、「I want lover」みたいに「今すぐヤリたいから」ってクラブでナンパする衝動的なセックスの歌から、「Casanova in hell」みたいに「裸の美女が目の前にいるのに勃たない」って妙に生々しい歌まで、エロのバリエーションは多彩です。PSBの天邪鬼的なパラドックスは、まんま書いたものはエロくなく、隠しているものはそれゆえエロいという点でも有効です(特にニールは、クリスが指摘するほど多くの恋愛をしては壊し、くっついては別れてきたわけですから、平均よりも恋愛経験は多いはず。でも問題はその数の多さじゃなく、内容よね。スターなのに、いつも“捨てられてる”感をかもし出しているのはなぜでしょう)。

アートや作品としてのセックスが面白いのは、セックスに満足している人がこの世に誰もいないからだと思う。ノンケもゲイも、男も女も、みんなセックスというものを厄介だけど必要としていて、でもゴールが見えない・・・それゆえに興味がある。だからエロ話のひとつもできない人は面白みがないんだけど・・・やりすぎるとただのセクハラになっちゃうけどね。

魅力的な人間、多くに人に愛される人は、絶対にセックス・アピールはあるし、不可欠。だからニール&クリスにエロさを感じるのは魅力的なんだから仕方がない。もしPSBの曲が政治や社会のことばかりだったら、まったく興味を惹かれなかったね、ワタシは。硬軟織り交ざっているから面白いのであって。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真はエロいよね。
0

2008/6/7

TV放送の告知  Pet Shop Boys

NHK BSオンライン

BSサタデーライブ 黄金の洋楽ライブ
ペット・ショップ・ボーイズ
6月7日(土)
午後11:00〜午前0:30 NHK-BS-2


「今回の黄金の洋楽ライブで紹介するのは、1989年に行われたペット・ショップ・ボーイズの初のツアーと、91年イギリス・バーミンガムでのコンサート。2本のライブ映像から彼らのヒット曲の数々をお届けする。音楽だけでなく、曲ごとに考え抜かれたビジュアルコンセプトも見どころとなっている。案内人はミュージシャンの小西康晴。」

ファースト・ツアー&Paformanceツアーからの抜粋のようです。できればもうちょっと新しいライブを入れて欲しかった(なんか過去のアーティストみたいじゃん)。映像は何度も見ていますが、解説や紹介がどうなっているかがキモです。まあ、これ以上チャラいファンが増えなくてもいいんですが(本音)、少しでも多くの人に知ってもらえれば。
録画お忘れなく!



本日放送!

とりあえず本屋に行って、TVガイドは全誌読んで来ました。確実に放送すると思います。

あっでもSmaSTATIONのマドンナ特集も見たい・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ